黒異本 (廣済堂モノノケ文庫)

著者 :
  • 廣済堂出版
3.56
  • (3)
  • (12)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 79
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331615423

作品紹介・あらすじ

数々の話題作を手がけてきたホラー漫画家・外薗昌也が満を持しておくる、背筋も凍る実話怪談、第2弾。「怪談作家とは忌まわしい話ばかり聞き込み、文にする商売だ。」-その言葉通りの忌まわしい"死"に纏わる奇妙な話が目白押し。「ドッペルゲンガー」「怪トンネル」「人形の話」「団地」「黒い人」、前作で読者を震撼させた「僕の家」後日談も収録!巻末にはホラー作家・黒史郎氏との対談を掲載。「読後感、最悪!」と、折り紙つきの怪談から目が離せない!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前読んだ本。表紙の不気味さにひかれ、隣に並んだ白異本と二冊購入。
    何だか聞いたことのある話が多いなと思っていたら、実際の事件が起きたマンションだったりして納得。
    読んでいる数日、体調が悪かったし、なかなかの怪奇現象が起きたので一番怖いと言われている赤異本は購入せず二冊とも売ってしまった。

  • この本を読んで居ると、寄って来る様な気がする。

  • 作者の人格を疑うような話が多い

  • 最悪の後味だし、作者が匂わせたいようにノンフィクションならば、何人か人が怪我してると思うと、ゾッとする。

    話は全て伝聞調で、SNSで入手した話も多い。古今東西あらゆるところから譲り受けた怖い話と何かを作者がぎゅっと敷き詰めたような本。文字化けする原稿とか、読んだ人が入院とか怖すぎる。わたしはなんともなかったが、他の感受性豊かな?人は危ないかもしれない。

  • 興味深い。

  • 私はホラーは好きだが、筆者と同様に心霊の類は全く信じていない。だから、身もふたもない事を言ってしまうが、本書に書かれている内容が、筆者が実際に遭遇した事件ではなく、全部作り話だと本気で思っている。しかし、どの話もクオリティが高く、非常に楽しめた。そして、幽霊よりも人間の方が怖いとよく言われるが、本書からも人間の怖さが伝わってきた。嫌いな人の机の中にこっそりと心霊テープを潜ませたり、公表したら害になる話を堂々と発表したりと、「黒い人」以上に筆者の人間性が黒いのには笑った(笑)

  • 2017年、6冊目は隙間読書用にしてた、外薗昌也の実話怪談『~異本』シリーズの2作目。

    先に言っときますが、作者の外薗氏とは、ディテールは異なるが、自分も、基本、信じない方の人間。

    まずは、前作の『赤異本』より、筆致が数段上がってる。展開やオチ、黒い(いや、漆黒の)ユーモア(?)、不安感のあおり等々、読みモノとしてグレードUp。コレには、驚き。特に後半の「団地」シリーズからのラッシュは素晴らしい。

    完全に、実話怪談系なめてた、と反省。

  • これは読む側も覚悟したほうがいい稀に見る禍々しさを持った一冊です。内容は詳しく述べませんが、実話怪談集として頭一つ出て評価が高いのも納得です。
    「黒い人」の章はミシュランでいうと間違いなく三つ星です。ただ、後味は最悪です(笑)。

全12件中 1 - 10件を表示

外薗昌也の作品

ツイートする
×