もうダマされないための経済学講義 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.79
  • (5)
  • (19)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037048

作品紹介・あらすじ

デフレ、円高、財政破綻、消費税増税、TPP、自給率、ドル崩壊、グローバリゼーション、新自由主義、規制緩和、構造改革、経済成長、日本銀行の国債引き受け、インフレ目標-。日々、これらのトピックについて様々に議論されています。でも、人によって言うことが違い、何が正解なのかよくわかりません。本書では、「経済学的な考え方」に基づいて、これらのトピックをどう考えればいいのか解説します。経済学といっても数式は出てきません。四つのキーワードと歴史の実話によって説明していきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「オーセンティックな経済学」を教え、間違った「エコノミスト」の言っていることはだめだ、と主張する本。他の学問でもあるけど、経済学ってとことん相手をこき下ろしますねえ(笑)。実証不可能なのでなんとでも言えますし。

    ただ、80年代からの教科書の変遷などは理解納得できるところだったので、そこはそうかなあ、とは思います。インセンティブ、トレードオフ、貨幣と物価の相対的な関係は構造主義的で親和性も感じます。もっとも、構造主義的な考えは、他者を無碍に否定したりはしないんですけどね、、、

  • 経済
    お金

  • インセンティブ、トレード・オフ、トレード、マネーがキーワードだそうだ。特にインセンティブが。誰でもどんな組織でも、インセンティブで行動する。経済活動を考えるうえでの重要なポイントだ。色々とポイントあげて説明してくれるうちに、だんだんどれがどうだか分からなくなって来た(汗)。

  •  
    ── 若田部 昌澄《もうダマされないための経済学講義 20120914 光文社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4334037046
     
    <PRE>
     黒田 東彦 日銀総裁 19441025 福岡 /31[20130320-20180408]“アベノミックス”再任
     岩田 規久男 副総裁 19421003 大阪 / [20130320-20180319] 退任
     中曽 宏   副総裁 19531012 東京 / [20130320-20180319] 退任
     雨宮 正佳  副総裁 19550930 東京 / [2018‥‥-] 理事
     若田部 昌澄 副総裁 1965‥ 神奈川 / [2018‥‥-] 早大教授
    </PRE>
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19831101 歴代日銀総裁
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%B9%F5%C5%C4+%C5%EC%C9%A7
     
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518732039/-100
    …… 政府は0216日にも衆参両院の議院運営委員会理事会に日銀の正副
    総裁など国会の同意が必要な人事案を示す。黒田東彦総裁の再任のほか、
    副総裁に日銀の雨宮 正佳理事と早大の若田部 昌澄教授を充てる案を検
    討中だ。与党には人事案が国会の手続き前に表面化することへの反発が
    あり、調整が難航する恐れもある。
     黒田総裁は0408、岩田 規久男、中曽 宏両副総裁は0319 にそれぞれ
    任期満了となる。政府は3月中旬までに衆参の本…
    20180216 日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26983730W8A210C1MM8000/
     
    (20180216)
     

  • わかりやすかった。

  • 経済学的発想や経済学的フレームワークをわかりやすく解説してくれる良書。
    経済に興味があるなら読んでおくべき一冊

  • 経済学史を専門とする経済学者・若田部昌澄先生が、過去の研究の成果などを存分に盛り込んで、一般向けに啓蒙してくれるという内容の本です。「経済学講義」というタイトルではありますが、一般的なミクロ・マクロ経済学の解説みたいなものはほぼありませんので、ガチな経済学を勉強したい方向けとは言えません。

    「もうダマされない」とあるように、他の経済学者さんの学説に対する批判があちらこちらにあります。冒頭から批判されているのは水野和夫氏でしょうか。著者はリフレ派の論客として長年論陣を張っているだけあって、いつも通り筋が通っている。逆に言うと典型的なリフレ派として頑固に踏ん張ってくれています。

    本書と近い時期に出版された『本当の経済の話をしよう』(ちくま新書)と同じく、インセンティブ、トレード、トレード・オフ、マネーという4つのキー概念をフレームワークとして議論が進んでいきます。このあたりの「議論の進め方」は、著者が昔からこだわっていた「経済学的な考え方」というものを実践されていて、個々の経済現象に留まらない奥行きを持っています。

    特に興味深かったテーマは田中角栄と再分配政策を論じたP.97~でした。「日本のインフレは田中の失政」と言い切り、現在の年金制度の問題点やフリードマンの議論へとつなげていく流れはさすがだと思います。大不況や高橋是清の政策に関するあたりは先生の本業、手堅くまとまっているという印象です。

    なお既に他の著作を読んでいるという方にとっては、多少重複が目につくかもしれません。近年の著者の仕事がコンパクトにまとめられているという感じの本です。

    (2015/10/03)

  • 全く学のない自分でも、しっかりと理解できる内容で書かれていた。
    特に面白かったのは、最初の方にある「なぜ経済成長するのかはよくわかっていない」というところ。現在行われている政策などは、過去の事例から「やらないほうがいい」ことを避け、良いと言われていることを進めているイメージなのだという。
    そのような気を引く話から具体的な事例を見ていったため、説得力のある内容だった。

    よくわからない数式や難解な用語などを極力使わないでいるため、入門的に経済の歴史をみるのには有用だろう。これをきっかけに他の本に手を出してみて、比較しながら自分の知識を確定させていきたい。

  • 経済学の考え方を、歴史上の経済の節目を例示して解説してくれる本。
    説明が具体的で分かりやすい。

  • とても面白い経済講義の本です。マスコミ受けするタレント経済評論家とは違い学術的に経済の流れを説明して見えます。今の経済を語るのは、トレードとインセンティブなんですね。30年前の経済学とは偉い違いです。アベノミクスを理解するためにもご一読あれ。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

若田部 昌澄
早稲田大学政治経済学術院教授.早稲田大学大学院経済学研究科,トロント大学経済学大学院博士課程満期退学.著書に『経済学者たちの闘い』(東洋経済新報社)『危機の経済政策』(日本評論社)などがある.監訳書にマーク・ブライス『「緊縮」という病』(NTT出版)などがある.

「2018年 『ルールなき省察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もうダマされないための経済学講義 (光文社新書)のその他の作品

若田部昌澄の作品

もうダマされないための経済学講義 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする