専門医が教える がんで死なない生き方 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.58
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中までしか読めてないが、ようはガンはなるべくしてなるし、不健全な生活を送っているとだめってことやな。

  • この方の本 以前は 好きだったが、近藤誠氏の本を読むようになって 信じられなくった。近藤氏の様な 文献やデータ等の裏付けが 甘いように感じるから。
    この本の内容も ちょっと 疑心暗鬼なとこも。。。
    っていうか がんで死んでもいいやんと思うのは、駄目? 日本人の半数以上が がんで 死ぬんだし。

  • 一日一合なら休肝日はいらない。
    週に7合でも同じ。
    一日2合の場合は、休肝日が必要。

  • 東大病院放射線科の先生が書いた本。
    がん全般に関して、平易な文書で要点をコンパクトにまとめてあります(個人的には、主張を裏付ける参考文献の記載も欲しかった)。
    がん予防に関しては、「禁煙」「バランスのとれた食生活と適度な運動(適量のアルコールも含む)」「がん検診」の重要性を繰り返し述べています。
    福島第一原発の事故に関連して、放射線の発がんへの影響も分かりやすく解説されていました。
    本書の序論に『日本人は、2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで死ぬ。それなのに、がん検診の受診率は非常に低い。「死ぬつもりがない」といった歪んだ死生観があるのではないか』という趣旨の文章に妙に納得してしまいました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

中川恵一(なかがわ・けいいち)東京大学医学部附属病院放射線科准教授、緩和ケア診療部長。1960年東京生まれ。1985年東京大学医学部医学科卒業、同年東京大学医学部放射線医学教室入局。1989年スイスPaul Sherrer Institute客員研究員、2002年東京大学医学部放射線医学教室助教授などを経て現職。著書に『がんのひみつ』『死を忘れた日本人』『放射線のひみつ』『放射線のものさし』(以上、朝日出版社)、『がんの練習帳』『専門書が伝えない がんと患者の物語』(以上、新潮新書)、『ビジュアル版 がんの教科書』(三省堂)など多数。厚生労働省「がん対策推進協議会」委員、同「がんに関する普及啓発懇談会」座長、同「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、日本放射線腫瘍学会理事。

「2013年 『最新版 がんのひみつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

専門医が教える がんで死なない生き方 (光文社新書)のその他の作品

中川恵一の作品

ツイートする