英語的思考を読む ——英語文章読本II

著者 :
  • 研究社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327481629

作品紹介・あらすじ

ちょっと斜めから見る 英語の仕掛け
サントリー学芸賞受賞の少壮気鋭が、ちょっと外した独自の視点から小説・批評・英訳聖書などのさまざまな素材を使って、英語の文章の技について解き明かす名エッセイ集。さらに、英語の名言をユニークな切り口で解説したコラムも併録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おすすめ資料 第248回 (2014.8.15)
     
    「英語的思考」とはどのようなものでしょうか?

    著者は、英米文学の中からいくつかの種類の異なるテクストをとりあげて、英語ならではの考え方を味わうための手がかりを示してくれています。
    興味を持った作品があれば、ぜひ原典に挑戦を。

    「幸福な王子」も「一九八四年」も「形而上派詩人」も図書館で手に入ります。
    夏休みの間にじっくり堪能してください。

  • 読めば英語的思考が身につく、そう考えていたときもありました。私にはまだ早かった…。英語的思考よりも英語的知識を身につけなければ。

  • 請求番号 837.5/Abe
    資料ID 50077037
    配架場所 図書館1F学生選書コーナー

  • イケメン阿部先生がわかりやすく解説してくれる。

  • 全然養われてません。だから読まなきゃ、、、

    研究社のPR
    http://www.kenkyusha.co.jp/purec/#ISBN978-4-327-48162-9

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

阿部 公彦
阿部公彦:東京大学大学院人文社会系研究科准教授

「2015年 『善意と悪意の英文学史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部公彦の作品

ツイートする