ルポ 差別と貧困の外国人労働者 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.76
  • (17)
  • (29)
  • (19)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 246
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035686

作品紹介・あらすじ

日本経済にとって、外国人労働者は都合の良い存在であり続けた。企業の繁栄を支え、あるいは不況企業の延命に力を貸してきた。しかし日本は、その外国人を社会の一員として明確に認識したことがあっただろうか。第一部では、「奴隷労働」とも揶揄されることも多い、「外国人研修・技能実習制度」を使って日本に渡ってきた中国人の過酷な労働状況を概観する。第二部では、かつて移民としてブラジルへ渡った日本人の主に子どもや孫たちが、日本で「デカセギ労働者」として味わう生活と苦労、闘う姿を追う。こうした中国人研修生・実習生と日系ブラジル人を中心に、彼ら・彼女らの心の痛みを描きながら、日本社会をも鋭く映す、渾身のルポルタージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そのモノにとって都合の悪いことは
    なかなか表に出てこない

    悪意がからんでいる場合は
    なおさらのことである

    あらためて
    隣の国との間に地面に国境線がない
    日本の有り様を考えてしまった

    ちょうど 今欧州の難民の問題のことがニュースとして飛び込んできた

    私たちは地球の上に暮らしている
    今 地球上で起こっていることは
    決して 私たちと無関係なものは 何一つないのだ
    と 改めて 考えてしまった

  • 外国人の支援ボランティアを数年来やってきましたが
    就労に関しては最悪の状態になってきていますよね。
    単純労働の製造関係から、現実の舞台は福祉介護現場へとシフトしつつあると思います。いろいろな意見はあると思いますが、彼らの置かれている状況をぜひこの本を読んで知っていただきたいです。

  • ルポ 差別と貧困の外国人労働者。安田浩一先生の著書。日本の重労働は外国人労働者が支えている面が大きい。そんな外国人労働者を差別したり、外国人労働者が貧困に苦しむような社会は絶対に間違っていると思います。日本社会を支えている外国人労働者に対する敬意と尊敬の念を形にして示すような社会であってほしい。

  • 外国人労働者の問題を、中国人の研修生問題とブラジル人の派遣切り問題に焦点を絞って、具体的な事例を紹介していく。これらの問題は統計的なデータを見て考えることより、多くの事例に触れていくことがまず大事であることを再認識した。

  • レビュー省略

  • 中国やブラジルから日本に働きに来る人々の状況をレポートするノンフィクション。想像以上に悲惨なものだった。特に、低賃金で搾取されている中国人研修員(労働法を適用しないためにそう呼ぶ)たちが気の毒になった。経営者に繰り返し性的暴力を受けても、強制帰国を恐れて逃げ出せない研修員もいるという。
    ここ数年は中国も豊かになったので、こんな思いをするために日本に来る人は減っているかもしれない。というより、将来的には日本と中国の立場が逆になるのではないだろうか?お金がある中国に日本人が出稼ぎに行き、現地の人に奴隷のように扱われる日が来るかもしれない。もしそうなったら、同じ日本人として許せないだろう。

    日系ブラジル人も、昔は同じ日本人だったのに、雇用する側とされる側になってしまい、出稼ぎに来ても貧しい生活を強いられているという。移民対策は世界中の先進国で深刻な問題となっているが、解決が見えない。
    外国では、正規の就業ビザ取得が困難なため、法定賃金以下で働くことに甘んじている日本人がたくさんいる。もしくは、ビザサポートと引き換えに、ごく低賃金で働かされている例もある。
    外国で働く者として、いろいろ考えさせられた。

  • 中国人技能研修生と「デカセギ」をする日系ブラジル人の実情がテーマのルポ。前半の内容は、以前の職場で中国人農業研修生と関わることが多かったため、他人事とは思えず、天草では裁判事例に至る事件もあったことすら、正直知りませんでした。どちらも奴隷制や人身売買に近いような際どいことをやっている人達がいるとわかり、ショックを受けます。

    このテーマは難民受け入れ問題にも必ずつながることだと思います。他にも身近に似たような世界があるはずなので、アンテナを張って周囲を見渡そうと思いました。最後の方で介護職にやりがいをみつける人達の話に感心しつつも、どこか日本のエゴという側面を感じてしまいました。そういえば介護職の中に海外から来た人は増えている実感があります。

  • 日本で外国人労働者がどのように働いているか知るいい機会でした。

  • つらい。

  • S366.89-コウ-465 300386729
    (光文社新書 465)

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964 年生まれ。静岡県出身。「週刊宝石」などを経てフリーライターに。事件・社会問題を主なテーマに執筆活動を続ける。ヘイトスピーチの問題について警鐘を鳴らした『ネットと愛国』(講談社)で2012 年の講談社ノンフィクション賞を受賞。2015 年、「ルポ 外国人『隷属』労働者」(「G2」vol.17)で第46 回大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門受賞。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、『ヘイトスピーチ』(文春新書)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)、『学校では教えてくれない差別と排除の歴史』(皓星社)など多数。

「2018年 『「右翼」の戦後史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルポ 差別と貧困の外国人労働者 (光文社新書)のその他の作品

安田浩一の作品

ルポ 差別と貧困の外国人労働者 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする