DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))

著者 :
  • 光文社
3.40
  • (4)
  • (12)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • DVは単純な問題じゃない。加害者がなかなか理解されず、解決が難しい。具体例 が多くて分かりやすい本。

  • 少し出版年が古いので、
    今それなりに増加傾向にある女性によるDVは
    掲載されてはいません。
    (一応終盤に少し触れる程度)

    かなり胸糞の悪い内容となっています。
    大体のケースは男性側の根底に
    トラウマといったものがあるケースが多いです。
    無理強いという事がどれだけ人を傷つけるか…

    ほとんどのケースは意識することにより
    改善しているケースもありますが
    2つほど、残念なケースがあります。
    俗に言う「救えない、法で裁くべきDV」です。

    ただただ罰則化するだけではない…
    奥深いものを見ていかない限り
    改善はされないものだと思います。

  • 加害者側の声が読める本はなかなかないと思うが、この本はかなり赤裸々に加害者側からの視点がインタビュー形式で書かれている。
    被害者の声も、加害者側の件数よりは少ないものの、インタビューされているので、両方からの事件のあらましを知ることができる貴重な一冊だと思う。

    読了。
    この本は、2001年に出版されている。加害者に着目している人がその頃からいるというのに、日本の司法はまだDV加害者へのプログラム参加を義務付けていないのかぁ…というのが、わたしの感想だ。

    DV関連は、特に興味を持って扱っていたわけではないので、こうした本を読むのは初めてだが、今後も引き続き追っていければ。

  • 暴力をふるった後に全力での謝罪、そしてまた暴力をふるい…
    本気の謝罪に「今度こそは優しい人に戻ってくれる」という期待を寄せてまた殴られるという期待と「また殴られる」という気持ちの間で揺れる被害者の体験談がすごく刺さってきた。
    加害者側も普段は朗らかな人間であったりするのに、なぜか一番好きな人を殴ってしまう。そのことで後悔してまた苦しむ…

    幸せな結末が見てこない話が多いけど、もし自分がDVの加害者になったら?殴られずにはいられなくなったら?と考えてみることはきっと無駄なことではないと感じた。

  • DVをした側のインタビュー集、この本に出てきた加害者は男性のみ。
    加害者側の話をみても被害者側の話を見ても人間の心というのは深いと言うより難解だと思った。
    合理的になればなるほど理不尽になっていく感覚。

    暴力に至ってしまう理由がどこかにあるのだろうけど、その理由になかなか辿り着けない。
    でもそこに辿りつかないと変われないのかも知れない。

  • [ 内容 ]
    なぜ男たちはDVに走るのか。
    職業・年齢・生い立ちなど、加害者たちに共通点はあるのか。
    男たちに暴力をとめさせる手だては。
    加害者、被害者双方の生の声を多く集め、様々なケースからDV問題の本質を浮かび上がらせる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 図書館利用。
    高校新書レポート用。

  • 女性の20人に1人は生命の危険を感じる程の暴力を受けた事があるとの統計に、DVが決して遠い問題ではないことを実感。
    この本では4つの具体的なパターンを紹介していますが、良い方向に解決しているのは2件のみ。
    DVの問題解決がいかに難しい事なのかがわかります。

  • DVの加害者と被害者双方からの聞き取りをもとに、DVはなぜ起こるのか、背景は何か、暴力をやめさせる事はできるのかなどを考える。

  • なかなか面白かったと思います。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。戦争、犯罪事件から芸能まで取材対象は幅広く、児童書の執筆も手がけている。『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』(講談社)は、厚生労働省社会保障審議会の推薦により「児童福祉文化財」に指定される。著書に『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)、『消された一家』(新潮文庫)他多数。

「2018年 『ベニヤ舟の特攻兵 8・6広島、陸軍秘密部隊レの救援作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))のその他の作品

豊田正義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))を本棚に登録しているひと

ツイートする