ロマンポルノの時代 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 80年代の頃の話は、同時代のこととして懐かしい。

  • 2016/1/28購入
    2016/2/18読了

  • よくもここまで徹底して調べたものだ。

  • 14番乗り。三省堂書店船橋西武店にて発見。気になる。でも、写真はほぼ皆無で文字だらけ。それは面白いんだろうか。(2012/9/29)

  • 日活ロマンポルノがスタートしたのは、1971年11月。終焉は88年です。

    高評価を得た作品の多くが初期に集中しているため、ロマンポルノに関する評論は70年代初期に焦点を当てたものが多いのですがこの本は違います。16年間の変遷をきちんと概観できるようになっています。

    さらに、監督や女優に焦点を当てがちですが、脚本家にも言及し、また「男優」として1章設けているなど、全体像を把握するのに役立ちます。
    また、上映当時の寺脇氏の評論がそのまま載っていて、時代の息遣いを感じることもできます。
    http://www.nikkatsu.com/100th/rp100

  • ロマンポルノ自体に興味があるワケではないが、世相を濃く反映しているようで、比較文化論のように読むとおもしろい。沁みたのは現代の若者がセックスで他者承認を満たすという件で、沁みたのは自分自身がそうだからに違いなく、的確だと思った。筆者の経歴を知った上で読むとそれはまた別の趣がある。

  • 残念ながらリアルタイムで追いかけたことがない。後に特集上映やビデオで観た程度。16年間の変遷を概観するのには便利な一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

ロマンポルノの時代 (光文社新書)のその他の作品

寺脇研の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
蓮池 薫
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする