プロ野球の職人たち (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.21
  • (1)
  • (14)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036782

作品紹介・あらすじ

"ものづくり"の世界に職人の技があるように、プロ野球にも匠の技術がある。現役・OB問わず、架空の"職人球団"を編成し、その選手やスタッフならではの"ワザ"の秘密に、スポーツ・ジャーナリスト二宮清純が迫る!あらゆるポジションの選手から、華やかな舞台を陰で支える"裏方"まで、球界の職人たちが身に付けた奥義を一斉公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レビュー省略

  • S783.7-コウ-575 300276706

  • 話がディープで「ザ・プロフェッショナル」という内容。

  • それぞれの分野で一流を極めた選手たちの職人魂を、インタビュー記事を交えながら解りやすく解説してくれている。

    巨人選手だった人が一人しか選出されなかったのは残念だったが、たまにはこういう本も良い。

    1番 センター 福本豊
    2番 セカンド 松井稼頭央
    3番 レフト 若松勉
    4番 サード 中村剛也
    5番 ファースト 高井保弘
    6番 ライト 稲葉篤紀
    7番 キャッチャー 古田敦也
    8番 ショート 川相昌弘
    9番 ピッチャー 成瀬善久
    クローザー 高津臣吾
    投手コーチ 佐藤義則
    スカウト 片岡宏雄
    フロント 小林至
    アンパイア 名幸一明

    指名代打もあったら良かったのになぁ。


    (2014/3/4)

  • 感想は後日。

  • 選手だけではなく、審判やフロントスタッフも取り上げての架空の職人球団として取り上げ、それぞれの人物に迫る。

    選手だけなら伝わっている情報があるが、審判やスカウトもとなるとなかなか興味深く読めました。

  • 一気に読めてしまいました。
    プロ野球界には様々なタイプの選手がいます。
    走り屋に代打男、飛ばし屋、女房役、そして守護神などなど…
    それぞれの分野で一流を極めた選手達のインタビュー集です。
    普段は注目されないフロントや審判などにもスポットライトが当てられるなど、なかなか興味深い内容でした。
    願わくは、守備職人的な選手も入れて欲しかったです。(例えば元西武の奈良原や元ロッテの小坂、元阪急の本西など)

  • タイトル通り野球選手の「職人」的な技術とそのための練習方法に注目した本。著者の詳細な取材に基づいて書かれた話なため、野球をやっている人にとって参考になる点が多い。
    題材として選ばれた選手は天才的なわけでも身体能力が図抜けているわけでもないので多くの欠点を抱えている。また、長く選手生活を送っていれば調子の悪い時期、結果のでない時期がある。この本の中で描かれている、いかに欠点を改善したか、いかにスランプを抜け出したかというアイディアや発想の転換はとても興味深い。
    野球のみならず、スポーツはロジックを知るとより面白くなる。この本は単に大騒ぎをするだけの段階から一段上の知的な野球ファンに私を変えてくれた。

  • サラッと読んでしまった。
    プロ野球選手の凄さ、超人的な技術を垣間見ます。

    ポジション別に紹介しているので色んなタイプがいて楽しいです。プロは各々のストロングポイントを持っているし、努力と工夫をしています。

  • プロの世界で名を成した人たちは、漫然と練習を重ねてきたわけではなく、個人の特性を生かした真似のできない技を身に付けることでその地位を実現してきたということが良くわかった。
    どんな世界でも、ひと工夫のための頭を使うことが大切ということなのだろう。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(にのみや せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーランスのスポーツジャーナリストとして独立。株式会社スポーツコミュニケーションズ(http://www.ninomiyasports.com/)代表取締役。『最強のプロ野球論』『プロ野球の一流たち』(ともに講談社現代新書)など著書多数。

「2014年 『プロ野球 名人たちの証言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プロ野球の職人たち (光文社新書)のその他の作品

二宮清純の作品

プロ野球の職人たち (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする