世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

著者 : 菅原琢
  • 光文社 (2009年12月16日発売)
3.75
  • (17)
  • (55)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :340
  • レビュー :53
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035372

作品紹介・あらすじ

新進気鋭の政治学者が、印象論を排したデータ分析を駆使して、マスコミ報道の問題点や、世論調査を曲解して惨敗した自民党の迷走を描き出す。

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011 1/5読了。Amazonで購入。
    データを自分の考えに合致するように都合良く解釈してしまう「確証バイアス」による世論の曲解を避けるために、多角的にデータを集めて「読む」ことが重要である例として、2005年の郵政解散から2009年の自民党大敗に至るまでの自民党政治の失敗を取り扱った本。
    要はデータリテラシーの本か、と思って読み進めてたら終章にまさに「政治の専門家や在野の床屋政談家のみなさまの、世論や選挙の数字に対するリテラシーを高められればと、この本を出した次第」とあった。
    自分のフィールドでは注意していても日常生活ではなかなか多角的にデータを集めて・・・ってのは厳しいところもあるが、政治の専門家であるところの人には本来、当たり前にやっていなければいけないことのようにも思う。
    もっとも、その前提としてデータを読む能力が浸透している必要があるのだろうが・・・冒頭で図表を多用することに断り書きがあって驚いたが、図表が多い本に馴染みがないって言われてしまうともうその時点でかなり辛いものがあるものな・・・

  • 以前より、政治家やマスコミや評論家?の「小泉改革の反動」との言説に大きな疑問を感じていた。そして、自民党がますます一部既得権益者の声に傾斜していくさまを見ていると、落日とはまさにわき目もふらず坂を転げていくことだと思わざるを得なかった。
    本著はデータにもとづく論証であり、わが意を得たりとの感を強くできた本であった。

  • 2009年自民党から民主党に政権が交代した。自民党が大敗したのは自分たちの支持低下の原因を見誤ったことにある。特に麻生太郎が国民に人気が有ると勘違いして総理にしたのが大失敗。元から人気が無かったのに加え、総理になってしまったことでその無能ぶりが広く知れ渡ることになり、とことん落ち込んでいった。しかしなぜそのような勘違いをしたのか。それが世論の曲解であるのだが、そのからくりは本書を読むとわかる。それにしても小泉・安部・福田・麻生はひどかった。それぞれの父や祖父はなかなか良かったのだが・・・

  • 新書にしてはあり得ないほど濃密な内容
    著者のブログやTwitterとも合わせて、小泉氏以来の国政選挙に関して多くの知見を得ることができると思います
    社会学関係の物書きの人たちが自業自得とはいえ完膚なきまでにやられていますが多少同情しないでもない

  • 麻生さんが人気があったのは、産経新聞がそういう報道をしたから。それによって麻生さんは国民に人気がある、選挙に強いという言説が広まっていった。

  • 話題になっていたのは知っていたけれど、もう古いことだしなあと思って読まなかった本。
    読んでみたら、たしかに扱っている事項は古いんだけど、充分に普遍的なリテラシーのすすめが書かれていた。タイトルが悪いなあ。

    あの名著『社会調査のウソ』のバリエーションって感じ。

  • 世論というのは曲解されるらしい。
    かばしまさんのお弟子さんだってね。

  • データを検証して政治状況を適切に分析していくという内容には共感。けれど、「小泉政治が不人気だから自民党は政権交代した」のではなく、「小泉以降の総理大臣が古い自民党に戻る政策を推し進めたので有権者は離れた」という分析には半分納得・半分腑に落ちない。たしかに小泉以後の総理大臣にそういう側面はあったかもしれないが、やはり小泉の進めた(と言われる)構造改革路線・規制緩和路線による格差社会の進行は評価されたなかったのではないか。そのことが政権交代の要因になったのではないだろうか。そのことに触れられてないのが残念。

  • これを読んだ上で、2013参院選をどう分析するか。→『Voice』2013 9月号

  • 2007年の参院選及び2009年の衆院選での自民党敗北を受けて、なぜ自民党は世論調査とは異なった政策を打ち出したのかを考えている。この時期の自民党の敗北は、小泉改革(=ネオリベ的市場原理主義)政策を推し進めたことによる負担を国民が嫌がったことが原因であるというのが通説である。が、本書で著者が行った分析によるとこのような改革路線が嫌われたのではなく、改革路線をぶれさせ愛国的な懐古路線(「戦後レジームからの脱却」に象徴されるを嫌がったものによることが原因であるという。その他社会調査によって色々なこと(若者が右傾化している傾向は見られないetc...)がわかる。
     が先日の選挙(2012年12月の衆院選)は一体何だったのだろうか。自民党が前に出したのは、2007年時点の総裁である安倍である。もちろん愛国的な懐古路線である。この路線が支持されたという事であろうか。

全53件中 1 - 10件を表示

菅原琢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
村上 春樹
J・モーティマー...
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)はこんな本です

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする