君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)

著者 : 大内伸哉
  • 光文社 (2014年1月17日発売)
3.51
  • (7)
  • (18)
  • (24)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :214
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037796

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 働き方を、労働法の観点から問題提起する良書。これからの時代の働き方はどうあるべきか。
    残業削減の議論だけではなく、一人一人がプロとして生きていくべきだという主張に賛同。

  • 若い人が読んでも参考になるが、今、働いている人も参考になる本である。これからは、ただ正社員を目指すのでなく、転職力を持った正社員でなければならない。

  • 「人生の戦略として大切なのは①自分の適性と今後の産業界の動きをしっかり見据えながら、自分の目指すべき方向を掴んでいくこと。②同じような意識をもって人生の戦いに挑んでいく人たちとの横のネットワークを作っていくこと」

    働くのがもう嫌だと思っていたけど、本を読んで、能力が向上しない自分への苛立ちが発端であることに気付いた。
    自分のことを見つめ直したいと思う。

  • 正社員という優位な立場で働く人たち。
    ただし、会社に従属するという関係のデメリットは負う。
    しかしながら、このような従属するという関係性も今後はうすれつつある。
    時代の流れとともに、会社に従属せずにプロ化する必要性が迫ってくるだろう。
    なんでもできる人材は要らず、むしろ秀でたものがある人材のみが生き残れる時代が来る可能性がある。

  • タイトル通り。悩まなきゃ。

  • 派遣労働や60歳再雇用などを手厚くした結果、正社員の待遇が引き下げられ続けているという指摘はいままで気がつかなかった。正社員になることは従属関係(奴隷状態)を意味するが、それのデメリットとメリットを比較するという考え方。イタリアでの現状比較のうえで、仕事のプロとは何か、仕事のプロを目指す必要性を説く。読み手(ホワイトカラーを想定)に対して、常に読み手の利益を考えた本の構成に著者の思いやりを感じた。

  • 雇用と自営(請負),労働法,イタリアの労働,転職する能力とプロ,ITやAIと未来.

  • 有休日に読了。今日はゆっくり読書の休日。
    雇傭というものの本質と、そこに寄りかかることが会社と自分双方にとって不利益を招くということがよくわかった。
    安易な転職を進めるのではなく、ロハスを奨励するのでもない。予想される日本の未来を踏まえて、非常に真面目に書かれた、良心的な内容。肝に銘じたい。安住先を求めれば求めるほど、真の安住は遠くなるという、当たり前の話。厳しい。

    メモ
    労働法のパターナリズムpaternalismの甘く危険な罠。権利と甘えの区別の必要性。会社は何もしてくれない、と言う前に、自分でやるべきことをやり、会社のではなく、社会的な評価を上げる。

  • サラサラと。いろいろな思い込みに気が付けました。

全18件中 1 - 10件を表示

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)のその他の作品

大内伸哉の作品

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)はこんな本です

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする