体内時計のふしぎ (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.83
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037765

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館でタイトルだけ見て直感で借りた。

    急速に発展した科学技術と文明に、人の体がついて行けず悲鳴をあげているのだ…と、この本を読んでますます感じました。うちの子もそうなのですが、睡眠が不安定でどんどん睡眠リズムが後退していきます。こういう睡眠問題を抱えているのが、大人だけではなく、もう乳幼児まで広がっているそうです。夜型の人ほど強い光の影響を受けやすいそうです。

    24時間社会とインターネット。LED電球などによる光の害。加速する社会をほんの少しでいいから流れを緩めて、北欧のヒュッケのような習慣が少しずつでも広まりをみせていってほしいと願いつつ読了しました。ものの例え方がとてもうまく読みやすい良書。

  • 人間には体内時計があるということは知っていたけどその仕組みについては知らないことが多い。

    この本ではその体内時計について理解することが出来ます。


    説明がとてもわかりやすく目からウロコの話が多かった。

    体内時計を知らずして人間の身体を語るなかれと思うくらい興味深い内容でした。

  • 時間生物学の素晴らしい入門書。やさしい文体で初学者に丁寧に、正しい知識を提供している。また体内時計に関連する諸問題として、癌や糖尿病などの現代病、生活習慣病についても記されている。睡眠障害ばかり取り上げらる傾向があるので、その点で本書は優れている。本書を読めば、体内時計というシステムが私たちの生活にどれほど影響を及ぼしているのかわかるだろう。この方面に漠然と関心がある方は、本書を入門書として読み始めると良いと思う。

  • うーんなかなか奥が深いな。ブルーライトはよくない、夜中までスマホいじるのはよくない、ぐらいのことはいろんな本によく書いてあるけど。。
    ・人類40億年の歴史の中で築きあげられた体内時計
    ・電球発明のわずか100年ちょっとでは調整できてない
    ・本来は、朝昼はあかるい、夜はくらい。
    ・外の光(くもりでも)に比べれば部屋のあかりは10分の一以下だし、夜の暗さに比べると10倍以上明るい。

  •  年末年始と休みが重なり、ついつい生活のリズムが変わってしまう今日この頃。しかし、明日からは仕事始まりの方も多いはずだ。体内時計を無視したライフスタイルを送っていると、恐ろしいことになる。

     体内時計に注目して研究を重ねている著者による今回の本。予防医療の観点からも注目に値する。本の表紙に心身の健康は、「時間」がキーワード。とあるように、朝が来たら起きて、夜遅くならないうちに寝て次の日に備える。

     ここ最近、注目されるようになってきて、国内外の専門誌、新聞でも取りあげられるようになった体内時計の研究。

     病気は科学の進歩とともに減って行っているのかと思ったら、逆に種類が変わってきていると指摘している。その理由は、ライフスタイルの変化、食生活などがもたらす体内時計に大きな影響を及ぼすことが身の回りにあふれるようになってきているからとある。

     海外に旅行してきて、日本に戻る、あるいは、海外に行くとどうしても避けられないのが「時差ボケ」だ。日ごろから頭の中にお花畑が咲いていて蝶がひらひら待っているようなおめでたい人は別としてほとんどの人の場合、脳の働きにキレがなくなる。

     そんな状態が、不規則な生活を送っているだけで、海外旅行して楽しんだわけでもないのに、「時差ボケ」だけおまけにくっついてくるようなものだ。そこで重要なのが、朝起きたら日の光を浴びることだと著者は強調している。浴びると言っても数分ではなく30分程度浴びることが必要だと述べている。人間もソーラーパネルで充電して動く機械と同じように、日光は重要な働きを果たしているのだなあ。

     驚いたのが、あの真っ赤なお花のトナカイには体内時計がないということだ。もしあったらうつ病のトナカイをみることになっただろう。必要のない機能は、そぎ落とすことが重要だな。

     楽な方向に流れてしまい、つい生活のリズムが狂う今日この頃。寒いと布団から出るのがイヤでつい2度寝をしてしまう。仕事があればイヤでも起きる。休みともなるとつい布団の中にひきこもりたいと言う欲求に負けてしまう。体内時計のことを考えると、2度寝や3度寝は人生の幕引きを自ら加速させているようなものだ。

  • 2階書架 : QT167/AKA : 3410157803

全6件中 1 - 6件を表示

体内時計のふしぎ (光文社新書)のその他の作品

明石真の作品

ツイートする