自分ってなんだろう (子どもだって哲学)

  • 佼成出版社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333022885

作品紹介・あらすじ

「自分らしく生きよう」「自分を見失わないで生きよう」などといわれるけど、本当の自分って何だろう? 
オンリー・ワンな自分って何なんだろう? いま目の前にいる自分自身を哲学してみよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よくわからない

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

和田秀樹こころと体のクリニック院長。和田秀樹の親塾代表・緑鐵受験指導ゼミナール代表
1960年大阪市生まれ。1985年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科などを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1987年に刊行した『受験は要領』がベストセラーになって以来、大学受験の世界のオーソリティとしても知られ、代表を務める緑鐡受験指導ゼミナールは毎年無名校から東大合格者を出し、話題となっている。2007年劇映画初監督作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞、2013年には第二回監督作品『「わたし」の人生』(介護離職をあつかった人間ドラマ、秋吉久美子、橋爪功がモナコ国際映画祭で主演女優賞、主演男優賞を受賞し、自らも人道的作品監督賞受賞。

「2022年 『12歳の壁(仮題)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×