わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (66)
  • (169)
  • (334)
  • (50)
  • (21)
本棚登録 : 1833
レビュー : 238
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334033224

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普段どれだけ適当に読んでいるかを痛感させられた。私たちのさらなる理解を阻んでいる原因が「わかった」状態であるというのはなかなか興味深い発想でした。また、小学生の頃から思っていた国語教育における違和感が解消されました。

  • タイトル通りの、技術本。大人だけでなく、子供にも役に立つのではないかな。

  • わかったつもり。
    自分でもたまにこの状態になっていると自覚することはあるのだが、どう打破すればいいのかよくわかっていなかった。

    どの文脈でものごとを見るかで違った理解がされることに注意。文脈とものごとの辻褄があえば如何様にも理解され得る。

  • 普段の自分の読書法を点検・反省するのには有用な本だと思う。ただ、全てにおいて、こんなにこと細かに注意していく必要もないのでは・・・とも思う。軽い本を読み流したい時もあるわけで、そういう本にまでここまでの厳密さを求める必要は感じない。以前「本を読む本」のレビューでも書いたのだが、自分にとっての「精神を啓発する本」に出会った時に、「本を読む本」で学んだことと同様に、この本に書かれている技法を駆使して「よりわかる」状態を目指すとよいのではと思う。
    また最後で、受験国語の長文読解になぜみんな苦しめられるのか解説している部分があり、ここはとても納得できた。受験生はこの部分だけでも読むと良いのではと思う。

  • おもしろかった。
    わかったつもりで、はいはいそういうことね、と早合点していることが結構あるのではないかと思いました。

  • 文章を読んでいて、わかったと思っていても実際はわかっていないという例が多い。その要因を解説した本。
    わからないのは、文章の関連がつかないから。
    一部分を読んで、他の内容も予測してわかったつもりになる。それは大いにあると思う。

  • 読解力がないとは、文章を理解できないということではなく、「理解したつもりになっている」思い込みにある書かれている。
    読解力をつけるためには、わかったつもりであることを自覚して、その状態から「より分かる」状態へ理解を深めていくことが必要だとされていました。
    それを解説するために、小学校の国語の教科書にある文章を読みながら実際に理解の段階をなぞっていくのは、とてもわかり易かったです。

    ただ、文章などじっくり読むときにはこの過程を踏めるかもしれませんが、会話のなかでの読解力を養うには、もっと瞬発的にそれが出来るようにならねばならないと感じました。経験やボキャブラリーを増やしたりすることが必要そうだと感じました。

  • 後から考えて不十分なわかり方「わかったつもり」。あるな~こういうこと!!文章を雰囲気で読んでしまったり、部分の読みが不十分だったりなど…

    私達は一般的に話の文脈を理解すると、私たちの中にすでに存在しているひとまとまりの知識(スキーマ)を持ち出しては使うということを繰り返しているらしい。基本的に文脈をつかめば内容はだいたいわかってそれ以上知りたいと思わない。それが最大の敵なのだそうだ。

    「わかった」というのは安定状態で、分からないところがない。人は分からないとか、矛盾を感じると更に理解を深めその状態をぬけだそうとするが、浅くても「分かった」と思っている以上そこを抜け出すのは困難だという。安定というか停滞だな。

    ふーん。

    じゃあどうすればいいかというと、ようはクリティカルに読むということ。

    もう少し詳しくいうと、文脈を交換し新しい意味をあてはめてみる、部分をしっかり読む、部分と部分の関連を見つける(より緊密に)、行間を読むということかな。それから、分かったつもりという状態があるというのを自覚すること。

    文脈を交換するってのはできるのか??文脈から部分の意味を引き出し、さらにに関連を見つけていくってのはなっとく。

    読書指導では使えるかな~(..)

  • 文章を読むときの読解力に焦点を当てた本。何気なく読み終わった文章や本。それは本当に理解しているか、しっかり読めているか。本書は読み終わった時に生じる実は深く読めてない、「わかったつもり」を打開し、しっかりと読むためにはどうすればいいのかを示している。文章というものはその人の既存知識、や文脈をもとに理解されていく。その際にわかったつもりが様々なタイプで起こる。これから学び、受験でも直面する国語を勉強する中高学生が読んでおきたい一冊。

  • 分かったつもりになっているんだな。。。読解力と暗記力のなさに悲しくなりました。

全238件中 51 - 60件を表示

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)のその他の作品

西林克彦の作品

ツイートする