英詩のわかり方

著者 :
  • 研究社
4.00
  • (7)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 123
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327481506

作品紹介・あらすじ

代表的な英米の詩を取り上げてほとんどの「常識」をゼロ戻し英語の読み方、詩の読み方をやさしくていねいに解説。現代において「詩的」とはどういうことなのかを考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 英詩に初めて触れる人が感じるとっつきづらさ。それは、
    翻訳の不自由さ、
    絶叫するような感動表現、
    声に出せない弱さ、
    言葉にしても分かってもらえないような暗い気持ち、
    問答形式、
    格言のような断定
    など、1つに絞れないし、相互関係もあったりなかったりするところから来るもののようです。

    確かに英詩あるあるです。
    何だったら日本語の自由詩にもそういうところがあるような気がします。

    とっつきづらいけど、反面、和歌にも漢詩にも小説にもないものがあるんじゃないか。そう思ったときに読んだら、とても新鮮でした。

  • イケメン阿部先生が英詩の魅力を語る。

  • 2014 詩を読む上での着眼点や切り込み方で大いに参考にさせていただきたい一冊

  • 学生向けの英詩入門書。原語の「手触り」を感覚的に解説している部分に特色を感じた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院人文社会系研究科教授

「2020年 『理想のリスニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部公彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
デイヴィッド ロ...
三島由紀夫
三島由紀夫
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×