「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (36)
  • (79)
  • (95)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 763
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036256

作品紹介・あらすじ

才能も、性格も関係ない。増やすだけで、すべてうまくいく。成長も上達も、人間関係も、必要なのは勉強より「意識の量」だ!悩まず、スッキリ「できる人」になる齋藤流・身体と心のレッスン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二つの感想をもった。
    1.意識の量を増やせば充実した人生が送れるんだろうなと思った。そのためには努力も必要だし、リスクを取りに行かなければならない。とにかく日々なにを意識しているのかを意識する訓練の積み重ねだと思う。

    2.といいながらも、四六時中物事を考えたくないなーという怠惰な感想を抱いたのも正直なところ。

    しかし!努力なくして進歩なしですからね。死ぬまでぼーっと生きるのか、それとも自分の可能性を試し続けるのか、さぁ選択するのは自分!
    「人間は考える葦である」

  • 心に残したい言葉。

    ■コミュニケーションは本来それ自体が目的ではない。意味や感情をやりとりすることで、相手とのあいだに信頼関係ができること、それによって良好な、あるいは有益な関係が結ばれることにある。
    ■コミュニケーションとは、意識を交換するものだ。
    ■意識は、交換するところに価値がある。貨幣みたいなもので、有効に使ってこそ意味がある。

  • よい仕事をする人は気配りが行き届いている。
    気配りとは、様々な視点から物事をみていること。
    物事を様々な視点から見るには、様々な視点を意識していなくてはいけない。
    ゆえに、つねに様々な視点での意識をもつ訓練を行うことを通じ、この意識リソース(文中では「意識小僧」と表現)を増やしていくことで、よりよい仕事が可能になる。
    要は、自分のことばっかりじゃだめですよってことですね。同感。

  • 出張の折に電車の待ち時間があったので本屋に寄ったときに目についた本。新幹線での移動中に読了。

    無意識・無自覚な言動を意識的にすることを推奨している。そして意識的にするためのヒントが書かれている。

    おもしろいと思ったのは「意識小僧」の表現。意識の量を増やすための具体的なメソッドとして、自分の指令で動く分身たち、「意識小僧」を出動させるという考え方。並行処理が苦手な私にも役に立つ考え方と思える。

  • 意識の量に意識をしていなかった生活から、変わるだけでもいろいろな面で良いスパイラルになることが理解できる。
    著者の言う通り、最近意識の量が少ない人が多い

  • ★目的
    意識を増やすことで自分で気づくこと、自分で考えられることを増やしたい。
    インプット以外で、意識を増やす方法はあるか?またインプットを意識のために使う方法はあるか?

    ★感想
    序盤はフムフムが多かったけど、中盤以降あまりパッと来ず途中で飽きてしまった。

    要は、意識が多い人=空気が読める人ってことだと思った。
    空気が読める人は、自然と仕事ができる人だったりすると。舞岡は顕著だった気がするな〜。
    海外旅行に行った時が、意識が多い状態。つまり周囲にアンテナ張り巡らせまくってるってことだよね。
    ただ、いい人!ってわけではなく、意識を多くすることで、自分が求められていることを的確に理解して役割をこなす、だから仕事ができるというわけ。

    なるほど文章→選手(社員)にとっていい監督(上司)は、自分を使ってくれる監督(上司)。使われなかったらヘソを曲げるのではなく、なぜ起用されなかったか分析して練習する。監督(上司)にとっていい選手(社員)はリクエストにちゃんと答えてくれる選手(社員)。

    意識を増やす方法として、言語化するは必要!
    何がどうすごい?どうやばいか?
    構造的に整理してメモをとる(一目見て理解できる)
    自分のインスピレーションも同時にメモをとる
    意識を増やして、ただ聞くだけ、ただ読むだけから脱出。相手の話も深く聞くようになれそう。

  • ・内容
    キーワード: 意識、EQ(社会的知能)、自己        客観性、感知力・対応力
       
    【ソーシャルインテリジェンス】
    意識の量を訓練により増やし、集中させることで人間関係をうまくやっていける能力(=社会適応力)。加えて、感覚の鋭化、優先順位も重要。

    ・メモ
    近年、意識の曖昧さ・切迫感の無さが顕著。人柄がいいのと使える人材かは全く別。やっているつもりとできているは全く違う。多くのことを同時に意識し、その意識配分を間違えない。意識は志向性を持つ。思いやり、気遣いを自然に行う。意識のトレース【人の意識に入り込む感覚】を養う。意識を上手に用いて、細胞レベルで自分を変えていく。スポーツ等における体験として、ゾーン、フローがある。

    参考: 思考の整理学【ちくま文庫】
      『思考』のすごい力【PHP研究所】
    語彙: 俯瞰、件(くだん)、齟齬

    ・自分の感覚
    白・黒、グレー、グレースケール。
    顕在意識(マインドフルネス)と潜在意識。

  • 意識の量を増やせ!ってどうゆうことなのかと思ったら
    要は質よりも量、常日頃様々なことにアンテナを張り巡らせろということ(らしい
    意識高い系とは全く違う「意識の量多い系」ってことですかね(たぶん
    ベテランと新人の例で言うならば、どんだけ場数を踏んできたかってこと
    そこでちゃんと自分の糧になっているという事だと思う
    自己啓発系の本は普段読まないのだけど、これは良いなと思った。
    胡散臭くないから。はっはっは
    自意識メタボ。この言葉凄く好き。

  • 仕事が出来る人は意識の量が多い人のこと。意識の量を増やすのは、訓練すれば出来ると説いています。

    仕事が出来るとはどういうことか、頭がいいとはどういうことか、これまでと違う気づきを得ることが出来ました。

    ポイントは「質ではなく量」を言っていること。意識を研ぎ澄ませといってもなにをすればいいかわからないが、量を増やすのは具体策がわかりやすい。

    色々なことに興味を持つこと、知らない場所に行ってみる等刺激を得る努力が必要。

    臨機応変な対応が出来るには相手視点の意識を常にしておかないといけない。

  • とにかく続ける。その結果意識の量が増える。
    幼稚園の日課を見ていてもその意を強くする。
    人の話を聞いて言語化する。
    リストアップすることはよいトレーニングとなる。
    自意識を捨て、自分を変えていく。

    人脈とは誰を知っているか。ではなく、誰に知られているか。

    よくしゃべる。よく間違える。よく笑う。つまり、よくトライし、よく失敗し、どんどん吹っ切る。

    環境を変える。そして今何を意識してやっているかを常に考える。

    意識の量を増やす。とは著者の標語とのことだがよく分かり、共感できる。

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)のその他の作品

齋藤孝の作品

「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)を本棚に登録しているひと

ツイートする