できそこないの男たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (131)
  • (233)
  • (179)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1455
レビュー : 232
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本というものが「知らない世界」を教えてくれる喜びを得ることができるものとするならば、本書はその資格十分のおもしろさ満載の本である。
     「博士号」取得者の世界が、高度な知性と高い評価の割には、経済的処遇に恵まれていないことはよく知られているが、本書はその世界もみせてくれる。
     そして本論部分だが、「男と女」についての「生命の秘密」を、その研究手法の詳細まで素人にわかりやすく、かつ興味をつなぎつつ解説することは、なかなか難しいところだろうが、本書はそれに成功している。
     その結論部分の「生物は女が基本型で男はできそこない」とは、実におもしろい。
     その結論に至るまでの「分子生物学」や「解剖学」的考察は、反論を許さない具体性と説得力に満ちみちている。
     本書においてはさほど言及していないが、本書の「メスが生物的基本型」との結論を知ると、人類の歴史の男優位の社会はなんと誤った世界であることか。
     とりわけ、ある地位の「男系子孫相続」などには、生物学的裏打ちがまったくないことがわかってしまう。
     日本においては、一般に社会においては男性優位でも、家庭内では、女性が男性をはるかにしのぐ高い地位を築いている場合が多いが、生物学的にはこちらのほうが正しい体制であったのかと、手のひらをぽんと打ってしまった。
     本書は、極めて専門的な分野をわかりやすく教えてくれる良書であると高く評価したい。

  • 何年も前からずっと読もうと思ってはどうも読み切れなかった本書だが、ようやく読み終えた。内容がすごく難しいとかあまりに長いとか、全くそういうことではないのだが、なぜか読んでいるうちに気が進まなくなっていたのだ。

    男は”女系の遺伝子を混合するための横糸。遺伝子の使い走り”。男の身体は女性のそれを作り変えたもの。(心から)結構だと思う。むしろ言われてみればその方が何となく腑に落ちる気さえする。

    最後の加速覚のエピローグは特に良かったです。
    (ただ文章はやや冗長な気もしました。気分が乗ってすらすら書けたという印象ではない。「生物と無生物のあいだ」の方が文章が生きていたような気がする。今度久しぶりに読み返してみよう)

  • 面白かった! まず文体がすごく読みやすくて退屈しない。翻訳本みたいな活き活きした文。かっこいい。生物と無生物のあいだを書いた方なんですね。福岡先生初読。他の著作も読んでいきたいと思いました。
     もともと単性生殖であった我々の祖先が、DNAを交換するという方法を作るためにメスをカスタマイズし作り出されたオス。最初はアリマキのオスがそうであるようにただ単純にメス同士のDNAの交換だけ(Y染色体なし)だったが、人にはY染色体がある。Y染色体のSRY遺伝子が、基本はメスである人をオスにする。XX型男性(女性型男性)にはSRY遺伝子が紛れ込んでいる。XY型女性(男性型女性)にはSRY遺伝子が欠落している。
    男性の精管と尿管が一緒なのはもともと女性のためのつくりである体をつくりかえたため。男性の蟻の門渡りが女性器の名残なんておもしろーい。
    それから男性が女性より短命で、男性が女性より発がん率が高くて、自殺率が3倍で、一卵性双生児も女女率の方が高くて、多くの病気も男性の方が罹患しやすいのは、主要な男性ホルモンであるテストステロンの、体内濃度が上昇すると、免疫細胞が抗体を産生する能力もナチュラルキラー細胞など細胞性免疫の能力も低下するためである可能性があるとのこと。

    ジェットコースターで落下する加速感を射精感にたとえた仮説はジェットコースター嫌いな男性もたくさんいるので納得しかねたけど、男性がどうして女性に尽くすのか、それはあの感覚にとりつかれているからだ、というのは納得しました。
    ただ、女性はよくばりすぎた。男性に子を作るためだけではなく、その有用性に気付き、食料や住処などを求めた。その余剰を男性が女性に気付かれず溜めることに気付いて、男性が余剰を持つようになったから、男性に力のある社会になった、と。 というか多分男性は、女性は子孫を残したいものというのに対して、女性に遺伝子を運ぶために作られたから、それ以外の、余剰的なものがより好きなんだろうな。

  • 染色体を軸にして、男女の性を追求してきた生物学を遡っていきます。
    そこから男の役割が見えてきます。
    そもそも男が生物としてどう振る舞うべきなのか。
    生物学的な見地に立った結論は、人間の理想像のようなものを知らせてくれます。

    生物学は面白い。
    我々は生物でしかなく、そのため生物学には道徳や思想以上に根源的なものがあります。

  • 生物の基本仕様としての女性を無理やり作りかえたものが男であり、そこにはカスタマイズにつきものの不整合や不具合がある。つまり生物学的には、男は女のできそこないだといってよい。だから男は、寿命が短く、病気にかかりやすく、精神的にも弱い。しかし、できそこないでもよかったのである。所期の用途を果たす点においては。必要な時期に、縦糸で紡がれてきた女系の遺伝子を混合するための横糸。遺伝子の使い走りとしての用途である。

    同著者の『生物と無生物のあいだ』でも感心させられたが、分子生物学に詳しくない人にも分かり易く例を用いて、科学的な先端知識について説明しストーリーを読ませる文章に驚く。

    昔読んだカール・セーガン博士の『コスモス』を意識されているかどうか分からないが、それと同様な書きぶりで、これから理系を志す若い人にも是非読んで貰いたいと思う。

  • 生命の不思議に興味ある人にオススメ

    ・原始、生命はメスだけだった。オスは必要なのか?

    1694年、オランダの科学者ニコラス・ハルトソーケルは、精子の粒だちの中に宿っている輝きの正体をとらえた。彼はそこに体育座りをした小人が、硬くちぢこまっているのを見た。小人、当時の科学者はこれにホムンクルスと名付けた。。。

    遺伝子、生命の成り立ちなど、勉強になりました。

  • 生物の基本仕様としての女性を無理やり作りかえた(カスタマイズ)ものが男である。


    この本を読んで女性として賢く生きるヒントをもらった気がしました\(^o^)/

  • これはびっくり。良い本だと思います。男ってできそこなったんですね。自分が男となったしくみが分かった気がして、読んでて面白かったです。

  • 妊活(妊娠活動)中の女子にオススメ。男の子が産まれてくる科学的な過程がわかって面白い。
    「できそこない」の「か弱い」男たちをもっと労わってあげようというキモチになった
    旦那と喧嘩した時もオススメ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「労わってあげよう」
      福岡センセ有難う。。。。
      「労わってあげよう」
      福岡センセ有難う。。。。
      2013/09/20
  • ”教科書はなぜつまらないのか” に対するおもしろい説明がされている。「第五章 SRY遺伝子」での論文の引用はとてもエキサイティングだった。Introduction がこんなにもわくわくする文章だったとは。

  • 3.8

  • 悲しい終章。
    研究はどこまでも途上にあるのか。
    愚かな男達が歴史を綴ることにあくせくしてきた。

  • 生物学的にオスはメスから派生したものであり、それ故生物として不完全なオスはメスより弱い。その役割はメスが綿々と紡いでいる系譜を橋渡しする使い走りに過ぎない。自虐的とも思える表現で興味に引いておいて、生物学的なオスとメスの関係とその探究の歴史を紹介している。

    読者に生物学的な専門知識を要求せず、わかりやすい比喩を用い、余計とも思える逸話などを織り交ぜながら進められるストーリーは文学的ですらある。

  • 独特の比喩による文章がうまいしスラスラよませる。わかりやすいせいでやたら記憶に残りやすい。
    ただ、ほとんどマル激でいってたことなので、放送を見た人は買わないでもよかったかもしれない。

  • さすが福岡さんの本。格調高い文体で、科学の世界の競争のダイナミズムを描き出し、わくわくしながら一気に読み切った。内容的には難しい生物学の本と思うが、それを感じさせない文章と思う。
    男は女から作られたというキリスト教では受け入れられそうもない思想であるが、欧米人はこの事実をどう受け容れるのだろうか?非常に不思議だ。
    しかし、福岡さんの本を読むと、生物学の世界に入りたいと思ってしまう。
    -------------
    bookloversで本人より紹介
    DNAから見た男の姿(弱さ)を紹介しているとのこと。

  • 学者ばなれした文章で読ませます。しかし加速覚ねぇ。あとメスがデフォルトであることの進化学的な検証は出来るのだろうか?

  • 生物学的に間違いなく、かつ情景が浮かぶような巧みな文章は、読んでいて気持ちがいい。先生の言う、加速感と似てる…かな?w

  • 遺伝子学的に男性はどうやって作られるのか、相変わらず小説のような書き方で分子生物学がスラスラと入ってくる。エピローグで一番の衝撃を受けるのは何度目だろうか、他の著書と読み合わせてみると数倍面白いと思う。

  • 最初はなかなか進まないけど、がんばって読んで行くと面白くなる。人生のネタが増える。

  • 「生命の基本仕様としての女性を無理やり作りかえたものが男」、「生物学的には、男は女のできそこない」、が本書のテーマ。オスが「ママの遺伝子を、誰か他の娘のところへ運ぶ「使い走り」」に過ぎない、生物学的に不完全で「寿命が短く、病気にかかりやすく、精神的にも弱い」存在であるのとも。
    性とは、特に男性って一体なんなのだろうって改めて考えさせられた。
    著者の文章には、理系特有の固さや理窟っぽさがなく、叙情的と言うか、で何ともいえない趣がありました。

  • アダムはイヴから生まれる。

    本来人間(生物)は女性がスタンダードであり、女性としての成長途中に一作用追加することで男性を後から追加的に作製。
    女性として必要な器官の成長を止め、或いは流用し、男性を創る。そんなちょっと無理くり(?)且つ後付的に女性の身体を流用して作り出された男性の寿命が女性に比し短いのは必定らしい。しかも、男性ホルモンは人間の免疫作用を低減させる効果もあるとのこと。

    生物としては男は弱いんです、いたわってもらえると幸いです。。。

  • 2014.12読了
    相変わらず引き込まれる文章書く人だ。

    サイエンス的にどこまで信じていいのか今ひとつ確証が持てないが。

  • 誤解を生みやすいタイトルだ。あたかも男という性を嗤うための書のように見えるが、実態は全く異なり、あくまでも生物学的な視点から男性という性の誕生についての解説書なのだ。しかし裏切られたことが心地良いくらいに面白い!百科事典の例えを用いた染色体の伝播はとてもわかりやすく、またその経過をたどることによる天皇制の有意性、日本人の「非」独自性などへの問いかけもとても新鮮な驚きとして読めた。

  • 236
    おもしろかった!期待通り。本書はもっと注目されて良いと思う。著者に注目するきっかけとなった作品。
    同著者、読了2作目。

  • 確か、ブクブク交換で手に入れた一冊です。
    『生物と無生物のあいだ』が面白かったので手にとってみました。

     “男の弱さは生物学的に運命づけられているとしか考えようがなくなる。”

    男の身としては、題名からしてキュッとしそうですが、、
    読むとなおさら“キュッとします”、、うーん、できそこない(汗

    昔何かのSFで、女性のみで“種”を維持していくとの話を読んだ覚えがありますが、
    実際にそれを実践している“種”があるとは思いませんでした、、うーん。。

     “アダムがイブを作ったのではない。イブがアダムを作り出したのである。”

    こちら、先日読んだ『風の中のマリア』とも被る部分があり、、
    あらためて“女性”は偉大だなぁ、、と実感です。

    ちなみに、とある器官の“なれの果て”についてはビックリしました。
    こういう話を知ると、サイエンス系も読まないとなぁ、、とあらためて。

  • 「ふぞろいの林檎たち」的なタイトルからは、男の悲哀のドラマが描かれているようにも連想されますが、本書は、分子生物学上の見地からオスの特性について書かれています。

    前半は専門的な記載が多く言葉が素通りしていきましたが、出来るだけ素人にもわかりやすい表現で書かれようとしていることはわかりました。

    生物学上、男はできそこないで、女に支配されているということは理解せざるを得ませんが、現代の男女の矛盾に対する著者の私見は面白く読めました。

  • 著者の人生から始まる。
    科学的な事に関しては、やや物語風で、教科書のような正確だが面白みのない文章を排していてる。
    小話あり、科学者の人生あり、研究のお金のシステムなど。

    神社が天皇制は男子継承を正当化するのにY染色体を持ちだしたときには呆れたものだったことを思い出した。
    「男は急ごしらえで、イヴからアダムが作られたのが本当の所であり、男は母親から娘に遺伝子を橋渡ししているパシリにすぎない」
    これを女性の科学者が言えば恐らく男性から反感を買うだろう。

    生命は母子という縦糸が本筋ならば何故男性が支配し、男尊女卑が多くなってしまったのか。
    その答えは「アダムの呪い」と同じような結論である。

    五感の次には第六感ではなく、加速覚をという意見にはうなずいた。
    かけっこのときにはそんなに加速感は味わいにくかった。馬や車、新幹線やジェットコースターでようやく分かるようになったのではないかという気もするが、少なくとも走って急停止したときにそれらしきものは味わえただろう。

  • 男性は急場しのぎの出来損ないだったのですね。
    世の中の見え方が変わりました!

  • 『生物と無生物との間』と同様に神秘的なものを感じました。

  • 一気に読了。
    遺伝子の学術的な話。
    研究現場から、生殖器が出来上がる過程。
    オトコとオンナのお話まで。

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする