謎解き アクセサリーが消えた日本史 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.05
  • (1)
  • (0)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334032791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アクセサリーが消えた謎は解けなかった。要因のいくつかは提示されていたけど、それ以上ではない。■弥生時代、権力者のみが使用し一般農民には必要なくなったというが、権力・富の象徴として使用されたのなら、農民もそれらを使用して見栄をはり、自分を魅力的に見せようとするはず。それとも農民は完全な共産主義思想だったとでもいうのか。■海外は遊牧民族などにより常に異文化と触れあっていたため、アクセサリーの必要性がなくなったからといって消滅するのではなくずっと続いてきた、というのも検証不足。ではブリテン島は?アメリカやオーストラリアの原住民族は?アジアの小さな島々は?自説を主張したいがためのくだらない言い訳に見える。■結局、日本は耳・首・腕飾りはなくなったけども、かんざしや帯締めなど違う形のアクセサリーが続いているわけで、そもそもアクセサリーは消えていないんじゃないか。

  • [ 内容 ]
    指輪、耳飾り、首飾り、腕飾りなどの日本のアクセサリー文化は、古代には豊かに存在していたにもかかわらず、奈良時代以降、歴史のなかで忽然と姿を消してしまった。
    その後、明治維新以降に復活するまで、千百年もの間、日本人はアクセサリーを身につけることがなかった。
    なぜ突然消滅したのか、なぜその消滅が長期にわたって続いたのか、そしてその現象が日本の、ひいては日本人のどの部分に根ざすものなのか。
    日本の考古学研究者の間でも、まだ本格的に解明されていないこの謎を、『指輪の文化史』などで知られる著者が、民俗学、考古学、歴史学、宗教学、社会学、図像学などさまざまな角度から解き明かす。

    [ 目次 ]
    序章 謎を解く鍵
    第1章 豊かな古代のアクセサリー文化―縄文時代~古墳時代
    第2章 消滅までの軌跡―飛鳥時代~奈良時代
    第3章 宝玉信仰の残り火―奈良時代~平安時代前期
    第4章 何がアクセサリーにとって代わったのか―平安時代~江戸時代
    第5章 突然の復活―明治時代~現代
    第6章 消えたヨーロッパのアクセサリーたち
    第7章 生き残ったヨーロッパのアクセサリーたち
    第8章 消滅の原因を考える
    終章 三つの結論

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なるほどなぁ って思いました

  • 水と関り深い日本人にアクセサリ-が根付かなかった(確かに水仕事に邪魔である)とする論が面白かった。外国文化と日本文化の比較の部分が面白い。(2007/08/16)

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1944年生まれ。関西大学名誉教授。専攻は中近世ヨーロッパ・ドイツ史。著書に『魔女とカルトのドイツ史』『指輪の文化史』『紋章の世界史』『シンデレラの謎』など多数。

浜本隆志の作品

ツイートする