学問の発見―創造こそ最高の数学人生 (学問シリーズ)

著者 :
  • 佼成出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333015634

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 数学の本質はその自由性にある(カントール)
    Sleep with problem.
    Expect the unexpected.(宇宙飛行士アームストロング)

    本書では、一つの物事に取り組むには「時間」をかけることが重要だと説いています。年を経るにつれて、何事にも効率を追求し過ぎる傾向がありました。しかし、弁理士取得の勉強において効率を上げるためには「量」をこなすことが重要であると実感しました。それを顕著に感じたのが、ある講師の言葉です。「勉強のコツは何かと聞かれるが、1日5時間365日勉強してコツが掴めないようなら、もう一度聞いてきて下さい。」。「質」と「量」は併存すべきと思います。

    小学生の時、著者の書いた「希望」という色紙を頂いたことがあります。小さい頃は、著者に憧れて著者と同じ大学に行きたいと思い、勉強を続けていました。

    今は、そうした「憧れ」の感情を抱くことなく勉強をしています。それは、単純に「知」を深めるための勉強です。人生において、今年程楽しく勉強できた年はないと思います。「勉強」とは、「勉学を強いる」を意味するところから、確かに苦痛を伴い側面も少なくありません。しかし、自らの熟考の末、何かに「気づく」ことができた時の快感は何物にも代えることができません。

    今年は、そうした感覚を実感できた意味で、良い年だったと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

広中平祐の作品

学問の発見―創造こそ最高の数学人生 (学問シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする