ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書)

  • 光文社
3.72
  • (10)
  • (26)
  • (13)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 150
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろかった~。
    泳いでいる動画が撮影されるまでは、まさに伝説の怪物だったダイオウイカ。
    深海での撮影に成功したのは、プロジェクト最後の年、2012年。挑戦を始めてから10年!困難を極めたその過程を、ドキドキハラハラと読み進みました。
    世界で初めての偉業を成し得た理由は、情熱や努力ももちろんだけれど、世界中の英知の結集と、そして「奇跡」。

    それにしても半端ない大きさのダイオウイカを想像しながら、ギラギラとした表紙の写真の彼の眼をみると…迫力です(笑)

  • ダイオウイカについて詳しく知ることができるドキュメンタリーかなと思って読み始めたけれど
    夢を諦めない気持ちを描いた小説のようだった。
    「はやぶさ」の描かれ方とすごく似てるなあ

    NHKさんだからむずかしいのかもしれないけど、はやぶさの時みたいに映画化されても不思議じゃない感じ。

    10年、いろんな人から反対されながら続けるというのは、尋常ではない情熱。
    その熱い想いとダイオウイカの対面に、ぞくっとしました。

  • 10年ががかりでついに実現したダイオウイカの水中撮影の舞台裏。
    わずか23分間。しかし、その23分間を実現するために投入された様々な資本、労働、時間・・・。
    気まぐれな大自然、しかも人類の手では遥かに届かないような深海の世界を相手にする大変さが身に染みてわかったように思います。深海にはまだまだ想像を絶するような生物が生息しているのかもしれません。
    320度透明なアクリル球で囲まれた潜水艦って素敵ですね。
    一度でいいから乗ってみたい!

    イカの飼育が難しいという話が途中で出てくるのですが、
    言われてみれば確かに水族館とかでもあまりイカを目にする機会は無いなー。

  • テレビを見ない僕にも伝わってきた、生きたダイオウイカの映像撮影。しかしこの裏にはなんともいえない苦労がつまっていた、という話。
    ダイオウイカの企画だと通らないけれど、マッコウクジラの企画なら通る、なんてのは、笑っていいやら悲しんでいいやら。
    テレビ嫌いだし、近頃すっかりドキュメンタリー番組など見る機会がなくなったけど、がんばって突き抜けていく人たちもいるのだなあ、と改めて思う。でもこれは、テレビの作り方、というよりも、やっぱり謎の生物を追う、という科学的、冒険的楽しさのほうが大きいなあ。

  • 今年1月に『NHKスペシャル』で放映されるや大反響を巻き起こした、深海の超巨大イカ、ダイオウイカ。その撮影に賭けたNHKのスタッフたちの、10年にわたる戦いを綴ったドキュメントがこの本。

    船、カメラ、おびき寄せる装置……。ありとあらゆる工夫や困難を乗り越えて、ついに2012年7月10日、世界で初めて、23分間のダイオウイカ撮影に成功。その瞬間、自分も潜水艇の中にいるような興奮と感動を味わえた。

    イカを撮影するために知恵や経験を結集して開発したカメラに「イカメラ」と名づけたところで、ちょっとニヤッとしてしまった(笑)。

  • 臨場感が最高のドキュメント。TVで見て、これはじき、書籍化されると予想、少し遅めだったかもしれないが、発刊後即入手、即読んだ。実に面白い。数年にわたり、何度ももぐりながら、1点集中で目標を達成していく様子が、ありありと伝わり、感動。かつての某番組風に、一見淡々と進むかのごとくの描写(ちょっとわざとらしいかも)。しかしながら、登場人物の熱さを前面に出す点など、つい突っ込みを入れてしまいそうになりつつ、引き込まれてしまった。
     潜水艇の手配等、裏方シゴトにも多くの説明があるのが良かった。一般向けの書物にしたのだろうが、ぜひ、専門書も刊行してもらいたい(論文誌をみればいいのかもしれんが)。本書後半のイカ図に、とにかく感動、驚き、電車内で読んでたのに、おぉ~とかもらしてしまった。

  • 2013年刊。NHKスペシャル「深海の超巨大イカ」の撮影秘話を描く。二十数分に過ぎない動画撮影を実現するのに、苦節十年を費やしたプロジェクトXである。そもそも、ダイオウイカは欧米では、船乗りを苦しめるイカとして「海底二万哩」にも登場する馴染み深い種。ゆえに、日本ではあまり評価されなかった写真撮影に驚愕し、その撮影チームに取材が殺到するほど。このように日欧の温度差が乖離する中、国際チームを編成し動画撮影を達成したことに敬服。撮影機材の進歩発展、その製作の工夫、撮影方法確立と生態調査の地道な努力は特筆すべき。
    なお、NHKの冷やかさに比して(長期間、動画撮影に成功しなかったことにも起因していようが)、ディスカバリーチャンネルの熱意の凄さ、欧米のダイオウイカ研究への国家支援体制の充実度には嘆息(海軍の支援のある国の存在にはさすがに驚いた)。

  • 長かった、読み終わるのに4年も費やしてしまった。でも面白かった。

全27件中 1 - 10件を表示

ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書)のその他の作品

ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書) Kindle版 ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書) NHKスペシャル深海プロジェクト取材班

NHKスペシャル深海プロジェクト取材班の作品

ドキュメント 深海の超巨大イカを追え! (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする