カタロニア讃歌

  • 現代思潮新社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784329020529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者が第二次大戦前のスペイン内戦に参加した体験をもとにした本となっている。序盤はスペインのおおらかな?国民性による笑える話もちらほら(スペインがそんなにユーモア溢れる国とは知らなかった。ユーモアといえばイタリアのイメージが強すぎるからだと考えられる)。中盤からは内戦時における悲惨なストーリーが中心となる。著者はイギリス人であるにもかかわらず、ファシズムを止めるためという大義のもとスペイン内戦に参戦し、実際に前線に出てライフルで撃たれもする。当時の時代背景は現代からは想像が難しい。しかし一時期ながらも、当時のスペインが、誰もが平等に生活できることを理想とする社会を目指しつつあった、というのは事実としてあるようだ(もちろん全てではなく、そのような装いを纏っていただけの部分も多々あるのだが)。しかしそれも一時的な幻想にすぎなかった。著者が前線から戻ってきた際、かつての革命の空気が消え失せてしまっていたことに気づく描写はかなりリアルであった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ジョージ・オーウェル
本名エリック・アーサー・ブレア。1903年インドに生まれ、イギリスで育つ。イートン校を卒業後、警察官としてビルマで勤務。33年からルポルタージュ『パリ・ロンドン放浪記』、小説『ビルマの日々』を発表。36年にはスペイン内乱の国際義勇軍に参加し、38年『カタロニア讃歌』を出版。第二次世界大戦中はBBC放送に勤務、『トリビューン』紙の編集主任を務めた。45年に小説『動物農場』がベストセラーとなる。46年に移り住んだスコットランドのジュラ島で未来小説『一九八四』を書き上げ、50年に肺結核のため死去。

「2022年 『動物農園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・オーウェルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×