東大名物教授の熱血セミナー 日本経済を「見通す」力 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.76
  • (5)
  • (10)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 講義形式で全5回に分割されている。アベノミクスについてから始まり、財政再建問題、産業構造問題、TPP等について最新の話題・学説等を盛り込みながら続いていく。

    自分が受講者になったつもりで読み進めることができる。ビジネスマンにおすすめ。

  •  アベノミクスの応援本、今の日本経済の問題点、解決策をコンパクトに記述。
     わかりやすい。

  • 著者は政府の経済政策でのブレーンであることから「御用学者」と揶揄されることが多いが、「御用学者」ということの凄さを知らしめるのが本書である。

    現在の世界経済・日本経済を最先端の知識で、かつ分かりやすい言葉で、バランス感のある説得性を持って読ませてくれる。

    世の中には、難しいことをより難しく、時には易しいことも難しく言う人が大手を振って歩いているが、本当に頭の良い人は、難しいことを、いとも簡単に易しく説明できる人だと思う。

    本書でそれを実践しており、かつ現在の我々に繋がる事柄を興味深く説明してくれる。

    興味が湧いたアイテムは、
    「アベノミクスの衝撃」
    「ピケティをどう読むか」
    「実質実効為替レート」
    「グラビティモデル」
    「日本、アメリカのバブル崩壊と中国との比較」
    「ミドルインカムトラップ(中所得国の罠)」
    「アメリカ経済の特徴」
    等々で、最後に今後の日本経済の課題と処方箋を著している。

    中でも、「実質実効為替レート」では、現在の円の実質実効為替レートはプラザ合意以前の為替レート(240円/ドル)と同じで、実質的には相当な円安である。
    (最近外国人観光客がやたら多いのはその為であろうか?)
    理由は過去日本では長期のデフレで物価が下がり続けたが、アメリカは緩やかなインフレであり、そういう実質的な内容を調整して出来上がったのが、実質実効為替レートである。

    為替のマーケットは「名目」で動く、あるいは場合によっては議論の正しさなど問題ではなく、みんながそう思えばそっちに動くというのが、為替のファッションである。しかしマーケットがいくら名目錯覚に陥ったとしても、いずれは必ず実質実効為替レートに近づく(つまり円高へ)と、経済学者としての信念を見せる。

    また物理学の「グラビティモデル(=万有引力の法則)」を経済に応用した人がいたのには驚いた。(この理論を発表したオランダの経済学者は第1回のノーベル経済学賞を受賞)
    これモデルから日中の今後の貿易高は益々増えると予測する。

    「アメリカ経済の特徴」では、アメリカが他の先進国と比べて大きく異なるのは人口構造だという。アメリカは今も毎年300万人のペースで人が増えている。そこには他の先進国と同じ少子高齢化の「白いアメリカ」と、人口増を含めダイナミックな成長をしている「白くないアメリカ」があるという。

    このような知的好奇心を刺激してくれる箇所が随所に見られる。
    是非お勧めしたい1冊である。

  • アベノミクスとは何なのかということを知りたくて読んでみる。現実に起きていることを経済的に語れるってすごいことだな

  • 2015.08.14
    日経新聞夕刊の書評で中沢孝夫氏に紹介されていた。
    「日本経済の現状を過不足なく理解できるゼミナール。日本のものつ可能性、問題の所在・・・。分かりやすい本」
    2015.08.

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

伊藤 元重(イトウ モトシゲ)
学習院大学教授
東京大学名誉教授。学習院大学国際社会科学部教授。
1951年静岡県生まれ。東京大学経済学部卒。1979年米国ロチェスター大学大学院経済学博士号(Ph.D.)取得。東京大学大学院経済学研究科教授を経て、2016年より現職。専門は国際経済学、ミクロ経済学。復興推進委員会委員長、安倍政権の経済財政諮問会議議員、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)社外取締役も務める。『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』(東洋経済新報社)、『経済大変動--「日本と世界の新潮流」を読み解く60の視点』(PHPビジネス新書)、『きもの文化と日本』(共著、日経プレミアシリーズ)、『どうなる世界経済--入門 国際経済学』(光文社新書)など著書多数。


「2017年 『伊藤元重が警告する日本の未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東大名物教授の熱血セミナー 日本経済を「見通す」力 (光文社新書)のその他の作品

伊藤元重の作品

東大名物教授の熱血セミナー 日本経済を「見通す」力 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする