仕事で「一皮むける」 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.35
  • (7)
  • (30)
  • (41)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 298
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インプットとしては読みにくいが、ディクショナリーとしてはとても豊富で整理されている。キャリアを単なる職歴としてだけではなく経験として捉えられる。

  • 経営幹部の一皮むけた経験を集めたもの。
    「プロジェクトで一皮むける」が自分としてはイメージしやすかった。
    ・事が成ったとき、みんなが「自分がやった」と自慢するのは、みんなが達成感を得られた証であり、幸せな物語である。
    ・「適応は適応力を阻害する」現状にしっくりきすぎると、過剰適応の状態となり、緊張がなくなり発達が止まる。
    ・ヒラメパラドクス
    若手に仕事を任せるほど、顧客のほうではなく、上司の方を向いて仕事をしてしまうという現象。
    ・What構築能力 vs How能力
    Whatは課題発見提起能力、How能力は課題解決を考える能力。リーダーにはWhat構築能力が求められる。
    ・戦略的自立性と戦術的自立性
    テーマを選びたい人もいれば、テーマへのアプローチ方法を選びたいと考える人もいる。どこに自立性を持たせるべきか、組織運営上ミスマッチが起こっていないか。
    ・シャインの3つの問い(自分を失ったとき)
    *自分は何が得意か
    *自分は何がしたいのか
    *何をしている自分に意義をかんじるか
    ・プライオリティ
    自分自身の価値を高めることを1番のプライオリティにする。逃げ道を作らないことが価値を高めることにつながる。
    ・なんでも上司に相談しない
    相手から「社内に影響力のない人間だ」と判断される
    ・疑わしきは節目だと思え
    節目は自分を成長させるチャンス。
    現実を直視する、局面から逃げない。
    対処するには、性格の自己変革や新たな強みを身につける、助言を求めること。

  • 宝くじに当たるためには宝くじを買うことから。当たり前だが普段の自己啓発では忘れてはいけない教訓。「夢なんか実現しないという人もいるが,実は夢しか実現しない」。節目で逃げない。「自分を探そう,探し続けよう,いくつになっても学習だよ」エドガーシャイン(MITキャリア研究の第一人者)。自分を貫くテーマを発見する(キャリアドメイン)。語るべき物語,物語を語る事で持論めいたものが生まれる。ウェルチの四つのE[Energy/Energize/Edge(尖って切れる)/Execution(とことんやり抜く)]

  • 自身のキャリアを考える上では「働くひとのためのキャリア・デザイン」が示唆に富んでいたが、他者の成長を考える上ではこちらがとても参考になりますね。

  • 経験に基づく一種のリーダーシップ論。

  • うーん。おじさんたちの世代の話感が半端ないのはなぜなんだろう。何か役に立てようがないというか。

  • #読書開始
    ・2015/5/20
    #読了日
    ・2015/6/4
    #経緯
    ・金井先生ファンの為。
    #達成、満足
    ・読むだけで一皮むけるわけではないので、これからの自分の意識付けが重要。
    #感想
    ・これをすれば一皮むけるというわけではないが、一皮むける経験をした経営幹部やミドルの実体験エピソードのため読みやすい。まとまった時間がとれなかったので、読了まで時間がかかったが。。
    ・キャリアデザインを改めて行う。
    #オススメ
    ・若手ビジネスマンがキャリアデザイン、リーダーシップ勉強の一環として読めばよいと思う。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】336.3||K【資料ID】91120943

  • 「今が節目である可能性が高い状況」
    ①このままでは具合が悪いと思ったとき
    ②メンターの声
    ③ゆとりや楽しさが感じられるとき
    ④カレンダーや年齢的な目印


    「プロジェクトチーム参画で学べること」
    ①ほかの人々の考え方を理解する
    ②自らの技術の習得だけで切り抜けるのをあきらめる

    「組織成員は無能レベルまで昇進する」

    「海外勤務には、一皮むける機会がうまくビルトインされている」
    ①日本にいるよりもワンランク上の仕事
    ②現地法人の社長はエースクラス。大きな好影響が受けられる
    ③日本からのVIPとともに行動できる
    ④三十代であっても会社の代表としての振る舞いが求められる


    などなど。

    まぁ、いっつも思うけど「経営幹部」ってそんな尊敬すべき対象なんやろうかと。
    もの凄いことを成し遂げたかのように扱われている、社会に出ると社会人の価値観で図られるのは当然か。

  • 関経連「一皮むけた経験」に学ぶ ―
    http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334031701

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神戸大学大学院経営学研究科教授。経営人材研究所代表
1954年神戸市生まれ。京都大学教育学部卒。同大学院経営学研究科修了。MITのPhDと神戸大学からの博士号(経営学)を取得の後、39歳で神戸大学経営学部教授。2010~12年3月、神戸大学大学院経営学研究科長・経営学部長。

「2017年 『どうやって社員が会社を変えたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仕事で「一皮むける」 (光文社新書)のその他の作品

金井壽宏の作品

仕事で「一皮むける」 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする