スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.52
  • (4)
  • (12)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :157
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037369

作品紹介・あらすじ

スローシティやイタリアの美しい村連合に共鳴した小さな町、ショッピングモールの締め出しに成功した町、フェラガモが創り上げた大農場やオーガニックの父と呼ばれた人物の住む村-。グローバル化社会の中で、人が幸福に暮らす場とは何かということを問い続け、町のアイデンティティをかけて闘う彼らの挑戦に、その答えを探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グローバリズム〜世界の均質化〜の波は、日本だけではなくもちろんイタリアにも押し寄せている。そんな中で、地方の小さな街や村がどのように生き残りをかけて努力しているのか。スローシティの先進国ともいえるイタリアからのリポート。

    どの街に行っても同じような量販店、コンビニ、ショッピングモールとシネコンが立ち並ぶのは、我が国だけの風景ではないらしい。それらは地元の個人商店や産業を容赦なく駆逐していく。しかし始末が悪いことに、それらの存在は、便利さを求める地元民の要請でもあるのだ。

    そんな中で様々な観点から自分たちの土地を見直し、時間をかけてその魅力を掘り起こし、また新たにつくり出すことに成功した事例の数々。

    日本でも村おこし、町おこしが盛んではあるが、本当にその土地の良さを再発見し、美しく再興させている例はまだ少ないのではないだろうか。都会のコンサルタントの食い物にされることなく、基本的には地元の人間が自力で考え、つくっていくことが大切だろう。

  • 「あれがないこれがない」と、隣の芝の青さに目をくらませるのではなく、今ここに「あるもの」の質を磨き上げていく。そんな人たちの言葉が響きました。イタリアの道中記みたいなところも面白かった!

  • 課題図書。
    でも面白かった。フェラガモの話とか、美観の問題とか。日本人は景観に鈍感って話は良く聞くけど、価値観を共有しんと、気付かんままなのかな、と思った。

  • イタリアの小さな町それぞれには人を惹きつける力があるようです。自然、街並み、食べもの、住む人々。また、そういった観光の要素だけではなく、農家や職人や個人のお店などを大事にして、住人にもそこに住むことで満足感や肯定感が得られるような仕組みになっている。
    世界はどんどん、同じような街や都市ばかりになっていっている。ベッドタウンもそうだし、個人商店を駆逐してしまい景観を壊す、国道沿いなどに作られる巨大な店舗もそうです。土地柄に関係なく、風景をどことも同じ、つまり均質化される大量消費、大量販売の考えによって出来あがる、アメリカ型の街の作られ方。イタリア人は、「それは間違った考えではないか」とし、その街にないものを探して嘆くのではなく、あるものを再発見して、それを長所としてストロングポイントにしていきます。それが、トスカーナのキアンティ地方であり、小さな街でありながらパルマに次ぐ生ハムの名産地であるサン・ダニエーレであり、その他にも魅力的な小さな町であるスローシティが存在する。それは見事な、生き方の美学であるとい同時に、理にかなった生き方でもあるように、過疎の町に住む僕には思えたのですが、本書を読む他の方はどう思うでしょうか。

  • イタリア人は、賢い。自分のリズムに従う事や、地方の良さを守る事が、自分達を守る事になるのだろう。黒川温泉は、 この例に似ている。不便だが最高。

  • 世界各地に様々な企業が出店し、高層ビルが乱立する。いつでもどこでも同じような商品やサービスが得られるのは確かに便利だけど、旅に出てもどこも同じような場所だと気付かされる。せっかくの非日常感が台無し。

    この本では、グローバル化による均質化に対抗した、イタリア各地にある「スローシティ」が紹介されている。都市と比較して、無いものばかりを探すのではなく、自分たちの住むまちの強みを活かしていく。地域活性化といわれると、施設やイベント(あとゆるキャラ)に力を入れがちだが、住む人からの愛着がなければ所詮一時しのぎ。それよりも、地域の資源や環境、生活様式に根ざした産業育成・法的規制を通じて住民の誇りを取り戻すほうが、真の持続可能な地域活性につながる。

    これからの日本の地方自治体の半分が消滅の危機に立つらしい。しかし、この本で紹介されているスローシティも、もともと過疎状態にあった。イタリアから始まったスローシティ運動が、今後の日本の地域活性化のためのモデルになりうる意味で、この本はなかなか参考になるんではないでしょうか。

  • 20140223 効率を追求した世界はどんどん小さくなる。もっと大切なものを守って広い世の中にできないものか?結果は我々が何を大事にするかで決まるのだとおもう。

  • 「世界の均質化と闘うイタリアの小さな町」というサブタイトル。なんだか素敵なイメージがあるイタリアの田舎町だって、自然に素敵になったのではなく、いろいろなものと闘って今を築いてきたのだ、という話。イタリアの子どもだってゲームをやるし、多国籍企業が生ハム市場を席巻しようと進出してきたりもする。イタリア人だって生ハムの作り方なんか知らない人も多いという。スローシティ(という言葉には、ちょっと気持ち悪さを覚える。現地の言葉では、チッタスロー。日本語なら何がいいのかね)のためには、民意の共有と法の制約の両方が必要だけど、民意が成熟していなければ厳しい法は運用できない。あとがきでは、グチから自治へ、といいながらも、著者自身もグチっているが、そこに親近感を覚えたりして。
    ともあれ、要約すると、「傾くなら傾き通せ」ということだ。

  • ある観光地の集客の仕事に携わっているが、ゆるキャラやイベントに走りがちな観光地において、それを否定はしないが、その流れに乗れなかった地域には、この本はヒントとなる事が多い。

    成熟・高齢化を迎える日本においても参考になると思った。

    14/01/04-2

  •  日本は均一化した都市空間を逃れる術はあるのか。その手がかりをイタリアの「スローシティ」に取り組む小さな町へ島村菜津は探しにゆく。過去に日本と同じような過疎の危機に直面した町は、アイデンティティを失った郊外に成り下がらない「人間サイズの町」を目指し、市民に魅力的な自然や資源のある地域に生きる事に誇りを持ってもらう。そのための交流の場を作ることで暮らしの質を守っていく、それがスローシティの目標である。
     九つの町の取材と事例紹介は脳内小旅行の気分に浸れて楽しい。「あぁ、浜松もこんな場所になれたらな」と地元と比較してしまうほどに、文章の上のイタリアの町は魅力的に映る。まちづくりの参考書と旅のガイドブックがたくさん詰まった本ということで、星4つ。

     地方都市の没個性化を「ファスト風土化」と呼ぶ三浦展の問題意識は島村菜津とほぼ重なると言っていい。敗戦国として戦後出発した意味ではイタリアと日本はまるで分岐世界のようだ。実は三浦は『日本はこれから何を買うのか?』(http://booklog.jp/users/suneo3476/archives/1/4334037402)で「スローシティ」的な提案をしている。遅れながら日本もこれから、といったところだろうか。

    (蛇足)ワインと生ハムが食べたくてしかたがない。スローシティとスシローは似ている。

全20件中 1 - 10件を表示

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)のその他の作品

島村菜津の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
エリック・ブリニ...
村上 春樹
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)はこんな本です

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする