はっぱみかん

著者 :
  • 佼成出版社
3.86
  • (10)
  • (6)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333023103

作品紹介・あらすじ

はっぱのあるぼくって特別な存在…?!みかんのホンネ、みかん王子登場。「自分らしさ」を考えるユニークな絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018/8/19 15:50

  • 2016年6月20日 5ー1 ⑫5年

  • 2015/02/03 2-1

  • そうそう!! 葉っぱの ついた みかんって 目立つし なんか 特別な感じがする…なぜだろう!?

  • 図書館で借りてきた本。
    葉っぱがついたみかんって特別な感じがする。プライドがあり、なんだかおもしろい。
    作者さん、うまく考えてるわ~って感心してしまいました。

  • はっぱがついているみかんが他のはっぱのないみかんと比べて優越感を持ったり、同列になってショックを受けたりします。
    でも最後は、安心できる結末です。

    1歳10か月の妹ちゃんのお気に入りの一冊。

  • 本日お誕生日の家族並みの友人に、8月のわたしの誕生日にもらった本。あらためて読み返す。が~ん!そうだった。いいおはなしだなぁ。お子様も、自分の存在価値を失いそうな大人も、ぜひ!

  • はっぱがついたみかんがえらそうにしているけれど、いたずらな子どもに葉っぱを取られて落ち込みます。葉っぱがあることが自分のアイデンティティだったのでその落ち込みは相当で。

    でも、もともとみんなみかん山でははっぱをもっていたんですよね。そこに気づいてやがて、「はっぱがなくても自分は自分」と思い直す・・・という話。

    みんなみかん山でははっぱを持っていたという事実を思い出したところのくだりが子どもたちに大ウケ。「あほやーーー」

  • 読み聞かせで使いたいかも(^з^)-☆
    表現の仕方がおもしろいし、絵もいい♪

  • この、ぽけっとみかんに騙された!

    皆と違ってはっぱがあるからって、えらそう!威張りんぼ!鼻にかける嫌な感じ!


    ところが大変!!自慢の葉っぱが取られちゃって、皆と同じになっちゃったΣ( ̄□ ̄;)


    ただのみかんになって、これからどう生きていきゃいいの...

    「おやおや、あきれたやつだな。
    みかんやまにいたころをおもいだせよ。
    はっぱなんてだれでもやまほどもってたぜ」


    やっと思い出した。
    葉っぱがあるなし関係ない

    ボクはボク 君は君

    皆同じくらい“特別”なんですよね。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

風木一人 東京都生まれ。作家・翻訳家。おもな著書に『とりがいるよ』『タンチョウヅルのたんじょうび』(KADOKAWA)『ニワトリぐんだん』(絵本塾出版)『ふしぎなトラのトランク』(鈴木出版)『ながいながいへびのはなし』(小峰書店)など、おもな訳書に『かべのむこうになにがある?』(BL出版)『こくばんくまさんつきへいく』(ほるぷ出版)などがある。WEBマガジン「ホテル暴風雨」を主宰。https://hotel-bfu.com

「2020年 『とんでいく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風木一人の作品

ツイートする
×