知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.56
  • (56)
  • (101)
  • (100)
  • (27)
  • (11)
本棚登録 : 1074
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦略とは、戦いを略(はぶ)くこと。

    そこには、部下や社員のかけがえのない人生の時間が懸けられている。

    二十一世紀、戦略とは、最高のアートになっていく。

  • ジーンクランツの例による7つの知性の垂直統合は、スーパージェネラリストがどんな人物かを想像するのに良い例え。著者の多数の著書が紹介されている。

  • 変化が激しく、先が見えない世界の中で、「答えの無い問い」を考え、正しい答えを出すために必要なのは知識や知能ではなく、知性である。ではその知性とは何なのかを簡潔・明快な言葉で整理した啓発書。

    著者は、これからの世界で活躍するのは「スーパージェネラリスト」であるという。ジェネラリストといっても、机上の知識を水平的に拡張するのではない。自らの経験を通じて思考・ビジョン・志・戦略・戦術・技術・人間力という、7段階の思考をバランスよく鍛え、上下段階の往復運動が生み出す「垂直統合によるシナジー」を通じて磨かれる知性こそが、「複雑系」の世界に価値をもたらす鍵になると主張する。

    著者のこれまでの多数の著作からの引用も多く、集大成的な側面がある一方、新味に欠ける印象もあるが、自分に足りないものは何か、今のキャリアを更に進めるにあたって何を考えるべきか、掘り下げる良いきっかけになる。新たな知識の導入というよりも、心構えを新たにするために読むべき一冊。

  • 納得できる部分もあるが
    自分に酔ってんじゃない?と思える文章と自身の著書をやたら勧めてくるところにさめた。
    最後の方とか…歳とるとそうなるのかしらん。

  • 知性とは答えのない問いを考え続けることのできる力。
    哲学というよりはビジネス文書の切り口でした。経験でなく体験。ビジョン、思想、志、戦略、戦術、技術、人間力。これらを明確に説明できたら本書が理解できたということでしょう。
    僕はこの7つのキーワードが正しいかも怪しいくらの斜め読みでした。

  • 東大出身のコンサルの方が書かれた21世紀に向けた考え方についての本。要は知性とは考えるだけではなく、現状を変えてなんぼ、ということについての本。
    いくつかキーワードを交えて、そのための知性とは・・・という内容で書かれている。読みやすい文体。
    以下抜粋
    -----------------------------------
    ・割り切りとは、楽になりたい、という魂の弱さである
    ・100の能力を持った人間が90の能力で仕事に取り組んでいるとたとえ1000時間行ったとしても確実に力は衰えていく。能力を高めたいと思うならば、110や120の能力が求められる仕事に集中し取り組む時間を例え週に数時間でもいいから持たなければならない。逆にその週数時間を持ち続けるならば、確実に能力は高まっていく。
    ・物事の変化・発展・進歩・進化はあたかも「螺旋階段」を昇るようにして起こる。古く懐かしいものが、新たな価値をもって復活してくる。(螺旋的発展の法則)
    ・『野心』とは己一代で何かを成し遂げようとする願望
    ・『志』己一代では成し遂げぬほどの素晴らしい何かを、次の世代に託す祈りのこと
    ・環境変化がゆるやかに起こる、という前提の「山登りの思考」ではなく、刻々変化する環境に瞬時に対応していく「波乗りの思考」が重要
    ・心の動きとは・・
    1.自分の心の動き
    2.相手の心の動き
    3.集団の心の動き
    ・会議の鉄則「はじめ民主主義、終わり独裁」
    ◎ガンジー:「あなたが見たいと願う変化に、貴方自身がなりなさい

  • 「知能」とは
     答えのある問いに早く正しい答えを見出す能力。
    「知性」とは
     答えの無い問いに問い続ける能力。
    「ビジョン」とは
     これから何が起こるかについての客観的思考と洞察。
    「戦略」とは
     戦いを略(はぶく)もの。

  • 年齢を重ねても、なかなか身につかない「知性」。
    そんな自分を少しでも帰られたらと思い、この題名に惹かれて読んでみることにしました。
    まず「知性とは何か」について定義しています。
    そして、これからの時代に求められる「スーパージェネラリスト」の人物像と、必要な7要素について、多くのページを割いて解説しています。
    読んでいてまず反省したのが、「割り切り」と「腹決め」の話。
    「これしか無いから・・」という理由で物事を判断していないか、改めて気を付けていかなければと感じました。
    スーパージェネラリストについては、特に思想、ビジョンといった要素が自分にはたらず、そして人間力を高めることを地道にやっていかないといけないなと、喝を入れてもらいました。
    改行が多いのと著者自身の他の著作の引用が多いのは気になりましたが、ハッと我が身を振り返る部分の多い、一冊でした。

  • 速読メモ。あとでちゃんと読む。

    「知能」とは、「答えの有る問い」に対して、早く正しい答えを見出す能力。
    「知性」とは、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力。

    「戦略」とは「戦い」を「略く」こと

    これからは「言葉で表せる知識」が価値を失っていく

    「垂直統合の思考」

    ビジョンとは「客観的思考」であり「個人的な願望」や「意思的目標」ではない

  • オビに「なぜ、高学歴の人物が深い知性を感じさせないのか?」とある。

    私はこういう類の本は、あまり読まない。
    ただ、かつてジェネラリストになって欲しいと言われたことがあり、ジェネラリストに必要な「資質」やものの見方とは、何かを知りたくて読むことにした。

    まずは、言葉に出来る知識と、言葉に出来ない知性とは違うと書かれている。

    知性とは経験知から成るもので、かつまた答えのない問いに対して、問い続ける能力であると筆者は定義する。

    更に、私がジェネラリストに抱いていた水平統合の知性よりも、筆者は垂直統合の知性を重要視している。

    そこに七つの思考がある。
    思想、ビジョン、志、戦略、戦術、技術、人間力。
    中身に関しては、本書を読んでいただければ良いと思う。

    今、求められている課題解決能力とは、田坂氏に言わせると上記七項目のレベルバランスが取れている人間である。

    ただ、その土台となるものは知識なのではないかと私は思う。
    筆者は知識を否定しているわけではない。
    リベラルアーツ的に縦断する知識を深めることで、解決に対する選択肢を増やせることに私が重きを置いているだけだ。

    つまり、持っている武器をどう使うか。

    自分が出来る経験とは時間に比する限定されたものである。しかも、今の日本の教育環境から言えば、22歳までは学生としての経験が最も重要視される。

    その中で、自らが持っている知識を、どのように知性に変換していくかという問いは必要であると思う。

    夏目漱石は「愚見数則」でこう語る。

    理想は見識より出づ、見識は学問より生ず。
    学問をして人間が上等にならぬ位なら、初から無学でゐる方がよし。

全124件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多摩大学大学院教授

「2018年 『深く考える力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)のその他の作品

田坂広志の作品

知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする