できそこないの男たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (131)
  • (233)
  • (179)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1449
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生物の基本形はメスであり、オスは遺伝子の運搬のためにメスを改造したもの。この話を中心に、どのようにしてメスからオスになるのか、その発見の過程などについて書いてある。

    何年か前に「女性は産む機械」と発言して問題になった人がいたが、生物の進化の過程を考えるとむしろ逆である。遺伝子の運搬をさせるために男性が作られ、その他面倒なこともどんどん押し付けるようになった、という方が近い。ところが人間の場合それが逆転し、今では押し付けた仕事が自己実現の手段となり、家庭に閉じ込めることを悪となっているのが面白い。とはいえこれは「個体の生きる目的が子孫を残すこと」が前提の考え方である。実際には普遍的な意味での生きる目的など無いわけで、各々がやりたいようにすればよい。ということを考えてしまう本。

  • いろいろと肩すかし。
    まず、文章。典型的な「己の文才に自信のある理系が書いた文」なのだが、それが悪いほうに出ている。変に凝ってこねくり回した比喩が、一般人には馴染みのない科学的事実の理解をむしろ阻んでいる。あるいは、科学史を語るマクラに抒情的、しかも筆者個人の感傷を挟んだ情景描写を入れてみたり。いや、そのウェットさ、要るか? 本題から思いっきり浮いてるし。
    冒頭〜中盤までの専門家にしか書けない内容はとても面白く読んだが、途中からいきなり有名教授のスキャンダル話になったりして、なんでこんな散漫なの? と思いきや、案の定どこかで連載した小エッセイをまとめたものだった。ありがちな形態ではあるが、一冊にまとめる時は、多少なりとも統一感を出してくれ。それが「単行本化作業」というものだろう。何でもかんでも、入れりゃいいってもんじゃない。
    そして、タイトルが完全に詐欺。「デフォルトがメスである生物をオスに変える」以外まるで能がないジャンク遺伝子・Y染色体と、その哀れな乗り物・男。それを評して「できそこない」とは確かに的確ではあるのだが、だからと言って口先だけ「あっしらそーゆーカワイソーな存在なんっスよ」とヘラヘラ卑屈に笑いつつ、その実まったく頭を低くしていないこと、世に蔓延る「自称・恐妻家」のごとし。男は弱いんだよー、死にやすいんだよー、「だから強くて立派な女性たち(こんな時だけ褒めてみせる)、俺たちをヨチヨチ甘やかしてー」。あげく「有能な女たちがそんな無能になぜ覇権を奪われたというと、調子に乗って男をこき使いすぎたからだw」ときやがった…!
    名高い著者のことだから、論理的に、淡々と、明快に、生物学的に、「男はできそこないであること」のみを述べてくれているのかと思いきや。ただの雑文集かよ、とかなりの肩すかしをくらった。そういうものを求める分には、別に悪くはないだろう。

    2017/3/11読了

  •  イヴはアダムの肋骨からつくられたのではなく、アダムがイブからつくられた。生物学的にはこのほうが正しい。

     生命はもともメスから発生する。状況によってメスがオスに変化するのだ。単性生殖する生物も初めにメスがあり、なんだかわかよくわからないが、時々オスをつくったほうが子孫を増やすのに都合のいい時機があり、そのときにオスに変化する。


     人間も生命の誕生(発生)当初はメスだ。そこにオスに変化させる遺伝子がくっつくとオスになる。
    男性の生殖器にはメスがオスに変化したときの痕跡(穴がふさがって閉じられた縫い目のような跡)がある。


     昆虫の世界をみるとオスはほとんど使い捨て。メスだってほんとはオスになんてなりたくない。そんな貧乏くじは引きたくない。もしかしたら虐待かもしれない。


     できそこないの男という意味は、男の中にできそこないがいるということではなく、思うに、メスのできそこないがオスなのであって、全てのオスはできそこないということか。


     なんだと〜!? そんなひどいことがあるもんかっ、そこまで言うなら証拠を見せてみろ!


     と声を挙げる男性諸氏もおられるであろう。


     はい、どうぞ。この本に書いてあります。

  • エッセイをまとめたもののようだけれども、
    1冊の新書として、すべてつながるようになっていて、
    読み物として、しっかりしている。

    女から男ができる、というのは、出産という意味においてのみならず、
    そもそも生物学的にも、発生過程においても、
    という深い深い説明がなされていて、大いに納得。

  • 生物の基本仕様であるオスとメスの発生に迫る。学術的なのに内容のはずなのに、人間ドラマやエッセイ風の体験談を織り交ぜてまるで小説のように文章をつなげてくれる。単純に知的好奇心が刺激されるし、文章はいいし、もしかしたら人に話せそうな内容だし、すごくいい本だと思う。

  • 生物の歴史においてはオスはメスの使いっ走り、生物のデフォルトである女性を無理やり作り変えたものが男であるという論も、それほど新しさを感じさせない。あとは、男による余剰、権力の生産、云々という経済人類学みたいなことになる。最後の加速感も切れが悪い。

  • ミソジニー的な人と話す時に使えそうなネタがけっこうありました。
     
    あと、エピローグに生殖行為の快感が、ジェットコースターが落下するときの感覚に似ていると書いてあったのですが、私も昔からそれ思っていたんですよ。
    「私の場合」かと思っていたんですけど、もしかして、この感覚が似ているのは一般的なことだったんですかね・・・。
    私は遊園地に行くと特にバイキング(船がずっと揺れるやつ)に乗りまくっていたんですけど、こういう感覚を皆知っているのだとしたら、猿のように乗りまくるのはちょっと恥ずかしいかもしれないと思いました・・・。

  • アダムはイヴから生まれる。

    本来人間(生物)は女性がスタンダードであり、女性としての成長途中に一作用追加することで男性を後から追加的に作製。
    女性として必要な器官の成長を止め、或いは流用し、男性を創る。そんなちょっと無理くり(?)且つ後付的に女性の身体を流用して作り出された男性の寿命が女性に比し短いのは必定らしい。しかも、男性ホルモンは人間の免疫作用を低減させる効果もあるとのこと。

    生物としては男は弱いんです、いたわってもらえると幸いです。。。

  • 生物の基本仕様は女である。男は遺伝子の多様性を得るために作られた補助生物である(男を作ることで遺伝子の多様性を生み出した種が生き残った)たとえば蜂などは女王バチを初めとして働きバチもすべて雌である。雄バチは女王が交代するもしくは分家するときに一緒に行動し、女王バチが一生かかって生む卵を受精させたら役割がおわるのである。
    本書はあらゆる種の基本仕様は雌であることを前提に男とはなにかを綴っている。
    先ずはお得意の分子生物学の進歩の仮定をドキュメントタッチで綴る。精子の発見、Y染色体の発見、男が男になるために発動する遺伝子の発見。
    次に女仕様の発生の過程が男発動遺伝子によっていかに男として体を作り替えていくかを説明。
    男が女の付属物であることの象徴として蜂では無くアリマキの生態を紹介してくれる(第七章アリマキ的人生)
    さらに基本仕様を作り替えているためにいかに男が生物学的に弱い事を癌の発生率を例に取って教えてくれる(第八章弱きもの、汝の名は男なり)
    さらに第九章ではY染色体が男系のみで受け継がれる事から男系が人類史の中でどう世界に広がっていったか(そしていろんなルートのうちの何本かは日本に集結しているらしい)
    面白いのは、アジア16地域の男性からY染色体を集めての分析の中で8%の男性が約1000年前に男性由来と思われるY染色体を持っていたという話し。どこかに固まって住んでいるのでなく各地、各民族に散らばっているという。確定はできないがその男性は時期からみてジンギス・ハーンではないかと言うのである。
    また、最後の章では斯くのごとく弱い男が世界を支配しているように見えるのは何故かについて考察している。

    そんなに目新しい話は書いていないが、さすがにストリーテラー福岡先生、最後まで飽きずに読ませていいただきました。

  • 胃の中は、からだの中ではない。言われてみれば
    ああと思った見解を改めて読んだ。「生物と無生物のあいだ」で初めて読んだ(?)この考えは目からウロコが落ちる思いだ。
    口から肛門までは竹輪の穴のようにからだを貫く穴であって、食物は消化されからだの一部となることで初めてからだの中に入る。
    面白い…

    男は女の出来損ないかぁ、確かに(汗)

全233件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする