継投論 投手交代の極意 (廣済堂新書)

  • 廣済堂出版
3.50
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 75
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331521281

作品紹介・あらすじ

野球で一番難しいと言われる「継投=投手交代」。だが、継投について本格的に論じた本はない。1998年に横浜ベイスターズを率い、独特の継投理論で日本一に輝き、WBCでも継投釆配を振るった日本一のピッチングコーチ・権藤博氏と完投重視の「先発選民思想」の愚を説く二宮清純氏が徹底討論。誰もが居場所を確保し、役割を分担し、「みんなで幸せになる」ことが求められる時代に生まれた日本初の継投論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごい合理的な考え方で面白かった

  • 監督としてベイスターズを日本一に導き、日本代表の投手コーチとしても活躍した権藤氏の投手起用に関する話。権藤氏の信念が伝わってくる。投手がどのような気持ちで戦っているのかの一端を知ることができた。
    「我々の時代の監督は現役の頃に召集令状が来て戦争に行き、戦火をくぐり抜けて、また野球界に戻ってきたような人が多かった。だから野球ができるだけで最高だ。「何?肩が痛い?ヒジが痛い?たるんどる!命までは取られりゃせんよ」という考え方ですよ」p5
    「8、9回をいかにしのぐか。投手コーチの役目はその一点に絞られている」p6
    「選手たちは試合に出てナンボ」p8
    「投手一人で1試合抑えるのはなかなか難しい時代になった」p20
    「中継ぎは、1イニングだけ投げさすのであれば、休ませないでも(毎日でも)大丈夫」p46
    「優勝するために戦ってきて、その優勝が見えてきたら個人成績なんかどうでもいい。選手だってそういう気持ちになる」p48
    「やっぱり左対左っていうのは、ピッチャーによってはすごく効く」p69
    「藤波には160km近い球があるわけじゃないですか。それで荒れ球ときたら、バッターはもう腰が引けて震え上がりますよ。それは最大の武器なんですから、その武器を捨ててまでボールを落ち着かせて、恐くもなんともないピッチャーになってしまったら終わり」p75
    「現代野球は8回、9回で決まるというのが僕の考え方ですから、ここをしっかり乗り切れるように役割分担をはっきりさせて、マネジメントするというのがますます大事になってきますよ」p80
    「ミスター・ゴンドウ。教えてくれるのはありがたいけど、教えられて覚えた技術はすぐに忘れてしまう。自分でつかんだコツは忘れない」p113
    「(第一打席の見逃し方)スライダーでもフォークでもいいけど、変化してボールになる球を、知らん顔して見送ったヤツ。これは危ない。そうじゃなくて、それに反応しかかってボールを打ちにいってしまうヤツは大丈夫」p125
    「変化球って投げすぎると肩やヒジに負担がかかる」p140

  • 沢村賞の前提条件があまりに古い考えなのかと思えてしまう。

  • タイトル通り、『継投』について著者が対談した本となっており、最近の台所事情が書かれている。

    投手の分業制が当たり前になり、一人のエース級の投手だけでは成り立たないのが今のプロ野球である。その為、後ろからゲームプランを組み立てていく考えはもっともに思われる。だからこそ、しっかりした抑えがいるチームが日本一に輝いているのも頷ける。

    加えて、ブルペンでの肩作りも、従来の2回ではなく1回とするところも新鮮味があった。2017年、セ・リーグの中継ぎ・抑えの両タイトルを取った阪神も、金本監督・金村コーチのもとこの方針を取り入れているようだ。

    本書を読み、来年以降投手の継投について、また違った視点から試合を見てみるのも面白そうである。

全5件中 1 - 5件を表示

権藤博の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×