談志の十八番: 必聴! 名演・名盤ガイド (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037734

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • 間違いなく これからも
    語り続けられる 噺家のお一人でしょう

    幸いなことに
    CDだけでなく DVDの形で
    その音 と その姿 と その意気込み
    が 残されることになった

    でも
    その生の姿に接することができた
    者だけが語れることがある
    それが この一冊でもあるのでしょう

    単行本ではなく
    この新書の形で出されたことも
    一興ですね

  • 談志を聴いてみたい、でもTSUTAYAには10枚も置いてないし、買って聴くほどの金と暇がありません。そういう人に「これ」とオススメしてもらえる書き方になってるのかどうかが不安です。

  • クラシック初心者がいきなりフルトヴェングラーに手を出すのがキケンなように、落語初心者がいきなり立川談志に手を出すのはマズいのではないか? そんな直観から、なんとなくずっと遠ざけてきた談志の落語。正直、まだまだ手を出す気にはなれていないが、いつか「その日」がやってくるであろうことは間違いない。「その日」に備えて、この本を手に取ってみた。

    この本では、談志の「追っかけ」を自称する著者が、談志の手がけた数多い噺の中から誰もが認める得意の大ネタ10個(「鼠穴」「居残り」「芝浜」など)に加え、古典落語、談志ならではの噺、滑稽話、その他というカテゴリーから8個ずつの計42個をピックアップ、世に出ている音源をもとに詳細に比較しその特徴を挙げることで、絶えず更新され続ける談志落語の魅力について紹介してゆく。

    談志ビギナーにとっては、どのあたりから手を付けるかということの大まかな「地図」になるし、ある程度すでに触れてきたひとにとってはまだまだ未知の領域があることを知るきっかけになるのではないだろうか。

  • 立川談志の記録された演目を、DVD、CD、印刷物等、公式発表されたもの、公式発表されていないが著者の手元に残っているものも含めて入手できるものはほぼすべて、年代順に聞き比べ、談志の落語の変遷を表現の深みが増していく過程を主に解説してくれる。志ん朝、小三治、園楽など同時代のライバルたちの演じたものとも比較して論じられており、これらも聞きたくなるし、また、談志の特徴が更に際立ってみえる。落語を楽しむのであれば、談志の弟子の志の輔や談春から聞き始めるのがお勧め。談志を聞く体験は読書により近い。

  • 落語通で有名なHR/HM雑誌「BURRN!」編集長による立川談志の落語ガイド。発売されているCD、DVDからネタの変遷と見所を分析・解説。ガイド本の枠を超えた充実の内容。

  • ひとつのネタでも、時期によって違う。
    そりゃそうか。当然だけどそこまで聴きこんではいなかった。
    もう一度この本を読みながら年末までに、
    せめてこの本に載っているネタだけはきちんと聴き直そうと、
    思う次第です。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

落語評論家。1960年生まれ。レコード会社勤務を経て、1993年よりヘヴィ・メタル月刊音楽誌「BURRN!」編集長。著書に『この落語家を聴け!』『なぜ「小三治」は面白いのか?』『落語家という生き方』『談志は「これ」を聴け!』『噺家のはなし』『僕らの落語』など。

「2017年 『落語の入り口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

談志の十八番: 必聴! 名演・名盤ガイド (光文社新書)のその他の作品

広瀬和生の作品

談志の十八番: 必聴! 名演・名盤ガイド (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする