元国税調査官が明かす金を取る技術 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
2.85
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 50
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038397

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レビュー省略

  • 国税調査官や検事さん、警察など、権力を持って突然やってくる人たちに、ごく普通の一般人が対峙するのはあまりにも不利なので、いいように扱われないようにイメージトレーニングするのにもよいでしょう。

  • タイトルをみて即座に買ったのですが、内容的にはあまり深さはなく、自分にとっては残念な1冊でした。。しかし、取る側がどのように考えているか、行動しているかを理解するためには、税務対策に興味がある方は、良い1冊になると思います。

  • 1/31

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

国税局で10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、経営コンサルタント、ライターとなり、活躍中。『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中興新書クラレ)等著書多数。

「2018年 『税金を払わずに生きてゆく「逃税術」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

元国税調査官が明かす金を取る技術 (光文社新書)のその他の作品

大村大次郎の作品

ツイートする