大人のための やりなおし中学数学 一日一題、書き込み式 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 64
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037338

作品紹介・あらすじ

小学生から社会人まで、二十年以上にわたって数学を教え続け、「数学ができない人」の気持ちが痛いほど分かるタカハシ先生が、数学の基本と楽しさを丁寧に解説。手帳感覚で自由に書き込める一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 毎日少しづつ、こつこつと。
    頭の体操になった。

  • ≪内容≫
    1年かけてやり直しました…。

  • ・題名通り、新書1冊で中学校の数学を復習しようとする試み。前半は小学算数の問題も散見される。

    ・問題数はなかなか豊富。前半は簡単なのでスラスラ解けるが、終盤になると一気に難易度が上がる。にもかかわらず、問題の前にある説明は、終盤になるにつれて何故か簡素になっていく。そのため、本書前半の説明は冗長である反面、終盤部分の説明はずいぶん不親切。

    ・途中式を書き込めることをウリにしているが、正直言って、新書に計算式を書き込んでいくのはかなり厳しい。結局、別の紙に計算式を書いていったため、せっかくの余白も罫線も、私にとってはムダとなった。

    ・解答解説が誤っているところもあり(問題87⑵。いずれ増刷で訂正されるかもしれないが)、問題自体は良問揃いだっただけに、残念な部分が目についた。

  • とりあえず解説は全部読んだ。練習問題はこのあと忘れずにちゃんとやる!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。
1994年、東京学芸大学自然環境科学専攻、生命科学専修卒業。2020年、立教大学大学院修士課程修了。塾や予備校で数学を教えてきた。2010年頃から各地の少年院でも非行をした子どもたちに授業をして基礎学力を向上させている。本書の他、『語りかける高校数学 数Ⅰ編』『語りかける高校数学 数Ⅱ編』(ベレ出版)、『かずお式中学数学ノート(全14巻)』(朝日学生新聞社)など、学び直すための書籍を20冊以上書いている。

「2021年 『語りかける中学数学 [3訂版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋一雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×