ぼくの夢は学校へ行くこと―バングラデシュ 紅茶畑の軒下教室から (感動ノンフィクションシリーズ)

著者 :
  • 佼成出版社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333019939

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 題名が気になりインターネットで購入した一冊。「将来の夢をえがく」ことの大切さを痛感しました。

  • 紅茶を生産する国の事をご存知ですか?バングラデシュも紅茶の生産国です。緑豊かな茶園風景の中、労働者の環境は日本では考えられない程、低いです。なぜなら将来の事を考える事を思考停止してしまうほどに。この写真の男の子が著者と別れるときに言った言葉「ぼくたち今日にでも、ニッポンに行きたい」著者は日本が豊かな国だとは説明してませんが、ただ「日本の子供達はみんな残らず学校に行って勉強しているんだよ」日本に行けば勉強できるんだという思いが胸を打ちます。この本は児童向けに書かれたノンフィクションですが大人が読んでも十分な内容です。巻末にはESTアジア教育支援の会についての紹介があり″アジア地域の貧しい子供たちを学校へ″という活動内容について説明されてますので関心がある方は是非目を通してほしい一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

児童文学作家
公益財団法人 日本動物愛護協会理事
著書『ドッグ・シェルター』(金の星社)で、第36回日本児童文学者協会新人賞を受賞。執筆の傍ら、愛犬・未来をテーマに小・中学校を中心に『命の授業』を展開。その数2018年に240校を超える。
主な著書:捨て犬・未来シリーズ(岩崎書店)『犬たちをおくる日』(金の星社)、『子ねこリレー大作戦』『命のものさし』(合同出版)など多数。
児童文学者協会会員 

「2021年 『命の境界線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今西乃子の作品

ぼくの夢は学校へ行くこと―バングラデシュ 紅茶畑の軒下教室から (感動ノンフィクションシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×