さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.38
  • (404)
  • (1034)
  • (2257)
  • (211)
  • (67)
本棚登録 : 7850
レビュー : 1214
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334032913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 住んでいる市のスポーツセンターのジム、エアロバイクのところに雑誌に混じって置いてあったので、バイクをこぎながら読みました。

    良くも悪くもタイトルの勝利、という巷の話は本当ですね。

    会計は難しいガクモンだ、とちゃんと最初に書いてあるのは好感がもてた。

  • 2010/5/1  借りて、 読み始める。 5/9 読了

    山田 真哉の会計学の本を読んだので、ベストセラーのこの本も読むことに。

    読みやすくわかりやすい本です。
    大事な要素の一つが 「数字のセンス」です。
    このセンスは、会計だけではなく いろんなところで、発揮されている。

    これから、山田真哉の本、まだまだ読むつもり!

    内容 :
    内容(「BOOK」データベースより)
    本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。
    いわゆる「会計の入門書」ではありません。
    細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。

    目次
    プロローグ.どうして「会計」はむずかしいのか?
      1.さおだけ屋はなぜ潰れないのか?――利益の出し方――
      2.ベットタウンに高級フランス料理店の謎――連結経営――
      3.在庫だらけの自然食品店――在庫と資金繰り――
      4.完売したのに怒られた!――機会損失と決算書――
      5.トップを逃して満足するギャンブラー――回転率――
      6.あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?――キャッシュ・フロー――
      7.数字に弱くても「数字のセンス」があればいい――数字のセンス――
      エピローグ.普通の人が「会計」を学ぶ意味
      あとがき
      (特別付録)
      ことわざ会計学
      ひと言コメントつき会計用語集

    著者 : 山田 真哉
    一般企業に就職後、公認会計士二次試験に合格。
    会計事務所を中心とした起業家支援組織、インブルームLLC代表。
    現在、『ビジネスジャンプ』に「公認会計士萌ちゃん」を連載中。

  • 会計をかじると、お金という指標を通してどう立ち回るのがいいのか、ということが明快に学べて楽しい。

  • 一昨年のベストセラー。今頃だが、読んでみた。

    身近なエピソードを例にして会計学の視点を紹介している。会計の入門書というより、会計に興味を持って貰うための本。

    話題になった本だけあって、そこそこ面白かった。

  • タイトルから雑学っぽい本かと思っていたが会計学の本だった。経理や経営者でなくとも会計の重要性がよくわかってそこそこ面白い。副業を考える際は連結決算を意識して本業とエコシステムを構築できるものを考えたい。

  • 【所要時間】40分(3倍速)
    【メモ】連結経営、チャンスゲイン、カンバン方式
    【感想】税理士受験生として読んでおこうと手に取ったが、とても分かりやすい構成となっており、会計用語が与える特有のストレスは一切感じさせない。
    非常に読んでいて面白かった。

  • ・amazonプライムリーディングにあったため読んでみた
    ・会計の本だとは知らなかったが、身近な疑問を会計の視点で解き明かす!というテーマが面白い
    ・会計の勉強をしたい人の最初の一冊に良いと思った

    読了日:2018/12/11

  • 最近、廃品回収の詐欺のニュースを見て、ふとこの本を思い出した。
    さおだけ屋の話ではなく、会計についての本。
    小難しい本を読むよりも、身近なネタを絡ませながら、学んだほうがわかりやすい。
    この本を読んだあとに簡単な会計の本を読むのがおすすめ。

    昔結構売れたから、ブックオフで安く売っていると思います。

  • 「さおだけや」というタイトルで見逃していたが、これはれっきとしたまじめな会計本。専門用語を使わずに、わかりやすい例を引きながら、会計の本質を語りかけてくれる。この本をさらっと読んでから、会計の入門書に取り組んでも良いかも?

  • 2010/05/26

全1214件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、公認会計士。現在、インブルームLLC代表。著書に『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、140万部を超えるメガヒットとなった『さおだけ屋はなぜ潰れない』

「2018年 『マンガ日本と世界の経済入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)のその他の作品

山田真哉の作品

ツイートする