体験ルポ アメリカ問題児再生教室―殺人未遂、麻薬、性的虐待、崩壊家庭 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (1)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011年刊行。少数事例だけだが、内容は興味深い。また、著者と少年らとの別離の場面は涙ぐむ。ミクロの観点では、教師らの努力・家庭との連携が重要。マクロの観点では、貧困解消やドラッグの抑制の重要性を感じる。

  • アメリカで学校生活が他の人とできない問題児に勉強を教える学校(opportunity school)で子供を教えた著者のルポ。
    使われ方は少し違うが、現在日本のいじめの問題で、公立高校は「クビ」の制度がないからいじめがエスカレートするし、教師は手に負えなくなっているという問題があるが、加害者をこういった特別学校に入れるという制度にしていじめ減少につなげられないものか。

  • 経費も少なく色々と制約があり厳しい中で、先生たちがどうにかして子供たちを導いてあげることができるか、悪戦苦闘する姿にただただ頭が下がる。麻薬や銃といった問題は海外ならではですね。

  •  アメリカの教育問題がよく見えてくる。「教育を通じてアメリカ社会の闇をえぐる」といったような社会学的要素はない。著者はひたすらに子どもと接し、彼らのベターライフのために力を尽くす。それだけの話だ。でも、本当に心を揺さぶるのは、そんな話だったりする。

  • 新聞の広告で見つけた買った。読んで後悔した。少なくとも中身をちょっと見てから買えばよかった。この筆者の作品は二度と読まない。
    こういうのを本にして売ってしまうこの出版社の新書も信用しないことにする。

  • ご苦労さま

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

林 壮一(はやし そういち)
1969年、埼玉県生まれ、東京経済大学卒。
週刊誌記者を経てノンフィクションライターに。現在は、東京大学大学院情報学環教育部に在籍。大学時代にアルゼンチンのプロチーム・エストゥディアンテスに短期留学した経験がある。おもな著書に、「神様のリング」(講談社)、「マイノリティの拳」(新潮社)など。

「2013年 『進め! サムライブルー 世の中への扉 サッカー日本代表 感動の20年ヒストリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

体験ルポ アメリカ問題児再生教室―殺人未遂、麻薬、性的虐待、崩壊家庭 (光文社新書)のその他の作品

林壮一の作品

ツイートする