証券ウォーズ―山一崩壊とメリルの野望 (広済堂文庫)

著者 :
  • 廣済堂出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331608326

著者プロフィール

1944年6月7日、広島県に生まれる。1968年3月、広島大学文学部仏文科卒業。1970年、週刊文春の記者となる。記者時代「小説電通」(徳間書店)を発表し、作家としてデビュー。さらに月刊文藝春秋に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が反響を呼び、岡田社長退陣のきっかけとなった。1983年、週刊文春を離れ、作家として政財界から芸能、犯罪、社会問題まで幅広いジャンルで創作活動を続けている。近著に「渋沢栄一 才能を活かし、人を活かす」(三笠書房)「最後の怪物 渡邉恒雄」(祥伝社)ほか、「稲川会 極高の絆 二人の首領」、「昭和、平成秘録“憂国”事件の男たち」、「IT三国志 超知性 突破する力」(小社刊)など。著作は450冊以上にのぼる。

「2019年 『吉本興業の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大下英治の作品

証券ウォーズ―山一崩壊とメリルの野望 (広済堂文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする