できそこないの男たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (131)
  • (233)
  • (180)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1454
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。SRY遺伝子の発見をめぐる、研究者たちの白熱したレースと駆け引きの息吹を伝えながら≪女と男≫の≪本当の関係≫に迫る、あざやかな考察。(カバーより)

    『生物と無生物のあいだ』以来だったけど、さすが福岡先生。教科書的な記述は少なく、生物学の知識が少なくても読める。美しい文章で、理系な内容を取り上げているのに、文学作品を読んでいるような錯覚さえ起こしそう。

    生命の基本仕様はメスであり、オスは急ごしらえのカスタマイズでつくられる。オスは感染症にもがんにもなりやすいし、寿命は短い。しかしオスがいるからこそ多様性が生まれる。エピローグを読んでいて、ジェットコースターを楽しめない自分は生物としてダメなのかもと思ったり…

    『フェルマーの最終定理』(サイモン・シン)とかもそうだけど、研究者のドラマはやっぱり好きだな。高校一年のときに、生物は暗記ばっかりだなと思っちゃって一気に興味を失ったけど、こういうふうに紹介してくれればもっと興味が湧いたのになー。

  • 『できそこないの男たち』まずこのタイトルに好奇心を掻き立てられる。

    男性と女性の成り立ちについての考察を生物学的に述べられている。
    男性として生まれた自分はこのようにして作られたのか!とページをおうごとに驚いた。
    「尻に敷かれる」と 言う言葉があながち間違いではないなと思った。

    またこの文章が、僕の「加速感」を刺激させた。
    教科書や他のノウハウ本とは違う流れが、この媒体には感じられるためだ。

  • この方は文章が読みやすく、明瞭で引き込まれますね。この頃何冊か読んで居るのですがこの本もとても面白かったです。

    女の赤ん坊の方が育てやすいとか女性の方が長生きする理由がその遺伝子上の安定性にあるのか、としみじみ納得するような気分でした。

    そして世紀の大発見の為昼夜を問わず研究に邁進する科学者たちの手に汗握るドラマの面白いこと。知らない世界を垣間見ることは何とも面白いなあと思うのです。また他の本も借りて読もうと思います。

  • わかりやすく、生物学的な男と女の違いが書いてあります。
    生物学に疎い人でも、皆が理解できると思います。
    男性がいばってる世の中だけど、生物学的には女性のほうが優れているんですよ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「生物学的には女性のほうが」
      福岡伸一に言われなくても、男は充分判ってる。判ってるから威張ってでも、格好をつけないと。。。と思ってしまうとこ...
      「生物学的には女性のほうが」
      福岡伸一に言われなくても、男は充分判ってる。判ってるから威張ってでも、格好をつけないと。。。と思ってしまうところが悲しい。。。
      2013/05/28
  • 最近ブレークしている,「生物と無生物の間」を書いた著者の近著。

    思わずタイトルに惹かれて購入してしまった。ということは,自分的にも,男のくせに「男って奴は愛すべき馬鹿だ」と思っている節があるからなのかもしれない。

    さてさて,感想ですが,やっぱり男は使い捨てられる生き物だそうです。
    科学的に解明されてしまいました。

    村上龍は正しかったのです。

    そう,男はただの消耗品にすぎないのです。
    男の生物学的な至上の喜びは射精することに尽き,そして,男の果たすべき役割は女性の遺伝子を運び広めることだそうです。

    いやはや,非常に簡潔でわかりやすい内容でした。そして,男が背負った悲しい運命を再確認しました。

    ところで,著者は科学者とは思えないほど情緒豊かな表現が多彩。比喩的表現も面白い。「生物と・・・」も買おうかと思ってしまった。

  • 蜑崎送縲檎函迚ゥ縺ィ辟。逕溽黄縺ョ縺ゅ>縺?縲榊酔讒倥?∝、ァ螟蛾擇逋ス縺剰ェュ縺ソ縺セ縺励◆縲
    繝サ逕キ縺ッ縲∫クヲ邉ク縺ァ邏。縺後l縺ヲ縺阪◆螂ウ邉サ縺ョ驕コ莨晏ュ舌r豺キ蜷医☆繧九◆繧√?讓ェ邉ク縺ァ縺ゅj縲?⊆莨晏ュ舌?菴ソ縺?オー繧翫?
    繝サ逕溷多縺ョ繝?ヵ繧ゥ繝ォ繝医→縺励※縺ョ螂ウ諤ァ繧堤┌逅?d繧贋ス懊j螟峨∴縺溘b縺ョ縺檎塙縲ゅき繧ケ繧ソ繝槭う繧コ縺ォ縺、縺阪b縺ョ縺ョ荳肴紛蜷医?荳榊?蜷医≠繧翫?りヲ√?縲∫塙縺ッ螂ウ縺ョ縺ァ縺阪◎縺薙↑縺??ょッソ蜻ス遏ュ縺上?∫羅豌励↓縺九°繧翫d縺吶¥縲∫イセ逾樒噪縺ォ繧ょシア縺??
    繝サ縺昴@縺ヲ縲∫ャャ蜈ュ諢溘→縺励※縺ョ縲√?悟刈騾滓─縲阪?るュ壹?荳ュ縺ァ繝医ン繧ヲ繧ェ縺?縺代′遏・縺」縺ヲ縺?k荳也阜縺ィ縺ッ縲

  • 雌雄の種別のある生物のオスは、メスの派生である。であるならば、メスに、ある遺伝子を加えればオスが生まれるはずである。人類(おそらくすべての哺乳類も)の雌雄を決めるこの遺伝子はSRYと呼ばれ、当然ながらY遺伝子上に存在する。この遺伝子がメスとして発生した固体をオスにするためのさまざまな遺伝子をオンにする。このメカニズムは分子レベルで証明されている事実である。 この事実を踏まえ、思考をさらに続けると、次のような疑問が自然と湧いてくる。「オスは、なぜ必要になったのか。つまり、オスが存在する生物進化上の理由はなにか」。本書ではこの疑問にも踏み込む。単性生殖にくらべ有性生殖が有利な点は、遺伝子の組み換えが起こることにある。この組み換えにより固体の特徴に紛れが生まれる。この紛れが環境に対するよりよい適応であった場合、これを進化と呼ぶことができる。であるならば、オスの必要性は明らかである。つまり、遺伝子の交雑、またはメスから他のメスへの遺伝子の配達、これこそがオスの存在理由である。これが本書の趣旨である。 文書を書くことが本職でないことを疑いたくなるほどの洗練された美文で組み立てられたロジックは読んでいてうっとりさせられるほど見事。しかも前提知識をほとんど必要としないため、まったくの生物学門外漢にもすんなりと読める。すばらしい。 すべての人にお勧めしたい。特に男性に。男性本来の仕事について書かれているのだから。

  • 「生物学」をめぐる最高のミステリー。

    若干難解な部分もあるが、それを飛ばし読みしてでも読みとおす価値はあります。

    社会で偉そうにしている男が、生物としては、いかに不完全か。一気に読ませる、相変わらずの文章の美しさです。

  • 生物学者の福岡伸一先生の著書。全ての生物の基本は女性で、男性は補助的な役割を果たしているに過ぎない。だからこそのできそこないの男たち。福岡伸一先生、文章がとてもお上手で読みやすい。

  • 基本的に生物はメス前提、遺伝子シャッフルのためにしぶしぶオスをつくったけどデフォルトがメスベースだからオスの方が生物として弱っちいし不完全、という話。ものすごく面白かった。人間の場合メスがオスに対して多くを求めすぎた(欲張りすぎた)ため、オスが余剰を手に入れることとなり社会がオスベースで作られることになってしまったのでは、という筆者の一意見にも納得。第六感としての加速覚というのも非常に興味深い話だった。

  •  イヴはアダムの肋骨からつくられたのではなく、アダムがイブからつくられた。生物学的にはこのほうが正しい。

     生命はもともメスから発生する。状況によってメスがオスに変化するのだ。単性生殖する生物も初めにメスがあり、なんだかわかよくわからないが、時々オスをつくったほうが子孫を増やすのに都合のいい時機があり、そのときにオスに変化する。


     人間も生命の誕生(発生)当初はメスだ。そこにオスに変化させる遺伝子がくっつくとオスになる。
    男性の生殖器にはメスがオスに変化したときの痕跡(穴がふさがって閉じられた縫い目のような跡)がある。


     昆虫の世界をみるとオスはほとんど使い捨て。メスだってほんとはオスになんてなりたくない。そんな貧乏くじは引きたくない。もしかしたら虐待かもしれない。


     できそこないの男という意味は、男の中にできそこないがいるということではなく、思うに、メスのできそこないがオスなのであって、全てのオスはできそこないということか。


     なんだと〜!? そんなひどいことがあるもんかっ、そこまで言うなら証拠を見せてみろ!


     と声を挙げる男性諸氏もおられるであろう。


     はい、どうぞ。この本に書いてあります。

  • エッセイをまとめたもののようだけれども、
    1冊の新書として、すべてつながるようになっていて、
    読み物として、しっかりしている。

    女から男ができる、というのは、出産という意味においてのみならず、
    そもそも生物学的にも、発生過程においても、
    という深い深い説明がなされていて、大いに納得。

  • 生物の基本仕様であるオスとメスの発生に迫る。学術的なのに内容のはずなのに、人間ドラマやエッセイ風の体験談を織り交ぜてまるで小説のように文章をつなげてくれる。単純に知的好奇心が刺激されるし、文章はいいし、もしかしたら人に話せそうな内容だし、すごくいい本だと思う。

  • ミソジニー的な人と話す時に使えそうなネタがけっこうありました。
     
    あと、エピローグに生殖行為の快感が、ジェットコースターが落下するときの感覚に似ていると書いてあったのですが、私も昔からそれ思っていたんですよ。
    「私の場合」かと思っていたんですけど、もしかして、この感覚が似ているのは一般的なことだったんですかね・・・。
    私は遊園地に行くと特にバイキング(船がずっと揺れるやつ)に乗りまくっていたんですけど、こういう感覚を皆知っているのだとしたら、猿のように乗りまくるのはちょっと恥ずかしいかもしれないと思いました・・・。

  • 実にわかりやすく、眈々と衝撃を伝えてくれる。男とは、女が種を維持、反映させるために生み出したものであり、そもそも、その役割が終わればアリマキのように死んでも何ら問題はない。お父さん似というが、それは、どこかのあばあちゃん似ということに過ぎない。そう思うと、不倫を文化と言った男はあながち非難されるべくもないのではなかろうか。男は種まくために存在し、それは女が栄えるために他ならない。

  • 男は所詮できそこない。女の方が生物学的に優れているという話。人間は欲張ったのか。

  • 雑誌でエッセイを読んだとき、文章が面白かったので著書を借りてみた。
    期待通りわかりやすく面白い。

    DNAの解析技術の向上で、遺伝子情報が徐々に
    明らかになっていく昨今、性染色体の発見から
    最新の性決定遺伝子の解明までを解説。
    最後は世界最高レベルの心臓外科教授の汚職事件。

    素人にはちょっと難しい専門的な部分もあるけど、
    メス社会のアリマキの世界や、人類の遺伝タイプの分類
    など、興味深いエピソードも多くて面白かった。

    アリマキの話によると、基本的にはメスだけで社会は成り立つらしい。
    しかし、クローンでは絶滅の危険があるので、種の維持の為
    1年のある時期だけオスを作り出す。

    メスの基本仕様をカスタマイズしてオスが作られるので、
    若干機能が不完全というのは衝撃の事実。
    でも確かに、男性の方が胃腸が弱いとか、寿命が短いとかあるよね。
    環境のせいではなく、遺伝子的にもそうだったのか。。

    最近の科学ニュースで、恐怖の記憶が遺伝子に刻まれて
    子孫に伝わるというのが発表されていた。
    遺伝子解析はどんどん進んでいく。

  • いやあ、文句なしに面白かった!
    そうですか。男は女のできそこないだったんだ。
    消化器でものを考えるというのもびっくり。
    男性ホルモンは免疫細胞を弱めるとのこと。
    知らないことばかりだった。
    それにしても、この著者は読ませます。

  • 文句なしに面白い!

    男(オス)と女(メス)のランデブー。小説よりロマンティック、恋愛よりもエキサイティング。
    自分たちは神の領域で生かされている生命であり生物に“すぎない”と思い知らされる。そして、いま生きていることが嬉しくなる。

    福岡先生のDNAと、そのビークルであるところの私たちを見つめる視線には、いつも暖かさと愛情を感じる。
    最後にはできそこないどころか、根源的な誇りを感じさせてくれる。

    研究者のシビアな世界も垣間見れて興味深い!

  • 同じ著者の『生物と無生物のあいだ』でも感じたが、まるで文学作品のような叙情性を感じさせる美しい文章である。
    前半は、性決定遺伝子SRYを突き止めるまでの分子生物学者たちのしのぎを削る競争の様子をスリリングに感じさせる。
    また、後半は生物の基本形は「女性」であり、それを無理矢理カスタマイズして拵えたのが「男性」である、ということを様々な事象を挙げながら検証していく。
    分子生物学、発達生物学の最先端をこれほどまでに興味深くわかりやすく書く作者の深い知見と文学性にまたもや驚かされた。必読の書。

  • 「蟻の門(と)渡り」が「生命の基本仕様は女である」の証拠とは。この残念な発見は僕にとって今年最大の知的収穫であった。この本のレビューを話してあげたいが、分子生物学に基づく学術的説明は猥談と区別がつかないので、真面目に聞いてくれる女性はいないだろう。

  • 『生物と無生物のあいだ』に続いて。
    「男に生まれるのではない、男になるのだ」。
    ヒトの発生のメカニズムを知れば、なるほどとうなずかされる。

  • 生物と無生物の間にの著者である福岡伸一氏が書いた新書。

    2009年新書大賞の2位にもなった本書は、男であるが故の運命について腑に落ちる内容となっています。

    遺伝子と男の物語、おすすめできます。

  • もともと人間のデフォルトは「女性」であること

    男性はその過程で、カスタマイズされたもの

    だから体の仕組み上、不備がある

    またアリマキという生物を例にあげて、単為生殖についてあげられている

    この生物は、繁殖にオスを利用しない

    まったく同じクローンのメスを作り続ける

    が、冬になると寒さをしのぐために自らオスを作り、そのオスがメスと交尾し卵を産む

    これは環境に変化するために、オスがいてメスのためにオスがいるという証明である

  • こういう類の本をはじめて読みました


    思ってたよりずっとおもしろくてびっくりしました

  • 『巡航する時間を追い越すための速度の増加、それが加速度である。加速されたとき初めて私たちは時間の存在を感じる。そしてそれは最上の快感なのだ。なぜならそれが最も直截的な生の実感に他ならないから』

    未知の領域が目の前で開けてゆく時に少なからず興奮を覚えないものはまれだろうと思う。楽しい経験でも、怖い経験でも、未知のものに向かうことになぜか人は惹きつけられる。それは「どうして」なのか。福岡伸一は一つの考えをこの本の中で示している。

    もちろん、この本は科学啓蒙書に分類されるものだと思うのだけれど、本の内容に興味がある人もない人も、目の前で次々と扉が開かれてゆくことに対する快感は覚えるのではないだろうか。それは福岡伸一がすぐれた科学者であると同時に巧みなストーリーテラーでもあるからだ。そしてそれが実は全然相反することではなく、むしろ必然的ですらあることを証明してもいる。

    科学に興味を持つ者には恐らくたった一つ共通した特徴がある。それは「何故か」を知りたがる好奇心があるということだ。ところが福岡伸一が本書の中でも何度か書いている通り、科学の手法が明らかにするのはもっぱら「How」であって「Why」ではない。「何故か」に答えるには明らかとなったピースを繋ぎ合わせる科学的な論理が必要となる。

    論理、というと一分の隙もなく積み重ねられ、誰でもが同じ道筋を辿って同じ解釈をし同じ答えに至るもののように聞こえるけれども、自分の経験から言っても大概の場合、集められたピースはどこかしら不完全で、一つの解釈から次の解釈へ移るステップには飛躍が必要となる。普通の科学者はこれを嫌い、不確実なところへは中々踏み込まない。結果、話はAはBである式の無味無臭のつまらないものとなる。

    ところが同じ材料でも、すぐれた科学者の手にかかると誰もが納得できる論理が展開されずっと先へ見通せるように思えることがある。すっかり判ったような気にさせられるのだ。それはどこかしらストーリーテリングと通じるものがあるのだと思う。すっかり判ったような気になって、後から一人で同じ材料で話を積み上げようとすると、あちらこちらに歪みが生じて何とも歪なものが出来上がってしまう。そんな経験を自分も何度もしてきた。上手な語り手の話には無理がない。それを科学的な直観力とみてもよい。

    福岡伸一が次々と本を出しそれがポピュラリティを得るのは、科学的な内容に対する興味もさることながら、彼がすぐれて科学的であるからこそ同時に文学的でもあり得ていることが大きな要素なのだと思う。本書でもそれがやはり見て取れると思う。それはひょっとすると彼が人間の快感ということに深い思考と理解を抱いていて、欲望ということの本質(恐らくこの言葉は「生物学的に」という修辞を必要とするだろう)に対して、するどい理解を得ているからなのだろう、と思うのだ。

  • ・遺伝=本のシリーズを両親から受け取ること。
    23冊のシリーズが精子・卵子で選択される。
    選ばれる本は違うけど、中身は一緒。ただし乱丁もある。

    ・表現が文学的・詩的で小説を書いたら面白いだろうなぁと思った。

    ・雑誌のインタビューでセンスオブワンダーという表現をしていた。生き物の美しさ、面白さを感じるセンスを人はもっていて、その感性に触れるような生き物のまなざしがよかった。

    ・10億年間メスのみの生殖をしてきて、危機になると、オスが登場。メスのカスタマイズ版であるために、オスには身体の構造上の不備があったりする。

    ・ある意味、下ネタなのですが、生きものが命をつなぐ営みとみると、面白く、神秘的。生物学としてとらえたら、エロい印象も与えないもの。

    ・ポスドクの生活の実態も面白かった。

  • スゴく面白かった。こんな風に生物学についての歴史も含めて、その面白さを伝えてくれてくれて感謝。

  • 二度目の拝読。知り合いの医師に勧めました。タイトルに似合わずなかなか専門的で夏休みはこれを読むだけで終ってしまったとか(笑)。私は専門的な箇所はさらりと軽い気持ちで読みました。福岡先生の哲学的な文章表現が大好きです☆

  • できそこないの男たち・目次

    第1章 見えないものを見た男
     ・万能の視力
     ・27歳の好奇心
     ・精巧な高性能レンズ
     ・アニマルキュール
     ・精子の発見
     ・見えるとは

    第2章 男の秘密を覗いた女
     ・小さな生命たち
     ・彼女の視線
     ・大きな壁
     ・生命のみずみずしさを保つために
     ・技術の過程
     ・観察を支えた信念
     ・ある論文

    第3章 匂いのない匂い
     ・秘密の場所
     ・偶然のいたずら
     ・全46巻の一大叢書
     ・Y染色体——ちっぽけな存在
     ・編集上のミステイク
     ・ジンク・フィンガーY

    第4章 誤認逮捕
     ・不吉なニュース
     ・ヒトゲノムの森
     ・DNAの相補的構造
     ・DNAの追跡(トレース)
     ・意外な結果
     ・直感の罠

    第5章 SRY遺伝子
     ・新事実
     ・さらなる疑問
     ・真犯人
     ・次の一手

    第6章 ミュラー博士とウォルフ博士
     ・人間は考える管
     ・生命の基本仕様
     ・岐路
     ・刺客の仕事
     ・不細工な仕上がり

    第7章 アリマキ的人生
     ・アリマキの生活
     ・メスだけの高速繁殖戦略
     ・できそこないのメス
     ・不思議な現象
     ・わずかな変化
     ・強い縦糸と細い横糸

    第8章 弱きもの、汝の名は男なり
     ・やがて世界は女性のものに
     ・弱い男
     ・生物学的な運命
     ・宿命的な弱さ
     ・がん——それは偶然の積み重なり
     ・両刃の剣

    第9章 Yの旅路
     ・写本の系譜
     ・女性と男性のルーツ
     ・出アフリカ——写本の世界地図
     ・日本列島のY
     ・「お世継ぎ」の価値
     ・チンギス・ハーンの痕跡
     ・唯一の偉業

    第10章 ハーバードの星
     ・秋のボストン
     ・羨望の女性
     ・分子生物学のパイオニア
     ・ゴシップ記事

    第11章 余剰の起源
     ・かけめぐったニュース
     ・サラリー・キャップ
     ・総資産額
     ・刑務所の門
     ・余剰

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする