ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.80
  • (4)
  • (20)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035174

作品紹介・あらすじ

20世紀を代表する美術家であるアンディ・ウォーホル(1928‐1987)は、生前における多方面にわたる活躍やメディアへの頻繁な露出から、これまで様々な流言飛語に曇らされ、毀誉褒貶に包まれていた。しかし、1989年にニューヨーク近代美術館で大規模な個展が開催され、94年にはアメリカにある個人美術館としては最大のアンディ・ウォーホル美術館が開館するなど、その多面的な芸術は正確に評価されつつある。「孤独なトリックスター」の実像とは-。本書は、日本での大規模なウォーホル回顧展にも関わった美術史家が、ウォーホル芸術の意味と本質に迫り、それを広く美術史の中に位置づける画期的論考である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宮下さんの本としては、はじめの頃なんですよね。でも、語り口はおんなじなんです。ぼくは好きですね。https://plaza.rakuten.co.jp/simakumakun/diary/201906130000/

  • キャンベルスープ、モンロー、毛沢東 etc. どんな背景で生まれてきたのかわかった!う〜ん。奥が深い。笑 関連書籍、あと2冊読むぞ!

  • 自分の思う素晴らしき軽薄さみたいなのをウォーホルはすでに表現していて普通にすごいとおもいました こういうのを文芸とか音楽でやりたい

  • モダンを否定したポストモダンはプレモダン、古典、土俗との共通性がある。宮下氏を通して、ウォーホルにそのことを見る。人間には時代に左右されない要素や構造がある。

    ・モンロースマイル
    ・写真は恐怖、絵画は哀悼
    ・イコンは媒介

  • ウォーホルの人間性に深く迫っている。ただ、正直言うと割と一般の人もそう思うだろうな、という話が多く、余り発見がなかった。要は彼はクールでそこらの芸術家とはカテゴリが違うということ。

  • ポップであることの本質は誰にでもアクセスできることではない、誰からも切り離され、ただ時代のみと繋がっている事だ。大量生産によるイメージの喚起というウォーホルのコンセプトは資本主義と社会主義、20世紀における2つの思想の交差点であり、同時にシルクスクリーンを効果的に用いたアナログな手法は今となっては図らずしも前世紀的な意匠を感じさせてしまう。彼の作品は芸術でありながら自己表現とは無縁であったが、彼の人間性にまで踏み込んだ本書を読んだ後には、逆説的にそれこそが自らの人間性を守る手段であったのかもと思えてくる。

  • 20131207

  • ウォーホル作品のタナトス的側面に対して、
    思い入れが強すぎる気がした。
    とは言え、悪い本でもない。

  • 60年代の作品を中心にとても丁寧に解説されている。勉強になった。あくまでもアンディ・ウォーホル本人ではなく作品ありきで解説してくれているので、余計な先入観をもつことなく没入できた。結果として、作者本人を知る事ができたようになったのは面白い。
    キャンベル・スープ缶の作品などは、この本を読むまでは大量消費社会を単純に皮肉ったものだと思っていたが間違っていたようだ。もっとフラットな世界観を提示していたことがわかる。そのアプローチの仕方にこそウォーホルの功績があるのだと思った。

  • ウォーホルの絵はま家から好きで、どんな人物かよく知らなかったことからこの本を開いた。正直、生と死がテーマであるとか、敬虔なクリスチャンであることからくる考え方など、少しも考えかなった。絵から伝わってこなかったのは、まったく私の無知と眼力のなさだった。これから、日記などを読んで知識を広めて、再度、彼の絵を見てみたい。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年名古屋市生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科准教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。著書に、『カラヴァッジョ――聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞など授賞)、『カラヴァッジョ(西洋絵画の巨匠11)』『フェルメールの光とラ・トゥールの焔――「闇」の西洋絵画史』『モディリアーニ モンパルナスの伝説』(以上、小学館)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)など多数。

ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡 (光文社新書)のその他の作品

宮下規久朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする