大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた

著者 :
  • 交通新聞社
3.81
  • (7)
  • (9)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 93
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784330037202

作品紹介・あらすじ

2016年7月より『散歩の達人』で始めた連載「失われた東京を求めて」をまとめたエッセイ集。音楽やテレビ、ラジオ、映画、プロレス、食などの様々な切り口から、80年代を中心に、東京に生まれ育ち、サブカルに浸かり暮らしてきた作家・樋口毅宏の等身大の想い出を振り返る。あの日、あの時、あの出来事。当時、僕らは何を思い、何をしていたのか。そして当時、圧倒的な熱量で時代をけん引していた者たちは今、それを見つめる自分は今――。同世代の共感を誘い、ファンをとりこむ一冊とします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中年男がただ自分の若い頃を振り返るだけのエッセイ。中身はあまりない。若い人は読む必要ない(笑)。
    僕は世代的にどハマりなので、メチャクチャ面白かったけど。

    いま40代後半で、若い頃ちょっと尖った音楽が好きだった人は、タイトルからして心をくすぐられるだろう。

    大江千里と渡辺美里。
    エピック・ソニーを代表するアーティスト2人。
    80年代日本の音楽シーンの最先端だった2人。
    もし結婚してたら、稀代のビッグ・カップルだっただろうなぁ〜、
    なんて想像しながらニヤリ。

    ほかには、尾崎豊とか、ボウイとか、村上春樹とか、武道館とか、タッチとか、長州力とか、池袋などについて語られている。
    昭和末期のなんでもあり〜な空気感がめちゃくちゃ詰まっている。
    日本がまだまだ夢に満ち溢れていた時代を懐かしく思い出しながら、楽しく読ませていただきました。

    ああ、青春。

  • タイトル見て、がっつり渡辺美里と大江千里について書いてる本だと勝手な想像をしていたら、1971年生まれの著者の思い出エッセイでした。

    同世代だから懐かしい話題ばかりで楽しく読めました!

  • 「夜長に淡々と、お酒でもちょっと飲みながら、寝る前に読むための本です。寝る前の読書は、人に対してカッコつける必要がない、人生でいちばん楽しい時間なので」

    との前書きから始まるエッセイ集。

    「でも僕も読者のみなさんもわかっているはず。『胸を張って好きと公言できないものこそ本当に好きなものだ』と]

    思わずニヤニヤしながら共感するような話。

    あの歌手に、この芸能人にこんな背景があったのかと目からウロコのエピソード。

    「それにしても勉強は全然できなかったというのにどうしてこんなことばかり覚えているのだろう」--まったくもって同感である。

    「社会人になってから深夜放送を聴かなくなった。深夜放送を卒業するときは思春期の終わりなのだろうか」

    その思春期に熱を上げていたものは、生涯の宝物。
    蓋を開けて目にすると、走馬灯のように記憶が蘇る。

    音楽。小説。テレビにラジオ。そしてプロレス。

    著者の引っ越しエピソードに、自身の人生を重ね合わせながら読んだ。

    懐かしくて新しいエッセイ集。

  • 同世代の自分にとっては“あるある”の連続。
    本当に面白かった、、というより在りし日を懐かしく思い出す楽しい時間でした。

    聴きたい曲がすぐに手に入る今では想像出来ないかもしれないけど、レンタルショップでレコード借りに行くのがどんなにワクワクしたか、FMでヒットチャートを録音して聴いたり、自分の好きな曲で作ったお気に入りカセットテープは今でも捨てられないです、、

  • 懐かしい~(≧▽≦)♪ちょうど久しぶりに大江千里さんと渡辺美里さんをテレビで見て「うわ~懐かしい!」と思っていたところ、お気に入りさんがこの本を登録していて「これは運命?」と感じて、いそいそと図書館へ行ってお取り寄せ(^^)♪私は深夜ラジオいつ卒業したんだろう?と思い出してみたり、やっぱり都会はライブへ行けていいな~と羨ましく思った(^.^)

  • 昭和40年代男子の思い出エッセイ、と副題がついているけれど確かに懐かしいこと。全く自分の過ごした部分でなくて、そんなものか、と思うものもあったけど、美里やらエコーズやら尾崎やらジャッキーチェンやらアメリカ横断ウルトラクイズやら、まあ面白く読みました。
    それにしても、この記憶力恐るべし、同じ昭和40年代生まれでも東京の10代の行動恐るべし。

  •  著者は1971年生まれということですので、私の5つ下ということになります。なんとも絶妙に、私の知っている世界と同じ世界を、珠玉のエッセーに仕立ててくれました。

     それにしても、よく覚えているもんですね。私より5つ下なのに、私よりあの時代をよく覚えているのは驚愕です。多分、私は自分より5つ上の世代の人と、同じ世界を語ることはできないと思います。

     ちなみに、私は渡辺美里と同じ歳で、私の友人には、渡辺美里と同級生だったやつがいます。そいつの自慢話を、よく聞かされていました(笑)。

     面白い話はいっぱいありましたが、なるほどと唸らされたのは、

    p.119 「これは拙著『アクシデント・レポート』にも書いたが、佐野元春がどうして人気がなくなったか?と言うと、「つまらない大人にはなりたくない」という象徴的なフレーズを挙げて、現代では「大人にならなくてもよい時代になった。だから元春は時代から取り残された」と僕は喝破した。同じように、やはり美里の名フレーズ「死んでるみたいに生きたくない」も、現代では「死んでるみたいに生きて何が悪い?」に変わっていった。こんな時代に渡辺美里がトップランナーでいられるだろうか。渡辺美里がオーディエンスを失ったのではない。オーディエンスが渡辺美里を失ったのだ。」

    というところ。難しい時代になりました。

  • 2021/12/15購入
    2022/1/18読了

  • 深夜ラジオの下りが懐かしかった。。

  • ●「胸を張って好きと公言できないものこそ本当に好きなものだ」英語でギルティーpleasureと言うらしい。
    ●映画批評家の町山智浩さん曰く「世の中にはジャッキー・チェンと言う仕事がある。それを今やっているのは朝クルーズだ」

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年東京都豊島区雑司が谷生まれ。
出版社に勤務したのち、 取材で出会った白石一文氏の紹介により、2009年『さらば雑司ヶ谷』でデビュー。
2011年、『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補と第2回山田風太郎賞候補に。
2012年、『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補、新書『タモリ論』はベストセラーとなる。
ほかの著書に『二十五の瞳』『甘い復讐』『太陽がいっぱい』『アクシデントリポート』
『東京パパ友ラブストーリー』など。

「2020年 『大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口毅宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェーン・スー
平野啓一郎
横山 秀夫
中村 文則
三浦 しをん
砥上 裕將
瀬尾まいこ
村田 沙耶香
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×