できそこないの男たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (131)
  • (233)
  • (180)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1450
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。SRY遺伝子の発見をめぐる、研究者たちの白熱したレースと駆け引きの息吹を伝えながら≪女と男≫の≪本当の関係≫に迫る、あざやかな考察。(カバーより)

    『生物と無生物のあいだ』以来だったけど、さすが福岡先生。教科書的な記述は少なく、生物学の知識が少なくても読める。美しい文章で、理系な内容を取り上げているのに、文学作品を読んでいるような錯覚さえ起こしそう。

    生命の基本仕様はメスであり、オスは急ごしらえのカスタマイズでつくられる。オスは感染症にもがんにもなりやすいし、寿命は短い。しかしオスがいるからこそ多様性が生まれる。エピローグを読んでいて、ジェットコースターを楽しめない自分は生物としてダメなのかもと思ったり…

    『フェルマーの最終定理』(サイモン・シン)とかもそうだけど、研究者のドラマはやっぱり好きだな。高校一年のときに、生物は暗記ばっかりだなと思っちゃって一気に興味を失ったけど、こういうふうに紹介してくれればもっと興味が湧いたのになー。

  • 『できそこないの男たち』まずこのタイトルに好奇心を掻き立てられる。

    男性と女性の成り立ちについての考察を生物学的に述べられている。
    男性として生まれた自分はこのようにして作られたのか!とページをおうごとに驚いた。
    「尻に敷かれる」と 言う言葉があながち間違いではないなと思った。

    またこの文章が、僕の「加速感」を刺激させた。
    教科書や他のノウハウ本とは違う流れが、この媒体には感じられるためだ。

  • この方は文章が読みやすく、明瞭で引き込まれますね。この頃何冊か読んで居るのですがこの本もとても面白かったです。

    女の赤ん坊の方が育てやすいとか女性の方が長生きする理由がその遺伝子上の安定性にあるのか、としみじみ納得するような気分でした。

    そして世紀の大発見の為昼夜を問わず研究に邁進する科学者たちの手に汗握るドラマの面白いこと。知らない世界を垣間見ることは何とも面白いなあと思うのです。また他の本も借りて読もうと思います。

  • わかりやすく、生物学的な男と女の違いが書いてあります。
    生物学に疎い人でも、皆が理解できると思います。
    男性がいばってる世の中だけど、生物学的には女性のほうが優れているんですよ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「生物学的には女性のほうが」
      福岡伸一に言われなくても、男は充分判ってる。判ってるから威張ってでも、格好をつけないと。。。と思ってしまうとこ...
      「生物学的には女性のほうが」
      福岡伸一に言われなくても、男は充分判ってる。判ってるから威張ってでも、格好をつけないと。。。と思ってしまうところが悲しい。。。
      2013/05/28
  • 最近ブレークしている,「生物と無生物の間」を書いた著者の近著。

    思わずタイトルに惹かれて購入してしまった。ということは,自分的にも,男のくせに「男って奴は愛すべき馬鹿だ」と思っている節があるからなのかもしれない。

    さてさて,感想ですが,やっぱり男は使い捨てられる生き物だそうです。
    科学的に解明されてしまいました。

    村上龍は正しかったのです。

    そう,男はただの消耗品にすぎないのです。
    男の生物学的な至上の喜びは射精することに尽き,そして,男の果たすべき役割は女性の遺伝子を運び広めることだそうです。

    いやはや,非常に簡潔でわかりやすい内容でした。そして,男が背負った悲しい運命を再確認しました。

    ところで,著者は科学者とは思えないほど情緒豊かな表現が多彩。比喩的表現も面白い。「生物と・・・」も買おうかと思ってしまった。

  • 蜑崎送縲檎函迚ゥ縺ィ辟。逕溽黄縺ョ縺ゅ>縺?縲榊酔讒倥?∝、ァ螟蛾擇逋ス縺剰ェュ縺ソ縺セ縺励◆縲
    繝サ逕キ縺ッ縲∫クヲ邉ク縺ァ邏。縺後l縺ヲ縺阪◆螂ウ邉サ縺ョ驕コ莨晏ュ舌r豺キ蜷医☆繧九◆繧√?讓ェ邉ク縺ァ縺ゅj縲?⊆莨晏ュ舌?菴ソ縺?オー繧翫?
    繝サ逕溷多縺ョ繝?ヵ繧ゥ繝ォ繝医→縺励※縺ョ螂ウ諤ァ繧堤┌逅?d繧贋ス懊j螟峨∴縺溘b縺ョ縺檎塙縲ゅき繧ケ繧ソ繝槭う繧コ縺ォ縺、縺阪b縺ョ縺ョ荳肴紛蜷医?荳榊?蜷医≠繧翫?りヲ√?縲∫塙縺ッ螂ウ縺ョ縺ァ縺阪◎縺薙↑縺??ょッソ蜻ス遏ュ縺上?∫羅豌励↓縺九°繧翫d縺吶¥縲∫イセ逾樒噪縺ォ繧ょシア縺??
    繝サ縺昴@縺ヲ縲∫ャャ蜈ュ諢溘→縺励※縺ョ縲√?悟刈騾滓─縲阪?るュ壹?荳ュ縺ァ繝医ン繧ヲ繧ェ縺?縺代′遏・縺」縺ヲ縺?k荳也阜縺ィ縺ッ縲

  • 雌雄の種別のある生物のオスは、メスの派生である。であるならば、メスに、ある遺伝子を加えればオスが生まれるはずである。人類(おそらくすべての哺乳類も)の雌雄を決めるこの遺伝子はSRYと呼ばれ、当然ながらY遺伝子上に存在する。この遺伝子がメスとして発生した固体をオスにするためのさまざまな遺伝子をオンにする。このメカニズムは分子レベルで証明されている事実である。 この事実を踏まえ、思考をさらに続けると、次のような疑問が自然と湧いてくる。「オスは、なぜ必要になったのか。つまり、オスが存在する生物進化上の理由はなにか」。本書ではこの疑問にも踏み込む。単性生殖にくらべ有性生殖が有利な点は、遺伝子の組み換えが起こることにある。この組み換えにより固体の特徴に紛れが生まれる。この紛れが環境に対するよりよい適応であった場合、これを進化と呼ぶことができる。であるならば、オスの必要性は明らかである。つまり、遺伝子の交雑、またはメスから他のメスへの遺伝子の配達、これこそがオスの存在理由である。これが本書の趣旨である。 文書を書くことが本職でないことを疑いたくなるほどの洗練された美文で組み立てられたロジックは読んでいてうっとりさせられるほど見事。しかも前提知識をほとんど必要としないため、まったくの生物学門外漢にもすんなりと読める。すばらしい。 すべての人にお勧めしたい。特に男性に。男性本来の仕事について書かれているのだから。

  • 「生物学」をめぐる最高のミステリー。

    若干難解な部分もあるが、それを飛ばし読みしてでも読みとおす価値はあります。

    社会で偉そうにしている男が、生物としては、いかに不完全か。一気に読ませる、相変わらずの文章の美しさです。

  • 生物学者の福岡伸一先生の著書。全ての生物の基本は女性で、男性は補助的な役割を果たしているに過ぎない。だからこそのできそこないの男たち。福岡伸一先生、文章がとてもお上手で読みやすい。

  • 基本的に生物はメス前提、遺伝子シャッフルのためにしぶしぶオスをつくったけどデフォルトがメスベースだからオスの方が生物として弱っちいし不完全、という話。ものすごく面白かった。人間の場合メスがオスに対して多くを求めすぎた(欲張りすぎた)ため、オスが余剰を手に入れることとなり社会がオスベースで作られることになってしまったのでは、という筆者の一意見にも納得。第六感としての加速覚というのも非常に興味深い話だった。

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする