沖縄美ら海水族館が日本一になった理由 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.47
  • (1)
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037024

作品紹介・あらすじ

動物園・水族館の入場者数でトップを走り続けてきた上野動物園を抜いて、「沖縄美ら海水族館」が初めて日本一の座についたのは2008年のことだった。この年の入場者数は、上野動物園の290万人に対し、沖縄美ら海水族館は310万人を数えた。新たな展示手法が大きな話題となった北海道の旭山動物園は280万人だった。沖縄美ら海水族館には、「世界一」と「世界初」が数多く揃っている。ひとことで言えば、これが高い"誘客力"に結び付いたといえるだろう。とはいえ、「世界一」や「世界初」を実現するのは簡単ではない。そのあたりを、詳しくお話ししていこう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    入場者数日本一となった「沖縄美ら海水族館」。元館長である著者がオリジナリティを追求し続けた先に生みだした“世界一”“世界初”の試みを、水族館そのものの魅力と共に紹介。人間の欲望を満たすために「閉ざされた環境のもとでの生活という動物たちに課した不利益を無駄にしない」ことを肝に銘じている著者だからこそ成し遂げられた偉業ではないでしょうか。
    --------------------------------------
    所在記号:新書||480.7||ウチ
    資料番号:10215717
    --------------------------------------

  • 美ら海水族館のビジネスとしての成功の舞台裏の多くの秘話が書かれている。
    ・生態の調査、研究の関わり
    ・漁業関係者との協力
    ・イルカの輸送
    ・健康管理と獣医師
    ・死なせてしまった生物の解剖調査
    ・付帯事業収入の大切さと営業活動

    こうした前館長の経験があったからこそ、
    美ら海水族館は、人を惹きつけるものに仕上がり
    世界一、世界初を生み出している。

    人口海水を使用した内陸型の水族館では、
    繁殖例が少ないので
    最近オープンした京都水族館の
    成果報告など楽しみである。

  • 1.世界初、世界最大というポジショニング
    2.失敗経験(イルカ類を死なせまくった)からの学習
    3.成功事例(ドイツのイルカ調教法)の輸入
    4.収入確保(グッズ販売など入場料以外からの安定収入)

  • 美ら海水族館のみならず、水族館の黎明期からの話が読める。
    水族館の存在意義、バックグラウンドの苦労、研究成果などがわかりやすく書かれている。
    さすが、水族館一筋の方が書かれているなーという印象。

    魚類の生態にも触れられているので、図鑑を読んでいる感覚にもなれる。

    美ら海水族館が日本一になった理由ももちろん書かれているが、その手のビジネスとしての成功体験だけを読みたい方には不向きかもしれないけれど。

    水族館に今すぐ行きたくなりました!

  • チェック項目5箇所。海の中は分からないことだらけだ、分からないことが分かるから話題になる、話題になれば見てみたくなる、だから、水族館に人が集まる。私たち沖縄美ら海水族館は大型動物に着目した、ほかの水族館で見られなかった世界最大の魚類であるジンベイザメ、最大のエイであるナンヨウマンタ、さらにオオメジロザメの大型個体など、展示効果の高い種の飼育・繁殖に力を注いできた、沖縄美ら海水族館には”世界一”と”世界初”が数多く揃っている。歴史をひもとくと、すでに紀元前11世紀に、中国・周の武王がトラやサイ、さらには鳥類や魚類などを自らの庭園で飼育し、「知識の園」と称していたことが記録に残されている。ところで、みなさんはイルカとクジラはどこがどう違うのかご存知だろうか、実は生物学的には、どちらも同じ鯨類(クジラ目)であり、イルカとクジラを明確に区別する定義は存在しない、一般的には生体の体長がおよそ4mを超える種をクジラ、それより小さな種はイルカと呼ばれている。日々の生活では見られない、海のなかに暮らす同じ地球の仲間たちの姿を見たいという欲望や好奇心に応えることは、先に述べたように動物たちへの”悪行”ではあるが、そんな水族館が求められていることもまた事実だ、大切なのは、人間の利己的な慾望だけにとどまらず、その先に活かす道を考えることだろう、それが「教育」であり、「自然保護」だ。

  • 博物館施設の中でもあまり触れられることの無かった水族館。その市場と存在意義、職場体験を泥臭く紹介している。それにしても著者がもともとは門外漢だったのが、驚きだ。人は熱意を持つと変われるモノなのだろうか。本書の難点は構成が散漫なこと。もっと日本一の理由を掘り下げほしかった。

  • ジンベイザメの話は面白かった。

    他の水族館での思い出話が多く、もっと美ら海水族館の話が多い方がよかったかも。

  • 水族館の社会的役割は「レクリエーション」、「教育」、「自然保護」、「調査、研究」だという。この本にはこれらの詳細が、丁寧に解りやすく書かれている。さすが水族館一筋に生きてきた著者の見識に脱帽。
    自分も一度だけ「沖縄美ら海水族館」に行ったことがあるが、もう一度この一冊を手にしてお邪魔しよう。
    近くに沖縄そばの老舗「きしもと食堂」もあるし・・・。

  • 水族館のことはもちろん、仕事に対する取り組み方や姿勢など、参考になりました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

内田 詮三
内田詮三:沖縄美ら海水族館名誉館長

「2014年 『日本の水族館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖縄美ら海水族館が日本一になった理由 (光文社新書)のその他の作品

内田詮三の作品

ツイートする