ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.04
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国とすれば、稼げればOK、国民なんて、どうでもいい

    ギャンブルをやるのは、人間の本能かもしれません。
    なぜ、ギャンブルを生み出したのか、
    それをやると楽しいからです。

    脳科学が発展して、
    ギャンブル依存症患者の脳の報酬系の仕組みが、
    はっきりしました。ギャンブルをすると快楽物質のドーパミンが出る。
    その快感こそが、依存症へと繋がる一つの大きな原因です。

    しかし、日本という国は、
    官民連携して、ギャンブルという打ち出の小槌を使って金もうけしています。
    既得権益を作って、天下りを生み、また産業界も、バックが国ですから、
    安心です。

    もちろん、ギャンブルに行くのは、無知でバカな国民です。
    「楽しい」という作り出された幻想です。
    ギャンブル場に行けば、楽しい。

    500万という依存症患者は、精神病の疾患です。
    それを、国が排出してるのは、さすがとしか言いようがありません。
    異常を異常と思わない「この空気」が異常なのでしょう。
    あらためて、国家というものは、国民のあるものではないんですね。
    今、日本は、あらゆる面で、衰退に向かっていますが、
    批判しても、怒っても、嘆いても、何も変わりません。
    気持ちは、わかりますが、無駄です。

    大阪で、カジノができますが、著者の指摘では、
    経済効果、雇用創出の他に、負の面があまりに多いとわかりました。
    周辺地域の犯罪率の増加、破産者の増加、産業も荒廃する。
    良いことなしですね。でも、関係ありません。
    稼げれば良いわけで、それで、既得権益が増えれば、OKです。

  • (米国版)一度ピクルスになった脳は、二度とキュウリには戻らない。=135ページ=
    (日本版)一度たくあんになった脳は、二度と大根には戻らない。=136ページ=

    第2章の利権構造を読んで各省庁が根元にあって、蜜を吸いあがている仕組みに驚いたのと同時に、この国の行く末が心配になってしまった。何かに依存しないで生きている人の方が珍しいと思うのだけど、薬物とアルコールとギャンブルは治療がもっとも難しい。だけど治療する医療機関もなく自助グループが最初で最後の砦というのが不安でならない。

    周囲にアルコールやギャンブルにハマって問題を起こしている人がいる。離婚されたり絶縁されたりで孤立している場合が多い。ベネッセの情報漏洩の原因がギャンブルによる借金によるものということも知らなかった。ギャンブル依存、借金から始める事件事故は報道されないけど多いということをこの本を読んで知ることが出来た。

    作家で精神科医の帚木先生だから書けた内容だと思う。わかりやすく読みやすかった。

  • 【簡易目次】
    はじめに――わが国最大の精神疾患 [003-013]
    目次 [014-017]

    第1章 精神科医から見たギャンブル汚染列島 019
    第2章 ギャンブル汚染の実態と利権構造 067
    第3章 日本はギャンブル汚染から脱却できるのか? 127

    おわりに――カジノとELSI [212-218]
    主要参考文献 [219-220]

  • カジノ法案が成立してしまった状況で、この本を読んだので、日本の未来が心配だ。それにしても役人の天下りと癒着には呆れてしまう。タイトルとおりの本でとても参考になった。

  • 本書にあるように事件の原因にパチンコにハマって…。という理由は多いような認識がある。
    依存症は数あれど当たった時の刺激が強いのだろう。

  • パチンコ・スロットはゲームであってギャンブルではないというのは無理があるだろう。宝くじがギャンブルと言われるとなんだかなぁ~と思わないこともない。

    ギャンブル中毒患者がこんなにいるとは驚き。

  • S493.74-コウ-728 300412673
    (光文社新書 728)

  • 精神科医だけど、文学賞を受賞した作家でもあるらしく、文章が上手い。

    日本全国どこにでもあり、お手軽に行けるパチンコ・スロットマシーンなどの娯楽がいかに危険か、具体的な統計データや、最近の刑事事件などを引用しながら、論理的に説明していて、非常に説得力がある。

    パチンコ業界の利権に群がる警察の実態と、その利権から得られる莫大な金についても冷静に明晰に説明されている。

    日本の新聞やテレビは、パチンコ業界と警察の癒着を追及できない。
    なぜなら、パチンコ業界から莫大な広告収入を得ているから。

    記者クラブでの馴れ合いといい、広告スポンサーへの弱腰といい・・・。
    日本のマスメディアの腰抜けぶりは、想像を絶するものがある。
    国際的に比較しても、記者クラブ制度のもとで、政権与党や警察に飼い慣らされた日本の飼い犬ジャーナリズムのダメさは、後進国以下のレベルであることが、世界的にも知られている。


    それにしても、オレがギャンブルに全くハマらなかったのは、なぜだろう?

    小学校3年生くらいの頃はゲームセンターに入り浸っていた時期もあったし、コインゲームでスロットマシーンとか、競馬みたいなゲームも熱中してやってた。
    でも、いつの間にか、全く行かなくなってた。

    学生時代は、みんなで馬券を買ったこともある。
    競馬好きの友達に誘われて、早朝、郊外の競馬場まで行くとコーヒーとサンドイッチをタダでもらえて、一緒に馬を眺めていた。
    麻雀好きの先輩に誘われて、徹マンに付き合ったこともある。
    でも、そういうのって、お付き合いでやってるだけで、楽しいとは思わなかった。

    1度だけ、パチンコ屋に行って、ビギナーズ・ラックで当たったことがある。
    でも、2度目に行ったときは全く出なかった。
    3度目はもう行かなかった。

    仕事で海外に行ったときは、カジノも行った。
    ラスベガスではスロットマシーンやったし。
    でも5$くらい使っただけで飽きた。
    あとは、ひたすらブロンドのお姉さんが運んできてくれるコロナ・ビールを飲んでた。
    外国へ行けば、カジノにも行くけど、オレにとっての楽しみは、タダでビールが飲めることだけ。
    はっきり言って、ギャンブルやるよりビール飲んでたほうが楽しいんだよね。

    ようするに、オレはドケチだし小心者だから、脳が、ギャンブルに熱中できないような構造になっているのかもしれない。

    パチンコ業界が1年間で20兆円も儲かってるという事実を知っていれば、パチンコ屋にせっせと通って金を貢ぎ続けるなんて、あまりにもバカらしくない?
    あらゆるギャンブルで、勝者になれるのは、胴元だけだ。

    ギャンブルって、どの角度から考えても、金と時間のムダとしか思えない。
    ハマらなくて本当に良かった。

    ギャンブル障害ってのはヤバすぎる病気だ。
    麻薬中毒やアル中と同じくらいヤバい。

  • これまでの著者の書籍は病気についての説明が多かったが、今回は具体例をたくさん述べるにとどめている。本の大半を占めるのが、いかに我が国がギャンブル依存症対策に無策であるか、歴史的そして国際的な比較から述べられている。カジノ法が喫緊の情勢だからだろうか。この法案に対して、今、何が必要かを説得力を持って訴える著書であった。

  • パーキンソン病 薬物治療 ギャンブル嗜癖がでる

    ギャンブル依存でできたドパミン優位の脳は簡単に変化しない

    一度ピクルスになった脳は、二度ときゅうりにもどらない

    once your brain becomes a pickle, it can never become a cucmber again.

    一度たくあんになった脳は、二度と大根にもどらない

全13件中 1 - 10件を表示

ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)のその他の作品

帚木蓬生の作品

ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)に関連する談話室の質問

ギャンブル依存国家・日本 パチンコからはじまる精神疾患 (光文社新書)はこんな本です

ツイートする