グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.26
  • (16)
  • (60)
  • (176)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 540
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334033699

作品紹介・あらすじ

多様化、個人化、フラット化した世界で、なぜ一極集中が起きるのか?気鋭のジャーナリストが、ネット社会の矛盾に斬り込む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【要約】
    ・一極集中がもたらす弊害、ネット上における世論への影響(沈黙のスパイラル)。

    【ノート】
    ・「千夜千冊」で取り上げてることは後から知った。ちょっと嬉しい。
    ・「みんなの意見は案外正しい」が成立するには意見の多様性、独立性、分散性、集約性が必要。だが、ネットの現状を見ると、パーソナライズ機能と相まって、必ずしもこれらの要素が担保されているわけではない。
    ・結果として、ネット上におけるGoogleやAmazonの独占/寡占状態には潜在的な危険性がある。
     「あらかじめ予測された範囲のものだけが推奨され、自らの思考も意図せずして規定されている可能性もある」(P247)「情報は一極集中を起こし、自分の周囲のみならず、社会、経済、政治といったパブリックマターに、何らかの影響を及ぼす可能性がある」(P248)
    ・Googleなどが意図して情報へのバイアスや世論の形成を企図しているわけではないのだろうが、「影響力の武器」で説明されているような心理学の作用もあり、ネットにおける世論の形成には極端なバイアスがかかってしまうような構造的問題があることが指摘されていると読んだ。そして、それはなかなかに怖いことなのだと思う。
    ・さてさて、これから千夜千冊で正剛さんがこの本をどう読んだのかを見て、勉強させてもらおう。

  • Web2.0ブームに便乗した軽い読み物かと思ったら結構奥が深かった。
    特に民主主義と主体性のところ、著者には主張したいことがはっきりとある様だ。
    最近の話題をタイムリーに追い過ぎて、表面をなぞっている様なところが無い訳ではないが全体的に非常に勉強になった。

  • インターネットの出現と普及によって、情報流通が爆発的に噴出した時期、自分は出産と子育てに振り回されていた。子どもたちが成長して、ふと回りを見渡すと、世間は激変していた。Google、Yahoo、Amazonなど次々と出現する検索ツール。いつの間にこんな便利な世の中になっちゃったの?と驚くばかり。まるで浦島太郎状態の自分に気づき、何とかせねばと情報化社会関連の本をあわてて数冊読んでいる。そんな私でも、2006年時点までの情報化社会の変遷の様子や、カタカナ用語の意味もわかるようになった。

  • 印象的だったのは、

    ・グーグル、アマゾンのビジネスモデルについて。よい「製品」だけつくっていたんじゃ儲からんなという話。儲かる仕組みを作り上げないといけない。最近の iPhone,iPad-iTunes-AppleStoreとかkindle-Amazonとかまさに儲ける仕組みがしっかり出来ている良い例なんだろうな~

    ・ウェブはランダムネットワークではなく、スケールフリーネットワークの形状を取るということから、ロングテールの幻想(ロングテールを取り込めるのは、結局ヘッドたくさん売れる人たちだけ=グーグル・アマゾン)を説明したところ

    ・スケールフリーネットワークと個人への最適化によって、結局ウェブでも真の意味での民主主義、つまり全ての人の意見が平等に扱われて合意形成、が達成されにくい状況になるという話

    でした。忘れないうちにメモしときます。

  • 世の中はどう変わっているのか?

    →現在は巨大な一極とフラット化の社会になっている
    ロングテールで成功したのも、元々ヘッドであるがそれ以外はニッチであれば勝つ道はある
    2.0で成功するモデルは、ユーザーにとって有益なコンテンツを擁しつつ、ユーザーにコンテンツ提供の協力をあおぐアーキテクチャ、制度設計

  • 「情報化社会では、多様化よりもむしろ一極集中化が進む」

    という論旨にはわりと目からウロコ。
    web2.0の入門書として◎。

    技術的な部分の解説がわかりにくいのと、
    本としてのまとまりにかけるかなと思いつつ。

    なんだかんだ興味深く読めたので☆4つ。

  • Web2.0/クラウド

    コンテンツを充実させていくのはユーザー側になっていく。

  • 単にGoogleやアマゾンのビジネスモデルの解説だけでなく、多様化から一極集中への変化、複雑系、民主主義との関連など、社会の変化そのものを分析しているところが興味深い。ITの勉強だけでは不十分か・・・

  • インターネットによって、多様化、民主化と言われる社会になったものの、結局は人は同じものを求める、一極集中が起きているという意見。なるほどな〜と思った。誰かが「この化粧品がいい!」と言ったら、みんなそれに群がるのって、一極集中か〜と。。。
    IT化、ネット化のいい面、悪い面を再考するきっかけを与えてくれる本ですね。何でもかんでも、IT、IT、ITではよくないってことか。

  • お年寄りの孤独を解消 ポット

    ここ2、3年でまた変わった スマホ、クラウド

    アップルは今後どうなる? 凋落?

    見た目が大事

    ネットが広がっていく 何が重要? 

    ポータルサイトの危機

    2chについて 価値観の多様化

    1割のあら捜しをするネットユーザー

    amazon レビューの強さ

    ブクログ

    読書による価値観の広がり

    コミュニケーションの質 最初の気張り

    IEの利用率低下 Windowsの限界

    アメリカ軍の研究 

    次なるインフラはなにか? 理想の車 意識を電子化移動 さわれるAV

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 健(モリ タケシ)
野村マネジメント・スクール(NSAM)プログラム・ディレクター、上級研究員。1995年慶應義塾大学経済学部卒業、同年野村総合研究所(NRI)入社。2005年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)経済学修士課程修了。専門はマクロ経済、グローバル経営。2012年より野村マネジメント・スクールにて経営幹部を対象とした講座を企画・運営。共著書に『2010年のアジア』『2015年の日本』『2020年の産業』(いずれも東洋経済新報社)、『グローバル・ビジネス・マネジメント』(中央経済社)がある。



「2018年 『デジタル資本主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)のその他の作品

森健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ・スロ...
トーマス・フリー...
小川 浩
トーマス・フリー...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする