天職は寝て待て 新しい転職・就活・キャリア論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.87
  • (24)
  • (49)
  • (22)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 287
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036775

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実は私自身、三十代前半にして既に二回の転職経験があるのだが、この本はかなり本質を突いているように思う。
    本書では、転職を手放しで賛成、反対する訳ではなく、極めて冷静に捉えて、多くの名著からの引用を元にキャリア論を展開している。
    と同時に、「ではどうすればいいか」について実践的かつ有用なアドバイスも書かれている。
    これから就職、転職しようとしている人に是非とも読んでもらいたい。

  • 未来を予知しようとするのは 、夜中に田舎道をライトもつけずに走りながら 、後ろの窓から外を見るようなものだ 。一番確実な未来予知の方法は 、未来自体を作り出してしまうことである 。ピ ータ ー ・ドラッカ ー 『マネジメント 』

    違う考え方とは 、すなわち 、日本ではむしろリスクをとったほうが有利だ 、という考え方です 。なぜか ?理由は単純で 、リスクをとる人が少ないからです 。リスクをとる人が少ないということは 、 「チャンスがそこにある 」ときに 、リスクをとってそれを獲得しようとする人が少ない 、ということを意味します 。これを競争戦略の枠組みで言えば 、心理的な参入障壁が高いために競合が少ない 、ということになります

    必要に迫られた際に大胆で不敵であるのは 、思慮に富むのと同じである 。マキアヴェッリ 『フィレンツェ史 』

    かつてサッカ ー日本代表の監督を務めたフィリップ ・トルシエは 、初めて来日した際 、 「誰も赤信号を渡らないことにショックを受けた 」と述懐しています 。なぜ 、赤信号を渡らないことにそれほどまでにびっくりしたのでしょうか ?彼にとって 「赤信号をただ待っている 」というのは 「自分で状況判断して行動できない証拠 」だというのです 。こういう文化の中で育った選手はフィ ールド上でも主体的な判断ができない 、まず 、自分で状況を判断しリスクをとって主体的に動くというメンタリティを選手に植え付ける必要がある 、というのが彼の最初の日本人観だったそうです 。私を含めて日本人の多くは 、 「たとえ車が来なくても 、赤信号は待つものだ 」と思っているわけで 、このトルシエのコメントには大変戸惑うわけですが 、裏を返せば 、それだけ 「抜け駆け 」に対する社会的な圧力や規範に 、我々が強く縛られているということでしょう 。 「出る杭は打たれる 」ということです 。

    *リスクテ ークは競争戦略的には有効 2 0 0 5年から 2 0 0 8年にかけて世界各国で実施された世界価値観調査によると 、日本は世界でもっともリスク回避性向が強い ( * 5 )という結果が出ています 。転職についてネガティブな先入観を持っている人は 、このデ ータを見て 「ほら見ろ 、だから転職は日本の民族性や文化には合わないのだ 。やはり一度入った会社で勤め上げるのが日本人には合っている 」と言い放ちそうです。すが 、私はちょっと違う考え方をします 。違う考え方とは 、すなわち 、日本ではむしろリスクをとったほうが有利だ 、という考え方です 。なぜか ?理由は単純で 、リスクをとる人が少ないからです 。リスクをとる人が少ないということは 、 「チャンスがそこにある 」ときに 、リスクをとってそれを獲得しようとする人が少ない 、ということを意味します 。これを競争戦略の枠組みで言えば 、心理的な参入障壁が高いために競合が少ない 、ということになります 。いま 、目の前に大きなぶどうの房がぶらさがっているという

    人生を見つけるためには 、人生を浪費しなければならない 。アン ・モロ ー ・リンドバ ーグ

    何々になろうという者は多いが、何々をしようという人は少ない。
    長岡半太郎

    速度を上げるばかりが 、人生ではない 。ガンジ ー

    これがどん底だ といっていられる間は、たいていどん底にはなっていないものだ。シェイクスピア「リア王」

    過ぎたことを悔やんでも仕方ないじゃないか。目はどうして前についていると思う?前向きに進んでいくためだよ。
    ドラえもん

  • 要約すると「鬱になりそうならすぐさま転職しなさい。そうでないなら、一度これまでこびりついた自己愛やら虚栄心を清算してじっくり考えてから、行動を起こしなさい」ということか。先ごろ読んだクランボルツ&レヴィン『その幸運は偶然ではないんです!』と同じことを指摘しており(実際に引用もされている)、いまどこに立っており自分がどういう状態なのかを冷静に見極めることで、展望が開かれることが多いと説く。あと「平均への回帰」。人生は帳尻が合うようにできているから、目先の損得に惑わされるな! 思い当たるフシがある。「果報はキョロキョロしながら身構えて待て」ということか。あと、二十代、三十代は、馬車馬で行こうということらしいです。もちろん心身の健康をギリギリ保つことが条件です。

  • 「何々になろう」とする者は多いが、「何々をしよう」とするものは少ない 長岡半太郎

    サン=テグジュペリ 愛するとは、お互いを見つめ合うことでなく、一緒に同じ方向をみることだ

    TOEIC
    730点 どんな状況でもコミュニケーションができる素地を備えている
    860点 non-nativeとしは十分なコミュニケーションがとれる

    ショーペンハウエル 読書とは、他人の頭に考えてもらったことをなぞるだけなので自分の頭で考えなくなる

    ベイジル・リデル=ハート 外交の要諦は、「宙ぶらりんの状態に耐えること」である

    困難は忍耐を生み、忍耐は練達を生み、練達は希望を生む 新約聖書 ローマ書

    デビアス社 ロスチャイルド家の資金バックを得て、キンバリー地区の鉱山会社をすべて買収し、カルテルを形成して供給量を制限することで、ダイヤモンドの希少性を回復した

    三大幸福論 ラッセル、アラン、ヒルティ

    「これがどん底だ」などと言っていられる間は、どん底にはなっていない シェイクスピア リア王

    過ぎたことを悔やんでも、しょうがないじゃないか。目はどうして前についていると思う?前向きに進んでいくためだよ ドラエもん

    バーバラ・ミント 考える技術 書く技術
    照屋花子、岡田恵子 ロジカルシンキング
    齋藤嘉則 問題解決プロフェッショナル

  • 聖マタイの召命
    Vocation=天職

    天職が思いもよらない時期と場所で他者から与えられるものであると考えた場合、
    そのような偶然をよりよい形で起こさせるための思考様式や行動パターンこそが、
    「天職への転職」に最も必要な技術なのではないか?

    ■従来の天職への転職
    戦略策定:ありたい姿と現在の姿のギャップを解消するための一連の計画(バックキャスティング)
    産業や社会が安定的に発展していた20世紀後半のような時期ならともかく、
    現在のような変化の激しい時代には、こういったバックキャスティングのようなキャリア設計は、
    上手く機能しないのではないか?
    戦略論としての理屈はわかるが、実態とは乖離している。

    <クランボルツの調査結果>
    ビジネスマンのキャリア形成のきっかけは、80%の人が偶然。
    キャリアは偶発的に形成される以上、中長期的なゴールを設定して、
    がんばるのはナンセンス。
    むしろ「いい偶然」を招き寄せるための計画や週間にこそ努力は向けられるべき。

    <20年前の就職人気ランキング>
    50社のうち、16社はもう存在しない。
    20年前に入社した人はちょうど会社人生の折り返し地点を回っているところ。
    たった20年でこうなので、現在はさらに予測しにくい。

    <ピータードラッカー>
    「一番確実な未来予知の方法は、未来自体を作り出してしまうこと」

    ■転職の是非
    ・「成功」「失敗」と安易に決めない。
    転職の目的は、「充実した職業人生を送る」こと。
    さらには「幸福な人生を送る」こと。
    それぞれの職場や実生活の体験は、タペストリーの横糸と縦糸のように
    複雑に絡み合いながら、その人の人生を紡いでいく。
    そのように考えた上で、転職の前後で線を区切って「成功だ」「失敗だ」と
    評価するのは難しいを通り越してナンセンス。
    ・ポジティブでいこう。
    「確率が低いからやめておけ」は、ネガティブかつ短絡的な答え。
    飲料分野の新商品が生き残る確率は1%。
    成功確率が低いからこそ、ビジネスマンは必死になって確率を高める努力をしている。

    ■なぜ転職の技術が求められるのか?

  • 著作が多いけど文章が使いまわされててちょっと飽きる。

  • 計画的偶発性(プランドハップンスタンス)理論

  • この本は、タイトルにもあるとおり、「天職」を探すための「転職論」の本です。
    転職ハウツーものではなく、どちらかというと転職にあたっての心構えを説いている内容となっています。

    「天職が、思いもよらない時期と場所で他者から与えられるものであると考えた場合、そのような偶然をよりよい形で起こさせるための思考様式や行動パターンこそが、『天職への転職』にもっとも必要な技術なのではないか」(P10) とあるとおり、この本の基本スタンスとして、その思考様式や行動パターンの説明が中心となっています。
    また概念だけではなく、著者の経験を元にした話もあり、概念も実例も興味深く読むことができた。

    個人的には、哲学書の一節を多数引用していて、天職探しより哲学に興味を持ってしまいそうでした。

  • 仕事の選び方について
    1.エドガー・シャインのキャリアアンカー
    2.自分は課題先行型か好奇心先行型か
    3.好きと憧れは別
    仕事だけじゃなく進路を決める際に役に立ちそう。

    また費用対効果(転職して失うもの対得るもの)の考えたなど、役に立ちそうだと思った。

    人脈を3段階というか、3階層に分ける(親友、同僚、知人)という発想は、割り切ってるなあ。この3種類の人脈は確かに別物で、言ってることはわかるけど、意識したことはなかった。

  • 転職を考えているわけではないが、周りに転職して来る人、転職していく人も多く、どんな心持ちで転職を考えているのか知りたくて読んでみた。電通、BCGと広告、コンサル業界について著者の実感も含めて知れたのは大きかった。コンサル業界で働いている自分に憧れて、コンサルという仕事が好きというわけではないケースにはグサッときた。しかしスタートはそれでも辛抱強く続けていると不思議と能力もついて自分のやりたいことが芽生えて来るというのもまた起こりうる。とにもかくにもせっかく考えて選んだ・選ばれた会社を数年足らずで辞めてしまう人には読んでもらいたい一冊。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科前期博士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』(ダイヤモンド社)など著書多数。神奈川県葉山町に在住。

「2018年 『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

天職は寝て待て 新しい転職・就活・キャリア論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする