辞書を編む (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
4.09
  • (68)
  • (88)
  • (37)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 774
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037383

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三省堂国語辞典の編纂に関わる飯間氏が、その改訂の過程を、丁寧に著した本。
    言葉に向き合う飯間氏の真摯さがひしひしと伝わってくる良著です。

    いわゆる誤用も、「誤り」とばっさり切り捨てるのではなく、日本語の変化、派生の仕方の一つととらえるなど、「今の」日本語の姿を的確にとらえようとする姿勢がよくわかります。

    辞書には、言葉の「かがみ」としての2つの役割があって、そのうちの一つは「鏡」、つまり、日本語を映し出すもの、もう一つは「鑑」、つまり、日本語の規範となるものですが、三省堂国語辞典は前者の「鏡」であることを、より強く意識している、とのこと。
    言葉は日々変化することを考えると、そのことに強い共感を覚えました。

    それにしても、現在の三省堂国語辞典の基盤を作り上げた見坊豪紀は凄い人ですね。
    この本からも、そのことがよくわかりました。

  • 三省堂国語辞典(三国)第七版に向けての編集作業についての本です。用例採集、語釈といった作業が詳細に語られます。こんなところからも言葉を集めるんだ、一つの言葉をこれほど深く考えるんだ、と著者の言葉や辞書に賭ける思いが伝わってくるいい本だと思います。たとえば右っていう言葉、当たり前のように分かっているはずですが、これを分かりやすく説明するのは難しいです。次に辞書を選ぶ時には収録語数ではなく当たり前の言葉に対する語釈を見てみたいと思うようになりました。

  • 辞書は中学生でも分かるように書く、というのが三国(三省堂国語辞典)のポリシーらしいが、この本も分かりやすい文章で書かれていてとても読みやすかった。込み入った内容もあるのに、シンプルな文章のおかげでまったく苦労を感じない。見習いたいと思った。
    辞書の編纂作業のあらまし、が主な内容だが、こぼれ話や編纂にかける思いを記述した部分に著者の温かい人柄が感じられた。

  •  国語辞典の編纂に関しては①用語の発掘・用例採集調査、②加えるべき言葉の判定会議、③語釈の文章考案、④取捨選択など手を入れる行為などの局面から詳細に説明があり、三浦しおん「舟を編む」の世界が現実であることを示してくれる。それにしても辞書の編纂者がこんな苦労を抱えているとは夢にも思わなかった。例えばキャバクラという用語の意味を実体験するために実際に店に入るなど・・・。三省堂国語辞典:通称「三国」の特徴は何よりも「中学生にも分かる説明!6万語」、新明解の特徴その他辞書にはそれぞれの強みがあり、読み比べによってその思想の違いを実感してみると実に楽しそうである。新しい言葉でなくとも洩れている盲点のような言葉も確かにあるのかも知れない。「んーん」「あーあ」などは確かに有り得る!デジタル化の時代になり、新しい悩みが出てきていることも分かる!

  • 辞書引かないよなー。そもそも最近買ってないし・・・

    辞書作りの「戦い」が書かれています。
    言葉ってのは生き物なので、次々と新しい言葉が出てくる。
    辞書に載せるか、載せないか。
    どう説明するか。大変な作業です。

  • 三浦しおん『舟を編む』の便乗タイトルだけど(「おわりに」でもご自身が触れています)、いたって真面目な「辞書のつくりかた」の本。『三省堂国語辞典』(通称「三国」)の編集委員である飯間さんが、『舟を編む』だけではわからない、現場から見た「辞書のつくりかた」を説明。ニーズに合わせたいろんな「国語辞典」があるんだということがよくわかる。

  • 勉強になりました。

  • 日本語ストーカーの、驚くべき日常。

  • 辞書がどのように作られるのか、手順を追って書かれており興味深い。日常生活のあらゆる場面から、辞書に載せるための言葉を採集するプロセスは、辞書作りというイメージにはなかったので面白かった。他の辞書も同じような過程で作成されているのか、気になった。
    (2013,12)

  • 『舟を編む』(三浦しをん)の本物バージョン

全80件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

飯間浩明(いいま ひろあき)
1967年、香川県出身の日本語学者、辞書編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得。代表作に『辞書を編む』があり、その他著作も国語辞典や日本語にまつわるものが多い。

辞書を編む (光文社新書)のその他の作品

辞書を編む (光文社新書) Kindle版 辞書を編む (光文社新書) 飯間浩明

飯間浩明の作品

ツイートする