和田塾 運をつくる授業 ~あなたもぜったい「運のいい人」になれる方法がわかった!

著者 :
  • 廣済堂出版
3.67
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331520796

作品紹介・あらすじ

3000人の人生からわかったすごい運のつくり方、初公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4時間目の「運の基準」は自分が決める。。。それは、心穏やかになれる章です。人の物差しで計ろうとすると、不安や怒りが発生する。でも、運も幸せも自分が決めること。心が折れそうなとき、自信がもてないときに読み返そうと思う。

  • 2019.4.28読了。

  • 感謝が大切という、当たり前だけど忘れがちなことを、改めて認識させてくれました。

    老いるに従い、今までできたことができなくなり、一つ一つ手放していくという箇所が刺さりました。今持っている資格や栄誉やできることはいずれ遠ざかり、得たことだけを目安にすると運が悪いということになってしまう、と。高齢を迎えることがやっと肌に感じられた気がします。

    和田さんがワクワクする方を選んだら今のポジションにきたとのこと、私もワクワクを選ぼうと思いました。

    以下も参考になりました。
    ・不運な人を見てもこんな人生もあるんだなとニュートラルに受け止め、運が下向きに引っ張られないようにする
    ・誰かの役に立って生きる生きがい型の満足感は炎症が収まる
    ・嫌なことも、手に入ったものは何か、と考える
    ・できる人の表情、笑い方、声のトーン、動き方を観察して書き留めて真似をする
    ・笑えば動くから体温上がる
    ・ひらめきは神様からのギフト、動かなければ始まらない
    ・「ください」は「下」がはいっていて下がる、「あげよう」は上がる

  • 久しぶりに読んだ和田裕美さんの本。どうやったら運を引き寄せるのか、が懇切丁寧に書いてある本。内容としては非常にうなずける内容も多く、抽象的な(見えにくい)運の話を、わかりやすく書いてあるな、という印象を受けた。文章量も少ないし、サクサク読めるので何度も繰り返して読みたいな、とそんなことを感じた。和田さんの文章は丁寧に書いてあるし、昔から非常に好きですね。

  • 運は見えないけれど、運の良し悪しはあると思います。そしてそれは、受け手側の考え方でどうにでもなるということ。
    日常で起こる出来事のひとつひとつをどう感じて、積み重ねていくかで人生は大きく変わると気付きました。

  • 読了した本が30冊ほど、感想を書かれるのを待っている状態・・・
    なんとかゴールデンウィーク中にしたいなぁ~

    付箋部分を抜粋します

    ・やっぱり思考と行動によって運が決まってくるんです(p30)

    ・谷があるからこそ運があがる(p41)

    ・「谷の時期」をどう過ごすかにかかっています。
     運がいい人とそうでない人の差が、ここで生まれているんです(p43)

    ・自信がないところに運は生まれないし、育たないのです(p59)

    ・運って生き方そのものなんですね(p81)

    ・気球って重りを一個ずつ外しながら上昇するでしょう?
     だから重たい気持ちを抱えているとぜったいに上昇できない。
     そんなしくみになっているのが「運」というものなんです(p82)

    ・運がいいひとたちは、そうやってわくわくすることを原動力にして
     楽しく楽に、山を登ってきた人たちなんですね(p95)

    ・頂上でちょっと休んでいるときも、それまでのわくわくした気持ちを持続させておくのがコツなんですね(p100)

    ・運がよくなるって挑戦を続けることなんです。つまり学び続けるということ(p107)

    ・運がいい人は、やっぱり感謝の回数が多い(p123)

    ・毎日もらっている幸運であり、神様からのギフトです(p127)

    ・どんな頂上かはわからなくてもいい。わくわくできそうだと思ったら、とにかく登ってみてください(p148)

    ・それぞれの運命のそれぞれの環境で生まれて生きていくということは、その人が受け持つ、この人生においての
     「学び」を受け取るということなんです(p156)

    ・わたし基準の幸せを貫いて、徹底的に楽しむほうがいい。「他人の物差し」は捨てるのです(p162)

    ・快楽型の満足感は炎症が進むのだそうです。生きがい型の満足感は炎症が収まるのだそうです(p174)

    ・先延ばしにして行動しないと、運がわるくなります。どんな結果にも原因があるんです(p212)

    ・動かなければなにも生まれない。なんども言いますが、キーワードは「動き」です(p217)

    ・なによりも大事なのって「わくわくして笑って楽しんでいる」状態なんです(p232)

  • 良かった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

株式会社HIROWA代表取締役。営業コンサルタント
外資系教育会社に入社し営業職に。日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた営業のカリスマ。そのノウハウを説いた著書が爆発的ヒット。以降、営業・コミュニケーション・モチベーションアップ・交渉力に関する研修・講演を広く展開している。著書累計発行部数は200万部超。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。

「2018年 『YESの9割はフロントトークで決まる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田裕美の作品

ツイートする