男、はじめて和服を着る (光文社新書)

著者 : 早坂伊織
  • 光文社 (2002年3月発売)
3.26
  • (1)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031343

男、はじめて和服を着る (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 着付けの仕方も書いてあるけれど、図解してあるわけではないので、着付け小物とこういうのがあれば便利というのがわかる。

  • トイレの仕方とか、痒いところにちゃんと触れてくれてるのはよいね。

  • 和装を日常的に身につけている作者さんが、褌、襦袢から長着、袴、羽織などの着方を徹底的に書き記した本です。

    着慣れない和服をどうしたら普段着として着こなせるか、季節ごとの素材の選び方はどうすればいいのかなどのレクチャー的なことから、着心地の良さや日常生活における和服のメリットデメリット(トイレとか)など、着物を着こなすために知っておきたい知識までがぎゅっと詰まっています。

    読み物として充分楽しむことができますし、図解も載っているので「へーこんな風に身につければいいのか」と頭の中で納得しながら読むことが出来ました。ただ、着物というのはただでさえ着方を覚えるまでが難しいので、もっともっと超初心者向けの本と併せて持っているとより楽しめて着るのが楽しくなるのではないかと思いました。

  • 資料として購入。
    著者手書きの説明図入りでわかりやすい。

  • 2008年2月 1/12

  • 2008年2月ごろ。市立図書館で。
    袴を穿いてのトイレの方法が知りたかったのですが、文章で説明されてもよくわかりませんでした。あたまわるいですね、私。

全7件中 1 - 7件を表示

男、はじめて和服を着る (光文社新書)のその他の作品

早坂伊織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

男、はじめて和服を着る (光文社新書)はこんな本です

ツイートする