飯田のミクロ 新しい経済学の教科書1 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.42
  • (7)
  • (7)
  • (16)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037093

作品紹介・あらすじ

経済学の基本的な思考法とルールを身につけたいなら、ミクロから入るべし!複雑な数式は不使用。若手論客による画期的入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いわゆるミクロ経済学の教科書です。ただし、既存の教科書に挑戦するような内容にもなっています。

    著者の中では2つの問題意識があるようです。ひとつは、現在の経済論壇において、"主流派経済学への不信がかつてないほど強くなっている"にもかかわらず、購読層も執筆者も、基礎的な理論を理解していないように見受けられるというもの。もうひとつは、従来の教科書が「経済学を勉強するしかない人」向けにできていて、普通に勉強してみたい人にとって不親切であることです。

    ひとつめについては、本書でガチなミクロ経済学を展開することが著者なりの回答なのだと思います。ネームバリューのある著者だからこそ出版できたのであろう、学部生レベルの内容です(おそらく、普通の経済学者がこの本を書いたとしたら、売れない以前に企画として成り立たないと思われる)。

    ふたつめについては、いくつか工夫が凝らされています。何よりミクロ経済学が前提としている思想的な背景を第1章でじっくりと説明していることが挙げられる。

    それからミクロ経済学の諸問題を、制約付き最適化問題として捉えて、目的と制約条件に強くフォーカスした説明になっていることが挙げられるでしょう。いきなり概念と数式が飛び出してくる一般的な教科書と異なって、いったいここでなにをしようとしているのか、という足場を見失わないようにしようとする配慮がみられます(ただ、最適化の理論というものは、そもそもがきわめて理系のややこしい世界であり、これを補助線にすることが初学者向けになっているかというと疑問があります。わたしが思うに、よけいに難しくなってしまっているような気がします)

    なお、電力会社に適用されている「総括原価方式(=平均費用規制)」をグラフで確認する個所(P.198)は改めて勉強になりました。報道で目にする事象を経済学モデルに置き換える技術。これができると、なんというか頭がよさそうな感じがします。勉強しなくては。

    ミクロ経済学をざっと概観し頭に入れる、という意味では、巷の予備校から出ている各種資格試験や公務員試験のテキストの方に軍配が上がると思われます。本書については著者の目論見その1(ガチなミクロの基礎を学ぶ)ならびに数式は無視して、ミクロ経済学の思想的背景に関する説明をざっくりと読み、基礎理論については、それこそ競争的市場で揉まれている専門予備校のテキストを参照されることをおすすめします。

    (2015/10/03)

  • 入門書というより復習書という感じ。ゼロからこれ一冊でミクロ経済を学ぶのは厳しいかも(一冊でというのにそもそもの無理がありますが)。

  • この本はよくわからなかった

  • 個人の選択が積み上がって社会ができている。資源は希少である。入手するには対価が必要。比較優位。需要と供給。競争的な市場。競争条件と企業。外部性と公共財。

    グラフによる図示が多く、教科書というくらい、しっかり読めば理解できそうではあるけれど、大変そうなので、図を眺めて終わってしまいました。

  • 読了。

  • 経済学の初心者でこの本から理解できる人は少ないだろうと思われます。
    おそらく対象はある程度こういう抽象的な概念に慣れている人です(日常的に勉強をしている人とか)。
    買うかどうかは、第一章を読んでみて、知らない内容が複数あるかどうかを目安にしましょう。方法論はある程度固い本で触れられている場合があるので、知らなければ本書を読む価値はあると思います。

  • 新しい経済学の教科書 とある。
    なんとなく感覚的にわかることを経済学の用語で説明する。
    そんな姿勢が貫かれていると思う。
    教科書とあるだけに、専門用語も出てきます。
    入門書にしては、割と豊富に出てくるので、その辺がとっつきにくいと
    感じる向きもあるとも感じた。

    時に再読したくなる書になるような気がしています。

  • 経済学の教科書。経済学習ってないと読むの大変かも。

  • 経済学の教養レベル、というので読んで見たがさらっと読むには私には難しかった。授業受けるべき…

  • 入門に

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治大学准教授

「2019年 『日本史に学ぶマネーの論理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田のミクロ 新しい経済学の教科書1 (光文社新書)のその他の作品

飯田泰之の作品

飯田のミクロ 新しい経済学の教科書1 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする