人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.40
  • (10)
  • (46)
  • (32)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 542
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行動分析学。確かに、待ち合わせ場所までの所要時間を調べるタイミングが遅いかも。前日には調べようと反省した。

  • 行動分析学の類書(新書の入門書)と比較すると、題材や応用例を教育(特に発達障害)に絞っていないため取っ付きやすい。タイトルにもある「人は、なぜ約束の時間に遅れるのか」もその一つ。サラリーマンが仕事に応用しやすいのも本書。読みながら「トヨタ流のなぜなぜ分析に行動分析学、心理学の側面から妥当性裏付けを与えている」と感じた。
    一方で、独自の概念化が必ずしも分かりやすさにつながっていない。特に「視考術」は、思考ツールとして分かりにくい上に、メソッドとして固まっていないためにダメな分析のまま考察を進めても本人が気づいて直す手がかりがない。
    著者による分析事例はなるほど見事だが、いざ自分でやろうとすると手が止まる。何から手をつければいいのか。何を切り口にすればいいのか。何を基準にすればいいのか。逆にべからず集は。
    発想、心構えとして行動分析学を知るにはいい本だと思うが、ツールとして使うには甘い。

  • 行動分析学入門。ABCをより自由に描くことにより人間の行動と随伴する環境との環境を可視化し(本書では視考術と読んでいる),行動の原因を内的で測定が難しいもの以外にもあるという考え方を紹介する。個人攻撃の罠から脱する批判的思考につながる。
     成績がいいのはあの人が優秀だから
     部屋がきれいなのはあの人が几帳面な性格だから
     人の名前を覚えるのが苦手なのはもともと記憶力が低いから
    よく使うもっともらしい原因が本当に原因なのかを考察する。

    P.219自分とは行動を決める主体ではない。なぜなら,行動を決めるのは,遺伝的要因も含んだ過去と現在の随伴性だからだ。

    P.221行動が消去されると攻撃行動が自発されることが分かっている

    p.238プロの仕事は,感動や解釈を生み出す,事実や具体物の仕込みにある。これと同じように,行動のなぜを性格や能力や記憶や道徳心や意志のような見えない心の概念で説明してしまっては楽屋落ちと同じになる。

    著者の主張はあとがきで簡潔に記述されている。

  • 行動分析学。「だらしなさ」と「几帳面」で終わらせてしまってよいのだろうか?という話。なぜジベタリアンが増えたのかという話も、巷でよく言われる「道徳心の低下」というより、現代社会の様々な要因が重なり合って派生している点をあげている。日常でつい忘れがちな貴重な視座。

  • 人はなぜ約束の時間に遅れるのか
    人はなぜ約束の時間に遅れるのか、から始まり、今まで性格や県民性という、どちらかという個人の資質で片付けていた行動性向について、その行動を環境や行動を強化するであろう要因を探る事により原因を探る事を提唱する。
    個人の責任ではなく、行動を強化する要因や弱化する要因により目的の行動を目指す事を可能にしようとする。
    ほとんどの人が常識的に考えている事が実は真実ではないと気づかさせてくれる内容である。
    自分も、自分の行動について、自分の能力や性格を言い訳にするのでなく、目標とする行動を強化するための環境づくりを目指していきたいと思う。

  • 表題の問いに対して「ずばら」だから、とか「B型だから」という答えを返す人、必見の一冊。

    行動分析学の入門書というのではなく、「行動分析学」を行う人がどのようなアプローチで物事を考えるのかを示した内容になっている。

    基本的に分析というアプローチなので、人の行動の原理つまりブラックボックスの中身を解明するような方法論は採らない。単純にインプットとアウトプットを観察することによって、どのようなインプットでどんなアウトプットが出やすいのか、を注意深く観察し、仮説を立てる。

    この手法であれば、問題に対する具体的な行動を考えやすくなるというメリットがある。「性格」を変えよう、という曖昧なものではなく、出かける前に忘れ物がないように限界にお出かけセットを準備しておく、とか、優先座席だと一目で分かるように車内ではなく席のカバーそのものに「一目で分かる」区別を付けておく、というアプローチだ。

    こういう実際的なアプローチによって解決できることは多い。人類が抱える問題全てを解決することはできないかもしれないが、日常的に応用できることは多いと思う。

    まず、「行動の原因」を考える。そういうやり方を憶えるために適している本だと思う。

  • 2018/04/26(木)図書館にて借用。
    2018/05/10(木)図書館へ返却。

  • 知恵袋的な生活テクニックを予想させるようなタイトルに見えるが、そんなレベルにとどまらない深い考察であった。

  • 行動分析学的「視考術」の利点を日常的な豊富な具体例から説く。
    心のコントロールがうまくいかずに悩んでいるときには、心をわきに置いて、行動や環境を「見える化」して考える、こういった理性的なやり方が効果的だと思う。
    心のもやもやを晴らす効果がありました。(^^)

  • <概要>
    行動科学の入門書であり、
    タイトルにあるような
    「人はなぜ約束の時間に遅れるのか」
    といった現象を人間の性格といった心に
    求めるのではなく、その行動を強化するプラスの要因と
    マイナスの要因を視覚化する「視考術」によって
    分析する。

    「時間に遅れる」といった理由を
    「だらしないから」といった性格や心に求めても
    なぜ「だらしないのか」といった解決にはならず、
    循環論法になってしまい、人格攻撃になってしまう。

    それよりは対象者の行動に注目することにより
    1 その行動が生起される条件は何か?
    2 それにより発生するメリットデメリットは何か?
    を考えたほうがはるかに解決に結びつきやすい。
    特に2の行動のメリット・デメリットが大切である

    例えば都市部といなかでは時間に対する間隔が違い、
    一般的にいなかのほうが時間にルーズである
    その要因を「だらしない」ではなく、
    例えば(交通手段から)そもそも時間を見積もることが
    難しいといったメリット、デメリットを
    軸に行動が起こる原因を解説している。

    本書ではこのように遅刻の例だけではなく、血液型、
    記憶、道徳観、詐欺などについて心の内面ではなく、
    行動のメリット、デメリットという視点から
    分析している。

    ためになる点としては以下のような内容(私の解釈も含む)
    ・変化させたい場合、その行動の思いつくメリット、
    デメリットをできるだけリストアップする
    ・ミスしやすかったり、忘れやすい場合はその行動を
    起こしやすい環境を作る。
    ・増やしたい行動はどうのようにすればメリットを
    つけられるかを考える
    ・効果が不確実なもの、結果がわかるのが行為から
    時間がたつものは強化されにくい

    <感想>
    最近よく読んでいる行動分析学の本。
    内容は初歩的であり、専門用語はあるものの十分わかり
    やすい。

    対象者の心ではなく、行動のメリット、デメリットを
    考えるというのは
    ・目に見える行動を中心に考えるので、測定が可能
    ・筆者も言っているが無用な人格攻撃に陥らない
    などの利点があり、問題解決に結びつきやすい。

    実際、教育や医療、ビジネスの現場でもこれらの方法を
    臨床に応用したものが使われており、科学的に効果を
    上げられる手法として期待がもてる。

    ただ、ビジネス向けに応用したものとしては石田淳氏
    の書籍のほうがややわかりやすい

    <詳細な採点基準>
    個人的採点(5段階で)
    読みやすさ・・・・4
    (具体例がふんだんにあり、筆者の説明もわかりやすい)

    オリジナリティ・・4
    (遅刻を心ではなく行動で考えるというのは目新しい)

    理論的背景・・・5
    (行動分析学自体がしっかりと体系付けられた学問分野である。)

全56件中 1 - 10件を表示

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書)のその他の作品

島宗理の作品

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書)に関連するまとめ

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする