できそこないの男たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (131)
  • (233)
  • (180)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1450
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『生物と無生物のあいだ』はすでに有名だが、本作では分子生物学の発達過程を追いながら、男が女のできそこないであることを説いている。理科系学者とは思えぬほど文学性があり多少回りくどいが、文章は素晴らしい。だが、Y染色体に栄光あれ

  • デフォルトはメス、オスは遺伝情報を横の糸でつなぐための運び屋。本来それだけの仕事だったものをメスが欲張った。
    フェミニストでもその逆でもないし、ジェンダー論はあまり好きではないけれど、生物学的な理解が深まった。
    いつもの研究・発見の裏にあるドラマが書かれているがそれはさすがにちょっとワイドショー的野次馬根性にも感じられた。
    最後のエピローグが何よりこれまでの本のどれよりもぶっ飛んでいて良かった。「あの感覚」という言い方がまたなんか生々しい。
    速度感・快楽・繁殖行為・時間論
    時間の存在を媒体にして生きている我々には感じ難い時間の存在。
    時間の存在についてはこれまで、特に「生物と無生物の間」では出てきている。
    「時間の流れとは私たち生命の流れであり、生命の流れとは、動的な平衡状態を出入りする分子の流れである。つまり時間とは生命そのもののことである。生命の律動が時間を作り出しているにもかかわらず、私たちは時間の実存を知覚することができない」
    「巡航する時間を追い越すための速度の増加、それが加速度である。加速された時初めて私たちは時間の存在を感じる。そしてそれは最上の快楽なのだ。なぜならそれが最も直接的な生の実感に他ならないから。」

  • 生物の原型は女性であることは、生物学の定説です。
    メスからオスが分化したのです。それは、クローンとしての単性生殖から、多様な遺伝パターンを生む雌雄生殖へという進化です。
    多様性を育んだ方が、環境適応力が上がるのです。種としての生き残りを賭けているのです。

  • 前半は、その流麗な文章で物語を読まされているような感覚に陥って愉快であった。教科書で機械的に学ぶよりも余程良い。

    ただ、その分だけ余計な文章が多く、「肝腎の内容が薄いのでは?」と疑問に感じた。

    それに俄に信じがたい部分もあったので、これは自分で他の本を読んでみる必要を痛感した。

  • 強がったって男は弱いんだから、少しだけやさしくしてあげようと思えた本。実際、男の子の方が病気しやすいし、寿命も短い。鬱病なんかも男の方が多いらしい。■でもな、結局、男社会だしな。生物的には女の方が強いけど、社会的には男の方が強いしな。ま、でも、イラっときたときの鎮痛剤にはなるかもね。

  • 同じ著者の『生物と無生物のあいだ』でも感じたが、まるで文学作品のような叙情性を感じさせる美しい文章である。
    前半は、性決定遺伝子SRYを突き止めるまでの分子生物学者たちのしのぎを削る競争の様子をスリリングに感じさせる。
    また、後半は生物の基本形は「女性」であり、それを無理矢理カスタマイズして拵えたのが「男性」である、ということを様々な事象を挙げながら検証していく。
    分子生物学、発達生物学の最先端をこれほどまでに興味深くわかりやすく書く作者の深い知見と文学性にまたもや驚かされた。必読の書。

  • ■生物学
    1.媒体とは時間である。時間の流れとは私たちの生命の流れであり、生命の流れとは、動的な平衡状態を出入りする分子の流れである。
    2.生物のデフォルトとしての女性を無理やりカスタマイズしたものが男であり、そこにはカスタマイズにつきものの不整合や不具合がある。つまり生物学的には、男は女のできそこないといってよい。だから男は、寿命が短く、病気にかかりやすく、精神的にも弱い。
    3.加速覚は私たちをぞくりとさせる。そして加速覚は私たちにとっての快なのである。

  • 納得

  • 「生物と無生物のあいだ」の著者です。ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読んで、「おとこってやつは。。。」と思っていたので、この題名を見て、飛びついてしまいました。この方は、小説書いてもかなりのものを書けるだろうな〜という感じのミステリー仕掛けのおもしろい本です。それにしても、,,オトコって哀しい生き物だな(-,-;)

  • 性別って面白い。

全233件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする