廃線寸前! 銚子電鉄 (交通新聞社新書151)

著者 :
  • 交通新聞社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784330018218

作品紹介・あらすじ

銚子電鉄は逆境の中、なぜ存続し続けられるのか。
経営を改善すべく突飛なアイデアやイベントを
どんどん仕掛けてきた銚子電鉄。
その「絶対にあきらめない」勇姿とチャレンジの数々を、
「まずい棒」を考案した寺井広樹が紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  銚子電鉄は、路線延長6.4kmで乗車時間19分のローカル鉄道。経営が非常に苦しくて、いつ経営破綻してもおかしくない会社というイメージがある。鉄道会社なのに自転車操業と揶揄されたりもする。帝国データバンクには「米菓製造」で登録されているという。ようは「せんべい屋」だ。ぬれ煎餅やまずい棒は食べたことはないが、名前くらいは知っている。会社と商品名の知名度は、おそらく全国区だろう。

     本書はなかなか大胆な題名だが、悲壮感といったものは無い。サブタイトルにある「底力」について書いてあるのだ。著者の寺井広樹氏は、まずい棒の発案者であり、銚子電鉄のいろいろな企画をプロデュースしてきた人物。まじかで銚子電鉄を見てきており、バカバカしいと思える企画をいかに実現させたか、数々の自虐ネタや暴露話も含めて紹介している。巻末には、社長と市長の対談があったりして面白い。

     新型コロナウイルスの流行の影響もあり、銚子電鉄の経営は大変苦しいようだが、「底力」を発揮して廃線だけは免れてほしい。

  • 銚子電鉄を応援したく、この本を買って読んでみた。地元の活力の一端をになうため、様々なアイデアを実行に移していることがよく分かる。ちょうど、NHKで朝ドラ「澪つくし」を再放送していたので、銚子電鉄をますます応援したくなった。

  • 鉄道会社なのに米菓製造⁉️
    電車屋なのに自転車操業の自虐ネタ面白い

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1980年神戸市生まれ、文筆家、実業家。同志社大学経済学部卒。
銚子電鉄の「お化け屋敷電車」「まずい棒」を企画プロデュース。
『崖っぷち銚子電鉄 なんでもありの生存戦略』(イカロス出版、竹本勝紀と共著)、
『企画はひっくり返すだけ!』(CCCメディアハウス)など著書多数。
映画『電車を止めるな!』の原作・脚本担当。

「2021年 『廃線寸前!銚子電鉄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺井広樹の作品

ツイートする
×