若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.45
  • (195)
  • (439)
  • (866)
  • (70)
  • (22)
本棚登録 : 3317
レビュー : 542
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334033705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日参加したDNの企画で知り合った五百田さんおすすめの本。なんか有名らしいね、この本。知らなかった。

    日本の年功序列システムに真っ向から反対している。今の若者の価値観を変えようとしている意識がものすごく見える。この前のDNの企画も同じような視点だった。

    結局、どんな仕事をしたいとかいっても、将来の幸せにおける仕事のウェイトって自分で突き詰めてみるとあまり大きくないし、そういった面では仕事に何も求めないでいってしまうと著者の言う崩壊し始めている年功序列システムに組み込まれてしまうみたい。

    俺も含めて、多くの日本人は著者の言う「昭和的価値観」のなかに生きている。なんか無難に生きるほうが楽だし。でもそれは、大企業に組み込まれちゃうってことなんだね。抱え込まれて結局給料あがらない、みたいな今のシステムだと後悔する人は増えちゃう。

    昔の人たちが既得権を抱え込んで俺らが苦労する・・・。この状況を見ても動けない人って多いと思う。だって日本人だもの。

    でも、自分の働く動機ってのに立ち返ることは大事。今の俺からすると、将来の仕事に安定やらを求めず、あくまで自分と向き合うこと。コレが大事なのかな。

    この前のDNの企画とトータルで考えて、更に自分と向かい合っていかなきゃなぁって思い知らされました。

    すごく自己満なレビューてか感想文でした!

  • ちょっと軽めの本が読みたくて、書店に行ったら、目にとまったので購入。

    バブル後、崩壊したと思われている年功序列が実は生きていて、それが現在のキャリア意識を持たざるをえなかった若者との間に齟齬を来たしている、という論です。

    「年功序列」というのが、福祉制度に似ていて、内と外とを峻別することによって成り立っている、という見方、また、企業内での単一のキャリアパスは教育での単一の序列の延長線上にある、という示唆は優れていると思います。

    2~3時間で読める割にはお得な本だと思います。

  • 【要約】
    昭和的価値観を批判するとともに、新しい価値観の芽生えを紹介。若者声を上げろ!

    【レビュー】
    一番響いたのは、第六章。
    「働く理由」を取り戻す というタイトルだ。これから社会に出る私にとって、如何に働く理由を持つか、というぶれない軸を作り上げることの大切さを説いてくれた。

    まとめ。
    人は一定の何かを諦めることで、安定と豊かさを手に入れる。その何かは、人によって様々。

    レールから降り自分の足で歩いている人間は、それぞれの動機と常に正面から向き合っている。

    読者への問いは、「自分の胸の奥にある動機に従うか、それともそんなものは忘れて、昭和的価値観に身を委ねるか。」

  • レポートや論文の基礎構成を勉強できます。フォントや余白、レイアウト、脚注の付け方、論文構成、文献の探し方、表現方法など。何となく論文を書いている人にオススメです。

  •  人事コンサルティング代表も務める城繁幸氏の人事制度論。

     大学新卒の若手社員が3年3割以上という離職率をはじき出す昨今。「最近の若者は我慢が足りない」「自分に甘い」といった言説が飛び交っているが、著者はその理由を、既存の年功序列型の人事制度が大きいという。

     つまり、多くの会社には職能給という名の年功の賃金となっており、若手には単なる作業として切り出された業務しか回ってこない上に(相対的に)低賃金である。かつて、会社が拡大していった時代は、年功序列型制度であっても上位ポストも増えいくため、我慢した分、中高年になってから報われる部分は大きかったと著者は言う。しかし、今はそのようなポストの増加も見込めず、若いうちに低賃金で頑張ったところで、報われる保証はどこにもなく、レールから降りざるをえなくなってしまう。

     結論としては、プレーヤーならプレーヤー、マネージャーならマネージャーという具合に専門職として複線的なキャリアを導入し、職能給ではなく職務給で真の意味での実力主義を反映させることが、強い閉塞感を抱く若者に仕事へのモチベーションを与える方法であるといっている。

     全体的にわかりやすい話なのだが、大卒のホワイトカラーの人の話ばかりで、ブルーカラーの肉体労働をしている人についてはほとんど言及されていない。色々考えさせられる本ではある。

  • 若者が何故3年で辞めるのか。

    要約すると、すべては既得の利益を維持する層が
    若者の利益を吸って生きているという理論に繋がる気がする。

    年金問題にせよ、
    日本的経営という名の既得益保守をしている企業でも。
    この本に書かれている事をそのまま受け取ると、日本は年配者の生活の為に若者を使うという思考になっているように思える。

    これから私達平成の世代がどう社会にインパクトを与えていくのか
    その場はどこか
    レールに乗るのか、下りるのか。

    自分のキャリアデザインをする考える時、
    外的環境を知るという意味で勉強になった一冊。

  • 就労者の年齢構成の変化と、就業形態の変化による影響について述べ、それが如何に若年層の就職/賃金に影を落としているかについて。年功序列、定期昇給が維持され、正社員の雇用を維持しなければならない多くの企業では、売上が伸び悩む現状では、新規雇用を抑えることでしか、収益を確保することはできない。新規雇用を抑えることで、若年層の就業環境は悪化し、非正規社員の増加、失業率の増加を引き起こし、これが少子化や様々な問題の要因となっている。人口減少、少子化、高齢化は元々分かっていたことで、これに対して十分とは言えなくても、多少でも対策を打ち出せなかったのが問題。そもそも、今後人口が減少していき、人口オーナスの状況に入っていく中で、国債という形で将来の社会から借金をすることは問題を引き起こすのみで、何ら対策にならない。
    で、会社の中で年配社員の給料が高く維持されている中、若年層の昇給、昇進のペースが落ちていることは、会社に残り続けることに疑問を感じさせる。というあたりが、自分の転職の一因にもなっている。

  •  この本で作者は、昔の日本の会社では当たり前の制度であった年功序列を批判し、成果主義を賞賛していたりと就職を意識している自分を見つめなおすのにとてもよい本でした。
     私は、ほとんどの会社は年齢とともに給料も上がっていくいわば「年功序列」の制度が普通なのかと思っていました。しかし、今は会社に入ってもエスカレーター式に給料も上がらず、能力のある人がそれ相応の給与をもらう時代まさに成果主義の時代になっています。
     この時代に乗り遅れないためにも私は、自分自身で目的意識を持ち、考え、行動することが今の社会では大切だと思いました。
     

  • 日本型企業経営の代名詞である年功序列制が今いかに若者を搾取し、その恩恵を受けてきた年長者がなおも次の世代に幻想を抱かせているか、そしてその帰結としてあらわれた閉塞感の漂う社会を痛烈に批判し、今搾取される側は何をすればいいのかを提示してくれている。

    企業に自分の人生を預ける時代は終わった。そのような思考を持つものが淘汰される波がくるだろう。

    本来働く動機は多岐にわたるもので、お金だったり最低限の安定した生活だったり十人十色。最近の自分は社会貢献が至上命題になりつつあったけどもっと深く自己に内在する動機に目を向けようと考えさせられる。現代社会の一つの側面を知るうえでも就活前の学生にもおすすめ

  • ・日本の企業に根付いた年功序列の悪しき体制を鋭く、かつ冷静に批判している。
    年功序列が生きていた時代と、 その腐った体質だけが残り、勤め続けても決して未来は約束されていない今とは根本的に違う。

    「なんでもやります」が求められていた昔。
    それに加えて、「会社に入って何をやりたいか」といった中長期的なビジョンが求められるようになった今。

    しかし、日本的な年功序列社会では、そのシステム自体の変化はない。

    「会社に入ってこれをやりたい」と強い意志を持って入っても、それを実現できるのはまだまだ先のことなのである。


    ・サラリーマンとビジネスマン

    論理的な思考をこらしてビジネスをやるビジネスマン。
    日本的なサラリーマン。
    和製英語としてできた「サラリーマン」が日本のシステムを示しているように思える。


    ・リバイヤサン

全542件中 11 - 20件を表示

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)のその他の作品

城繁幸の作品

ツイートする